動機づけし、指示し、激賞する(経営の教科書2)529 


1、改善のマネジメント

「変化のマネジメント、改善の目的は、2,3三年後にはまったく新しい製品やサービスにしてしまうことである。

経営管理の仕事は、全員をボスにすることではない。全員を貢献者にすることである。

経済の生産性が高ければ、所得の平等性は高まり、生産性が低ければ、不平等性が高まる。税制が、これを変えることはない。租税国家は、その結果、無能力者となってしまった。政府自らが実行者となった社会政策は、わずかな例外を除いて、みな成功しなかった。

 今日では、あらゆる先進国において、知識の形成が最大の投資先である。

知識から得られる収益こそが、競争力の決定的な要因である。知識に関する限り、いかなる国、いかなる産業、いかなる企業にも、特定の優位性も劣位性はない。」

もう一人の私の仕事や生き方に大きく影響を与えた人は、ゲーテ共にドラッカーであって、彼の本を読んだから、私がコンサルタントになった、とも言える。

   改善のマネジメントは、数年先には新しい商品とサービスをもたらす。それは地球規模での数年ごとに変化を、現代の社会に与えている。

その結果知識の形成は、数年後には新しい商品とサービスをもたらし、結果として新しい社会をもたらすようになった。そしてどの国にも、どの産業にも優位性も劣位性もない時代が、現代の社会となった。

 経済の生産性の向上を優先しない国家がある場合、経営者や投資家は、国を超えて情報を集めて、判断し行動するのが当然になっている。

知識への投資;

知識の形成こそが最大の投資先になっている事実を、平均を上回る成果を上げている経営者や投資家も、そして専門知識によって生活をしている人も、理解している。一方この数年後には社会が一変する変化に、国内には気がつかない人もいる。

従って知識の投資が最大の投資となっている人と、そのような投資をしていない人と比較すれば、この平均を上回る成果を上げている経営者と一般的なサラリーマンや肉体労働者の違いと同じ程度に、情報力の格差はより一層広がっている。

2、動機づけし、指示し、激賞する

?

?

「教師の果たすべき役割は、動機づけし、指示し、激賞することである。教師はリーダーとなり相談相手となる。知識社会においては教科内容そのものよりも、学習継続の能力や意欲のほうが、重要でさえあるのかもしれない。

強みに焦点;

達成とは積み重ねである。達成とは上手に行えることを遥かに上手におこなえるようになることである。したがって達成とは生徒の強みに基づかねばならない。

しかし今日の学校も教師も、生徒の強みに焦点を合わせて、これに挑戦させることができないのである。」

 教師やコンサルタントが果たす役割は、昨年私が出版した日めくり「楽しみながら」においても、このドラッカーの言葉のように、動機づけ、指示し、激賞のマネジメントための言葉を出版した。加えて、意欲を高める環境やそのための人間関係を作りあげることも大切である。

 なぜならば人は、ほかの人に会ってきた時間よりも、たとえ会う時間はわずかでも、動機づけし、指示し、励ましを与えてくれた人やその人の言葉を、一生忘れないし、それらに人は感動するからである。

 私がこのサイトを文化と達成とした理由も、それは、この文章のように、上手に行えることを遥かに上手に行えるようになって、それぞれの人が専門家になることの勧めである。そのためには、自分の分野得意を中心に生きるようにすることである。

 達成は、自分の強みに早く気がついて、それにいつまでも挑戦する意図から、文化と達成というタイトルを使った。

 このように、動機づけて、指示して励まして継続学習をして、自分の強みに早く気がついて、それに中心として生活を作り上げていく。

 このような環境を作り上げていかないで、社会には生産的に生きないで人生を否定的にみる人がどの分野にもいる。彼らは、批判ばかりに生きてエネルギーを生産的に使わない。

3、多様な専門知識を理解する能力

「専門知識を一般知識とする

今日、重要な新しい洞察は、全くの別の専門知識から生まれるようになった。

しかし専門知識を一般知識とするには、専門知識の所有者である専門家自らが、その知識領域を理解しやすくする責任を果たさねばならない。

専門知識それぞれについて指導的な地位にある者は、自らの知識を理解させる責任を負うと共に、そのための大変な作業を進んで引き受けなければならない。

専門知識を真理すなわち一般的知識への行路とすることは、

我々は、多様な知識に精通する博学を必要としていない。また事実そのような人間は存在していない。逆に我々は、ますます専門化していく。我々が真に必要としているのは、多様な専門知識を理解する能力である。そのような専門知識を持つ者が、知識社会における教育ある人間である。

      *「 」は、ポスト資本主義社会 ドラッカー著

専門知識を持つ者が求められているのは、博学を求めるのでなく、それぞれが専門知識で持って生活して、加えて多様な専門知識を理解する能力である。そして新しい洞察は、全くの別の専門知識から生まれるようになったからである。

  ドラッカーは、この経営において、動機づけ、指示し、激賞して継続学習をする大切さを説く。専門知識を持つ者に、多様な専門知識を理解することを進める。

 なザならば、新しい洞察は、全くの別の専門知識から生まれることを、ドラッカーは指摘する。従って、人は二つの専門的知識を持つことが生産的であることを勧める。

    

Leave a Reply