Archive for 4月, 2010

自分と友人の価値を最大限に活用する534


一緒によく比良山他の山に登った同年齢の友人Nさんの葬儀があった。同じ年齢でよく一緒に山に登った彼は、虫の知らせかもしれないが、私の文章を読んで電話をしてきてくれたのが、最後の彼の言葉であった。多分彼は最後のあいさつを、電話で私にしてくれたのだろう。

彼は、仲間と一緒に山に登ることが、退職後に一番したかったことだろう。彼と一緒に山に登った楽しかった思い出は、自分にとって最も大切なことは何か、という問いかけとして、いつまでも私の中に生き続けていくだろう。

1、リーダーの能力

?

?

リーダーの能力は、現在を管理すると共に未来を計画して、困難な時期に人を奮い立たせることにある。人とコミュニケーションをして、他人をとうしてアイデアを得て、勝利のチームを作り上げることにある。

それははっきりとしたゴールや目標を設定して、楽しい未来を作り上げることである。

優先順位をつけて、重要な仕事やプロジェクトにエネルギーを集中することである。問題解決をして、よき意思決定をすることである。

ビジネスの目的は、継続的なイノーションによって仕事を創造して顧客を作り上げることにある、とドラッカーは言った。問題を解決して、素早く決定する。われわれとわれわれの望む仕事や人生の成功は、困難、障害にたいして、それらを乗り越えることから生まれてくるのは間違いない。

一方人を奮い立たせることもなく、目標を設定することもなく、優先順位もないもない、したがってよき意思決定も行われていないし、困難も乗り越えようとしない、ある職場もある。それを反面教師として目撃した。このよき経営者もいないし、これらの経験を得ることない若者がいるある職場を目撃して、経営におけるリーダーの重要さを改めて思い出す。そこには継続的なイノベーションも、目標の設定もない。

2、ビジョン、アイデア、一つの目的への集中、自尊心

?

?

リーダーはいつも未来へのビジョンを持っている。なぜなら、彼らは、自分で決断して行動するという一筋の道を歩むゆえに、未来を見ることができるからだ。

彼らは、行こうとする場所について山に登るようにわくわくして、明らかにその場所に到達や達成しようとする、アイデアを持っている。

天才の第一の品質は、飽きてしまうことなくひとつの目的に集中する能力にある。

そのためには、我々は自分自身を誇りに思い、自尊心を大切にしなければならない。

そのために決めるのは、あなたの人生でとって最も大切なことは何かを、決めなければならない。

多分Nさんは退職後山に登ることが、彼にとっては最も大切なことであったのだろう。彼にとって仲間と一緒に山に登ることが、人生でもっとも大切だったことを教えてくれる。私にとっても最も大切なことは何かと仲間の大切さを、Nさんは教えてくれる。

そのようなことに集中することなくても人は簡単に死ぬし、すでに何が大切なのかなどについて、ボケてしまって忘れた人など無数に目撃してきた。

3、効果的なコミュニケーション、人生の品質、達成すべきゴール

?

?

85%の我々のリーダーとしての成功は、効果的に他の人たちとのコミュニケーションする能力によってきまってくる。これがこの文章で最も伝えたいことである。我々が達成するあらゆることは、だからほかの人と関係している。われわれの成功やわれわれの人生も、ほかの人に影響を与えていく。

それゆえにわれわれが行うコミュニケーションの品質が、われわれの人生の品質を決める,とも言える。

他人との交流があるからこそ、我々の達成するべきゴールが生まれてくる。

 この効果的なコミュニケーションがあるからこそ、それぞれの人の掛買のないゴールが生まれてくる。

 だから人は、深く影響を与える人はたとえ死んでも、たとえ地球の裏側にすんでいる友人であろうともが、いつまでも山のリーダーのように、又は経営や人生のリーダーのように、我々が最も重要なことを達成するようにと励ましを、いつでも与えてくれる。

4、あなたの言葉を他人が聞くように働きかける

?

?

もしわれわれがほかの人にかけがえのない価値があると思っているなら、自分を大切にして、かけがいのないあなたの言葉を他人が聞くように働きかけることにある。そのために、私はこのような文章を書いている。

それは、われわれが望むことを正確に決めることから始まる。

少なくともいくつかのゴールを来年までに達成しようとするゴールを書きだして、またはそれを24時間以内に達成することが、自分の人生に肯定的なインパクトを与えていくのだろうか?と自分に問いかければよい。

それぞれの人がもっとも主要で明確な目的を選ぶようにする。その時に、われわれのもっとも重要なゴールが、生きる明確な目的になっていく。

あらゆることを考えて、リストアップして、そしてそれらの優先順位をつけよ。

 多くの政治家はあらゆることをアジェンダとして描くが、彼らはサーカスを見る大衆に何もかも与えようとするようだ。彼らはこのビジネスで大切な優先順位が分からない人々の代表のようだ。

何がより重要で、何がより重要でない優先順位を決めて。最も重要なゴールを達成するために最も重要なことから始めることから、ビジネスも人生も新たに始まる。

このような一筋の道を歩くことは、職人のようにとして生きることである、と言われればそれで大いに結構。それは、不断の努力と改善の結果、到達する無心の境地とも言える。

 いつでも死はだれにも訪れる。Nさんは、山に登ることが一番したかったのだろう。

私も死にかけた体験をした。我々が望むことを正確に決めて、それを他人が聞くようにと働きかけることから、人生と仕事は始まる。

10年後のイメージを描ける仕事をしましょう。


いつ行動すべきかを読んで

■経営には、直感とビジョンが要求される

■争わない戦略をする

■情報力でもって先読みできて、そして未来への洞察力を持つ者が、
経営資源と精神力と情報力でもって、優位に立つようになる。
これらが、ビジネスでの成功の要諦である。

———————————————–

この藤田さんの「いつ行動すべきか」を読み

私の尊敬するコンサルタントで友人K先生の下記の言葉を思い出しました。

「今している仕事の10年後の業界と自分の仕事のイメージが描けない人は
すぐに仕事をやめたほうが良い」という言葉です。

その言葉の中には業界の動向と業態の盛衰などを学び自分の業界に照らして将来の仕事のイメージを描きその目標に向かい今の仕事に取り組むべきだと考えました。

現在の流通業に限らず、大きく従来の常識と代わりつつある時代にはその時代を感じて対応できる事が大事ですね。
その潮の動きが変わる時が動く時ですね。

(藤田)

経営者の直感とビジョン;

K先生から直接教えていただいた経験を、私も今も深く感謝しています。

しかもその当時K先生の同期の人たちは、誰もその考えを理解していませんでした。加えて私より後に入社した人たちは、誰もその人から直接教えてもら機会がなかったのです!

経営の優れた本や優れた経営者は、学者の著作でなくて、芸術のように経営者の直感とビジョンに語りかけるのです。

年齢に関係なく、この経営者の直感とビジョンがない人には、伝えることができません。

争わない戦略を、、多くの特に二世経営者や多くの人は、これを採用できないのです。疑わしい成功体験は、、ウエブにあふれていますがあふれていますが、本当の経営者の成功体験を伝えたいものです。

自分の経営資源を冷静に評価しているならば、原則的に新しい行動に打って出ることができるのは、ごく短期間です。これが見えるビジョンを、経営者がまた未来の経営者が持っている

か、どうかです。

動きが変わるときにはが、動く時です。

時代を感じて対応できることそして経営者の直感とビジョンは、サラりーマンやビジネスに失敗した人には、これらが決定的に欠けています。

だから、この3つの要諦を、、ビタミンが人に元気を与えるように、一緒にさまざまなバリエーションで伝えていきましょう。

いつ行動すべきか(ランチェスターの法則と孫子の戦略)


?

1、経営には、直感とビジョンが要求される

?

英文ビジネス雑誌HBRの面白い特集記事を読んだ。その記事のタイトルは、「国境なき会社を作る」である。もはやトップマネージャーは、自分の国に中心においての仕事をこの数年間はしていない。そして自分自身を、特定の国の市民でなく、グローバルな市民とみなしている。もはや、ビジネスや通貨における為替では、国境はない時代となっている,と述べている。

それと関係するのが、ランチェスターの法則と孫子の戦略である。経営の名著と呼ばれている本は、たいてい学者が書きあげている本でないことが多い。それらは,科学についての説明でもなく、学者の著作でもない場合がある。

それでは経営に関する名著とは、何に関する本であろうか?

それらは、むしろ芸術の世界に近いのかもしれない。なぜなら、共に優れた経営に関する本も芸術も、それらは洞察力と直感に基づいたビジョンに関係する著作でありであり、それがほかの学問などとは異なるからである。

2、争わない戦略をする(ランチェスターの法則や孫子の戦略

経営においてどこの国やどこの企業が今は覇者となっているかを、まず認識することから始まる。そして一旦は、無駄な競争をすることなく、ある覇者の傘下に入ってしまうことである。または成長企業に就職して企業の成長プロセスを自ら体験することである。

そしてその覇者が急速に衰退に向かう時や変化が起きるときにのみ、それにとって代わる動きが自分でできるかどうか、または自分で独立するかについての選択が、決定的な影響を与える。

だからまず一番現在発展している国や企業を知ることから、始まる。

このように、ランチェスターの法則や孫子の戦略は、自分が一番になっていなければ、むしろその一番の企業の傘下に入って、決して争わない戦略を選択することが、次に主導権を手に入れる戦略であることを教えている。

例えばリーマンショック後の急激な9か月以内の変化をビジネスに利用できるかどうかの判断が、最大のチャンスの時期であった。その時は、マスコミはすべてが不況の情報ばかりを流していた時期であった。この時こそが、ビジネスチャンスが見える人には、行動すべき時期であった。

3、動いてはいけない時期もある

?

しかし、このような急激な企業や社会の変化を利用するとき以外は、人も企業も動いてはいけない時期がある。過去からの事例としては、豊臣秀吉の傘下に入って、徳川家康は動くことなくチャンスを待っていた。現在は、中国やアジアやブラジルの経済発展を、自社や自分自身の生き方の発展の契機ととらえて行動できるどうかかが、今は大切な時期である。

覇権の協力者として自分自身が行動する期間であることを知ることも、重要な意味がある。しかも本当の競争相手は見えていない場合もある。ローソンの経営者が商社の出身であるように、同業者の小売業が本当の競争相手でなくて、商社が本当の競争相手であることが見えないように。だから、自分が成長するためには、できるだけ無駄な事にエネルギーを使ってはいけない。

そして企業競争においても、動くときは短期間でのみ行動することも肝要だ。そして、長期間において無駄なエネルギーを消耗する競争相手との競合関係に入らないようにする。すなわち長期にわたる競争状態に自分自身をおかないことである。

4、負けない経営体制を整えることを自分で作る

?

?

リーマンショックは、誰にも影響を与えたが、まさにこのような不況の時にこそ、要はチャンスであることが見えてくる、洞察力を持っているかどうかである。

しかもそれは相手次第であって、これをチャンスとできるか、どうかである。この意味において、勝利は、自分が作るのでなく、社会環境や競争相手が作ってくれるのである。

まさしく経営者的なリーダーシップが自分自身にあるか、どうかがその時に問われる。

勿論自分自身や企業をつぶさないために、常日頃から二重、三重にリスクマネジメントをしておくことが必要である。これが、つぶされないための経営の毎日の努力である。

それは、経営者としての自助努力で可能なことである。自分の努力次第で実現できることである。

私が経営コンサルタントの途中からは、このつぶれない経営を最優先した。が、この方針が理解できない二世経営者が多かった。彼らの多くは無駄な競争をして、自ら滅びて行った。

5、ビジネスで勝利を得るには、実は相手次第なのである。

だからビジネスで勝利を得るには、実は相手次第なのである。外部環境次第なのである。相手次第とは、急激な世界中での社会経済変化を、自社のチャンスにできる経営者には、洞察力とビジョンが見えるかどうかにかかっている。

チャンスとはどのような状況であるか、そしてチャンスは与えられるものである。これが見えていなければならない。

勿論勝利の道筋が見えている場合は、行動すべきである。しかしそれが見えていない場合は、ひたすら負けないための準備と努力をすべきである。そしてチャンスが来た時、短期間にのみ攻撃に転じる。それにはチャンスの状況とは何かを見る、経営者としての洞察力が要求される。

6、経営資源、励まし激賞する、そして情報力で、相手を上回る

?

自分の経営資源を正確に把握していることが、行動への第一歩である。

第2には、常に、励まし動機づける、というような精神力をほかに比べて高めることを、経営者として実行いく。次にこの精神力で自分自身や自社が競争相手よりもが上回る状況を作り上げる。ことが第2段階である。

そして最後第3としては、情報力において卓越している状態を作り上げることでる。

すなわち世界中や日本中の情報に上回るようにする。そして併せて特許などの知的財産を経営ノウハウとすることである。このような情報力と経営者としての洞察力やビジョンを持っているか、どうかである。

情報力でもって先読みできて、そして未来への洞察力を持つ者が、経営資源と精神力と情報力でもって、優位に立つようになる。これらが、ビジネスでの成功の要諦である。

散りゆく桜と西行そして聖人(intermission )532


1、桜に思う日本人の美

“願はくは花の下にて春死なん そのきさらぎの望月のころ”
                          (西行法師)

The cherry trees all over Japan are burst into full bloom now.? Not only Japanese find beauty of cherry trees in full bloom but also in the way they flutter pedal scattering.?

西行のこの歌は昔から好きな歌で、この西行の歌は、野宗さんの桜についてのブログを読んでいて、この歌を思い出した。

こもう一つの英文は友人に送った日本人の美についての説明である。どちらの日本人がこの桜の咲くころ、何に美を感じるかを、表現している。

2、聖人は道、賢者は知,凡夫は仕事、愚者は快楽

聖人は道、賢者は知,凡夫は仕事、愚者は快楽』を、それぞれの人が追い求め、できるだけその原理にのっとって生きようとするのであるだろう。現代の言葉で表現すれば、聖人とはこの宇宙、世界、人間、を動かす原理を見極めようとして生きる人である。道は、自然、芸術、宗教の道と交差しているだろう。

賢者とは知的な職業や知的な世界に生きようとする人間であるだろう。知は、教育に関係している。

凡夫とは一般的な仕事、すなわちお金儲けの世界で頭がいっぱいで、経済の世界から一生ほかの世界に出て行けないで人生を終わる人間のことだろう。愚者とは目先の快楽や短期的な利益に夢中になっている人間のことだろうか。生命としての今存在していることなどには思いが至らない人間である、とでも表現できるだろう。

だれの頭脳の中にも、このような聖人、賢者,凡夫や愚者が住みついている。

そして、凡夫と愚者がほとんどの社会を動かしているのかもしれない。凡夫と愚者が中心の社会状態では、仕事と快楽が中心で、それが現在の社会である。

しかしその段階をすでに経験してきた人間は聖人の世界を垣間見て、社会では、自然、教育、芸術、宗教、これらを共通するものとしての生命としての成長、感動や発見のある生活を中心に生きていくだろう。

「良き教師は生徒に対して1ランク上のレベルと稽古(練習)をさせる」


リーダーシップ論は専門分野である531を読み
藤田さんの文章の下記の点が特に私の経験から印象に残りました。

■「教師の果たすべき役割は、動機づけし、指示し、激賞することである。
教師はリーダーとなり相談相手となる。知識社会においては教科内容そのものよりも
、学習継続の能力や意欲のほうが、重要でさえあるのかもしれない。

☆仕事が苦痛でストレスがあるという人は仕事の楽しさを見てこなかったのではないかとさえ思う。いや、良き仕事の教師と出会えなかったのでしょう。
良き教師に出会えると学ぶ視点とその方法が身に付き自分から求めていきます。
他人には苦痛に思えることもその本人には楽しみでしかないのです。
スポーツでも仕事でもその面白さを教えてくれる教師のいる環境の中にいるだけで
勝手に身についていくみたいです。
私の仲間で好きな剣道をずっと今も続けている友人がいます。
自分の指導した子供達が県の大会で優勝した、今度は全国大会で優勝した。と自分の息子、娘の優勝した時と同じように喜んでいます。彼にとってはその事が生きがいなのだと思います。友人も小学生の時に良き指導者と出会い教わりました。そして、現在、自分が教わった先生と同じように自分の時間とお金を使い情熱を生徒達に注いでいる姿を見てほほえましく思います。8段を取りながら今も稽古を続けています。育っていく生徒の成長を楽しみに。
同じ仲間として稽古をしたのですが、仲間というより具体的な目標であり、剣道の指導者でもありました。友人は藤田さんが述べられているような良き教師の姿だったようです。
顧問の先生以上に理にかなった稽古と指導力でした。

運動でも仕事でも良き教師には共通点があるように思います。
それは「良き教師は生徒に対して1ランク上のレベルと稽古(練習)をさせる」という点です。

生徒が高校生なら大学生と練習させる事をしていました。
仕事でも自分の会社、業界だけではなく、それ以外の外の世界を見せる事、外の世界の人と接する事が大事だと感じました。
私が若い頃、アメリカ流通業の視察に某GMSメンバーと行き、日本以外の流通業を見た時の感動と仕事の面白さを感じた事は外の世界を見せていただいたからだと思います。

私の経験から若い世代に伝えたいことは「自分の所属する業界以外の輝いている会社の人と交流を持つ事をお勧めします。」

すばらしい点も自分が見る目が無いとその良さを見抜けない事が多いです。
常に学び続けることが良き教師とのご縁があるのではないでしょうか?
(藤田)3つのポイント

3つのポイント;
1、 スポーツでも仕事でもその面白さを教えてくれる教師のいる環境の中にいるだけで勝手に身についていく、その通りです。
2、 ワンランク上のことにチャレンジすることや、それを教えてくれる師の存在です。
3、 違う業界で働いている人との交流、であり、私の文章531では自分の専門分野を持つからこそ、ほかの分野への理解を深めることです。この能力を深めていくことは、専門分野を持っていることと同時に、ほかの分野への理解を深めることです。

リーダーシップ論は専門分野である531


?

??

1、生き生きと生きよ(ゲーテ)

?

「心が開いている時だけ、

この世は美しい。

一歩一歩がゴールであり、

一歩一歩としての価値をもたなくけてはならない。

何事も延期するな、

汝の一生は不断の実行であれ。

困難な勤めを日々に果たすこと

ほかには何の啓示もいらぬ。

停滞は死にほかならない、遅い歩みでも,己が軌道を守って進行することをやめない。

人間一匹を貫くのは、戦い抜いたということに他ならない。

我々人間にできる最善のことは、瞬間を永遠なるものに転嫁することである。

活動だけが恐怖と不安を追い払う。」

*講談社新書、「生き生きと生きよ」手塚富雄著

「経営の教科書」新 将命 著ダイヤモンド社は、ゲーテの人は生産的に生きよ、生産力をもつものだけが真実である、そして自分を充実して常に生産的であれ、というゲーテの言葉を思いださせてくれる。

ゲーテの言葉は、いつも生きている間は。生き生きと生きるようにと、誰にも励ましを与えてくれる。私が20歳の位から何度もゲーテの本を読んでいて、その言葉は、人間に無限の可能性と希望を与えてくれる。

その言葉は、どんなに気分を沈んでいる時でも、誰にも忠言と励ましを与えてくれる。自分を能動的にさせ、どのような状況になろうとも可能な限り何歳になっても、どのようになっても成長するようにと働きかける。彼が教えるのは、君たちの時代において生産的に生きよ、ということである。

 

2、ドラッカーの遺産

?

?

(1)改善のマネジメント

「変化のマネジメント、改善の目的は、2,3年後にはまったく新しい製品やサービスにしてしまうことである。

経営管理の仕事は、全員をボスにすることではない。全員を貢献者にすることである。

経済の生産性が高ければ、所得の平等性は高まり、生産性が低ければ、不平等性が高まる。税制が、これを変えることはない。租税国家は、その結果、無能力者となってしまった。政府自らが実行者となった社会政策は、わずかな例外を除いて、みな成功しなかった。

 今日では、あらゆる先進国において、知識の形成が最大の投資先である。?

知識から得られる収益こそが、競争力の決定的な要因である。知識に関する限り、いかなる国、いかなる産業、いかなる企業にも、特定の優位性も劣位性はない。」

もう一人の私の仕事や生き方に大きく影響を与えた人は、ゲーテ共にドラッカーであって、彼の本を読んだから、私がコンサルタントになった、とも言える。

   改善のマネジメントは、数年先には新しい商品とサービスをもたらす。それは地球規模での数年ごとに変化を、現代の社会に与えている。

その結果知識の形成は、数年後には新しい商品とサービスをもたらし、結果として新しい社会をもたらす。そして今やどの国にも、どの産業にも優位性も劣位性もない時代が、現代の社会となった。

 経済の生産性の向上を優先しない国家がある場合、経営者や投資家は、国を超えて情報を集めて、判断し行動するのが当然になっている。

知識への投資;

この知識の形成こそが最大の投資先になっている事実を、平均を上回る成果を上げている経営者や投資家も、そして専門知識によって生活をしている人も、十分に理解している。一方この数年後には社会が一変する変化に、国内には気がつかない人もいる。

従って知識の投資が最大の投資となっている人と、そのような投資をしていない人と比較すれば、この平均を上回る成果を上げている経営者と一般的なサラリーマンや肉体労働者の違いと同じ程度に、情報力の格差はより一層広がっている。

(2)動機づけし、指示し、激賞する

?

?

「教師の果たすべき役割は、動機づけし、指示し、激賞することである。教師はリーダーとなり相談相手となる。知識社会においては教科内容そのものよりも、学習継続の能力や意欲のほうが、重要でさえあるのかもしれない。

強みに焦点;

達成とは積み重ねである。達成とは上手に行えることを遥かに上手におこなえるようになることである。したがって達成とは生徒の強みに基づかねばならない。

しかし今日の学校も教師も、生徒の強みに焦点を合わせて、これに挑戦させることができないのである。」

 教師やコンサルタントの役割は、昨年私が出版した日めくり「楽しみながら」においても、ドラッカーの言葉のように、動機づけ、指示し、激賞のマネジメントを行うことになる。加えて、その役割は、意欲を高める環境やそのための人間関係を作りあげることである。

 なぜならば人は、ほかの人に会ってきた時間よりも、たとえ会う時間はわずかでも、動機づけし、指示し、励ましを与えてくれた人やその人の言葉を、一生忘れないし、それらの言葉に人は感動するからである。

 上手に行えることを遥かに上手に行えるようになって、それぞれの人が専門家になることの勧めである。そのためには、自分の分野得意を中心に生きるようにすることでもある。

  動機づけて、指示して励まして継続学習をして、自分の強みに早く気がついて、それに中心として生活を作り上げていく。

 このような環境を作り上げていかないで、社会には生産的に生きないで人生を否定的にみる人がどの分野にもいる。彼らは、批判ばかりに生きてエネルギーを生産的に使わない。

(3)、多様な専門知識を理解する能力

「専門知識を一般知識とする

今日、重要な新しい洞察は、全くの別の専門知識から生まれるようになった。

しかし専門知識を一般知識とするには、専門知識の所有者である専門家自らが、その知識領域を理解しやすくする責任を果たさねばならない。

専門知識それぞれについて指導的な地位にある者は、自らの知識を理解させる責任を負うと共に、そのための大変な作業を進んで引き受けなければならない。

専門知識を真理すなわち一般的知識への行路とすることは、

我々は、多様な知識に精通する博学を必要としていない。また事実そのような人間は存在していない。逆に我々は、ますます専門化していく。我々が真に必要としているのは、多様な専門知識を理解する能力である。そのような専門知識を持つ者が、知識社会における教育ある人間である。

      *「 」は、ポスト資本主義社会 ドラッカー著

専門知識を持つ者が求められているのは、博学を求めるのでなく、それぞれが専門知識によって生活をおくり、多様な専門知識を理解する能力である。そして新しい洞察は、全くの別の専門知識から生まれるようになったからである。

  ドラッカーは、経営において、動機づけ、指示し、激賞して継続学習をする大切さを説く。専門知識を持つ者に、多様な専門知識を理解することを進める。

 なザならば、新しい洞察は、全くの別の専門知識から生まれることを、ドラッカーは指摘する。従って、人は二つの専門的知識を持つことが生産的であることを勧める。

    

???????????????????????????? ?

3、新 将命 著「経営の教科書」

?

?

(1)人は大きな事を信じた時に、大きな仕事をする、

「勝ち残る会社になるために、それはせいぜい3~5パーセントくらいだろう。だから、目指す意味があるし、勝ち残る会社にしたいはずだ。

 ビジョンを信ずる人は、同時に儲ける人でもある。経営理念づくりとその浸透は、結果としてもうけにつながるのである。なぜか。人は大きな事を信じた時に、大きな仕事をする、という生き物である。夢や理想やビジョンという使命感、価値観、があると、人は4倍大きな仕事をする。」

  *「」で特別に表示がないのは「経営の教科書」より

「経営の教科書」の言葉も、生産的に生きよ、と励ましを与えてくれる。

ランチェスターの法則のように、5%から7%の企業が勝ち残る。1000万円以上の所得を得る人も、社会の5%程度の人である。相当の収入がなければ、多くの人は只食べるためだけに一生を使ってしまう。相当の収入を長年得ている人でなければは、世界中の何に投資をするかなど考える余裕も浮かんでこない。

加えて、理想やビジョンがなくて、結果として信賞必罰が希薄な組織には、弛緩ムードが漂う。一見そのように見えないかもしれないが、協同組合、NPO組織などに、この弛緩ムードが漂うことが多い。なぜならそこでは、信賞必罰が組織で行われていないし、ゆえに人が成長する機会も体験することも少ない。

悪平等ムードがはびこる組織は、一見やさしい組織に見えるが、たくましさに欠ける組織では成果を生むことはできにくいし、そのような組の中に長くいれば、人は育たない。それゆえに、人を育てるのは、一部の企業である。人を育てる家訓を持った商人も昔からいる。

 そのためには、小さな改善と小さな成功体験を重ねて毎日の仕事をして、そのように生きるようにする。このような不断の努力がなければ人も組織も、たとえ30歳であっても仕事にチャレンジしようとしない習慣が身に付いてくる。

(2)修羅場をくぐって肥やしにせよ

「修羅場をくぐって肥やしにせよ

  大局観を身につける方法としては、修羅場をくぐることである。逆境を経験して乗り越えれば、人は大きく育つということである。経営学は本から学ぶことが出来るが、経営力はやってみなければ身に付かない。

 誰にでもすぐに理解できて、簡単に実行できることをして簡単に伸びた会社が一社でもありましたか?」

 ;大病を経験して、ようやくわかってきたことがある。それは、修羅場をくぐってそれを肥やしにせよ、の意味である。経営力は、自分でやってみなければ身に付かない。本も何度も読み返す本を持っていなければ、上記ゲーテの言葉のように自分のものにならない。

また自分が実現したことや未来に実現しようとすることを話すのも大切である。反対にリアリティイアリティのない人間は、他人のことばかりを話して時間をむなしく使っていく。

人間は、修羅場をくぐったがゆえにつぶれる人と苦労した体験を自分の肥やしにして伸びる人がいて、経営者や経営者になろうとする人は,間違いなく後者でなければならないという意味が、私はようやくわかってきた。

 それゆえに修羅場を体験することも、経営者の目を養うためには、必ずしも悪いことではない。

(3)自分に何ができるか、そしていつか辞める準備もしておく

  「誰かのせいにするのでなく、自分には何ができるのか、すべきか、という順番で考えること。

忙しいという口癖は、優先順位付けができていないサインである。

 誰にでもすぐに理解できて、誰にでも簡単にできることをやって、飛躍的に伸びた会社が一社でもありましたか?」

後継者を育てていなければ、その生き方はどんなに頑張っても50点」

意識が明晰な間に自分には何かできるか、すべきかを順番で考え行動することは、ほかの人でも簡単にできることをしようとすることではない。それは、自分のコア・コンピテンスを中心に生きることであるだろう。

それを中心に生活するとは、誰にでもできることをしないから、自分で自分をほめてやることであるし、高見さんが「本能知と理知」で金子みすずの詩「みんな違っていていい」のように、掛買のないそれぞれの生命を中心に生きることでもある。

加えて後継者を育てることは難しい。しかしそれをしなくては、仕事と人生においての達成を喜ぶ状態とは言えないだろう。そのために後継者を育てるためには、我々はいつまでも同じ仕事をしていてはいけないし、ある時期に仕事を辞めることも考慮しておかねばならない。

(4)経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味

「学ぶ心を持ち続ける

松下幸之助氏は、「わが社は人を作ります。それから物を作ります。」と言っている。経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味である。簡単にカットしてはいけないのは、研究開発費と教育研修費だからである。」

 学ぶ心を持ちつづけて、研究開発と教育研修に相当する費用を惜しまないで使い、自分の強みにエネルギーを振り向けるなら、必ず成果は生まれ来る。

そのためには、人生の師とも呼ぶ人との出会いが、いつまでも同じ状態にとどまる状態から目覚めさせさせてくれる。だから昔からある経営者は、教育者以上に学ぶ心を教えてくれる。企業が伸びるのは、誰よりもある種の経営者が、人を育てるからである。

(5)難問の対処法が創業者にはある

  小島さんから頂いたメールで、以下のような言葉があって、それは、

{業者と二世との違いで根本的な違いは、場数による難題の対処法です。

いろんな難題に直面しても逃げないで解決しようとする力が、創業者にはあります。}

  

大病を経験すると経営力を身につけることできることが、「経営の教科書」の中で指摘されている。経営力は、いくら言葉で表現しても説明できるものではない。それは同時に 多くの二世経営者が、経営力をマスターできない原因と表裏一体としか表現できない。

  そして「経営の教科書」においても指摘されているように、経営の問題の80%は人間の問題であることは、間違いはない。

 

 

(6)学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

?

「学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

3人のメンターを持て

いつまでも謙虚さを失わない、傲慢に流れがちな気持ちを押しとどめてくれるのは、師と呼ばれる人をもつことにあるのだろう。」

学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない、この言葉は、生産的に生きて、生命の大きな樹の流れのもとで永遠の生命を得る生き方を暗示している。

  そうすれば、年とともにある人は賢くなり、ますますチャレンジすることができるようになる。ゲーテはこれを教えてくれる。

4、リーダーシップ論は、専門知識である(ゲーテ、ドラッカー、新 将命著「経営の教科書」の結論)

?

?

(1)人は、今まで出会ってきて感動を与えてくれた人々の総和である(ゲーテ)

?

?

他社と同じでない独自性や優位性は何か?これは企業も人も、かけがいのない自分でしか貢献できないものは何か、に早く気がついたときに、物心両面においていち早くそれに取り組んだときに、人に比べて優位性に立てる。

ゲーテによれば、人は結局、思った通りの自分になる。

その通りであってわたしとは、今まで出会ってきた人々の総和である

「いつまでに」という時間設定をすること、これがなければ、単なる願望であって終わってしまう。それでは人は生産的に生きることは出来ない。

頭脳がまだ明晰で只食べるために生きているのでなく、使える時間設定をすることができるからこそ、我々は、ある瞬間に永遠に生きることができる。

運がなければ死んでいたかもしれないという体験をしてあらためて、自分にはやるべき仕事があるという生き方を与えられたことを自覚するようになった。

 

(2)非営利組織で成果を上げようとする人も、リーダーシップ論を学ぶ

ドラッカー同様に宇宙超出学会で沢登先生の話を直接聞いて感動するのは、その著作が、

多様な学問を総合的にみる、根源的に生命を見ようとする挑戦であるからだ。

一方わたしはコンサルタントとしても、それまでは経営ことばかりで生きていた。

もちろんとてもさまざまな分野をマスターにする沢登先生のような能力は、私にはない。それでも今も「経営の教科書」は、リーダーシップについての名著である。

?

?

(1)人は大きな事を信じた時に、大きな仕事をする、

「勝ち残る会社になるために、それはせいぜい3~5パーセントくらいだろう。だから、目指す意味があるし、勝ち残る会社にしたいはずだ。

 ビジョンを信ずる人は、同時に儲ける人でもある。経営理念づくりとその浸透は、結果としてもうけにつながるのである。なぜか。人は大きな事を信じた時に、大きな仕事をする、という生き物である。夢や理想やビジョンという使命感、価値観、があると、人は4倍大きな仕事をする。」

  *「」で特別に表示がないのは「経営の教科書」より

「経営の教科書」の言葉も、生産的に生きよ、と励ましを与えてくれる。

ランチェスターの法則のように、5%から7%の企業が勝ち残る。1000万円以上の所得を得る人も、社会の5%程度の人である。相当の収入がなければ、多くの人は只食べるためだけに一生を使ってしまう。相当の収入を長年得ている人でなければは、世界中の何に投資をするかなど考える余裕も浮かんでこない。

加えて、理想やビジョンがなくて、結果として信賞必罰が希薄な組織には、弛緩ムードが漂う。一見そのように見えないかもしれないが、協同組合、NPO組織などに、この弛緩ムードが漂うことが多い。なぜならそこでは、信賞必罰が組織で行われていないし、ゆえに人が成長する機会も体験することも少ない。

悪平等ムードがはびこる組織は、一見やさしい組織に見えるが、たくましさに欠ける組織では成果を生むことはできにくいし、そのような組の中に長くいれば、人は育たない。それゆえに、人を育てるのは、一部の企業である。人を育てる家訓を持った商人も昔からいる。

 そのためには、小さな改善と小さな成功体験を重ねて毎日の仕事をして、そのように生きるようにする。このような不断の努力がなければ人も組織も、たとえ30歳であっても仕事にチャレンジしようとしない習慣が身に付いてくる。

(2)修羅場をくぐって肥やしにせよ

「修羅場をくぐって肥やしにせよ

  大局観を身につける方法としては、修羅場をくぐることである。逆境を経験して乗り越えれば、人は大きく育つということである。経営学は本から学ぶことが出来るが、経営力はやってみなければ身に付かない。

 誰にでもすぐに理解できて、簡単に実行できることをして簡単に伸びた会社が一社でもありましたか?」

 ;大病を経験して、ようやくわかってきたことがある。それは、修羅場をくぐってそれを肥やしにせよ、の意味である。経営力は、自分でやってみなければ身に付かない。本も何度も読み返す本を持っていなければ、上記ゲーテの言葉のように自分のものにならない。

また自分が実現したことや未来に実現しようとすることを話すのも大切である。反対にリアリティイアリティのない人間は、他人のことばかりを話して時間をむなしく使っていく。

人間は、修羅場をくぐったがゆえにつぶれる人と苦労した体験を自分の肥やしにして伸びる人がいて、経営者や経営者になろうとする人は,間違いなく後者でなければならないという意味が、私はようやくわかってきた。

 それゆえに修羅場を体験することも、経営者の目を養うためには、必ずしも悪いことではない。

(3)自分に何ができるか、そしていつか辞める準備もしておく

  「誰かのせいにするのでなく、自分には何ができるのか、すべきか、という順番で考えること。

忙しいという口癖は、優先順位付けができていないサインである。

 誰にでもすぐに理解できて、誰にでも簡単にできることをやって、飛躍的に伸びた会社が一社でもありましたか?」

後継者を育てていなければ、その生き方はどんなに頑張っても50点」

意識が明晰な間に自分には何かできるか、すべきかを順番で考え行動することは、ほかの人でも簡単にできることをしようとすることではない。それは、自分のコア・コンピテンスを中心に生きることであるだろう。

それを中心に生活するとは、誰にでもできることをしないから、自分で自分をほめてやることであるし、高見さんが「本能知と理知」で金子みすずの詩「みんな違っていていい」のように、掛買のないそれぞれの生命を中心に生きることでもある。

加えて後継者を育てることは難しい。しかしそれをしなくては、仕事と人生においての達成を喜ぶ状態とは言えないだろう。そのために後継者を育てるためには、我々はいつまでも同じ仕事をしていてはいけないし、ある時期に仕事を辞めることも考慮しておかねばならない。

(4)経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味

「学ぶ心を持ち続ける

松下幸之助氏は、「わが社は人を作ります。それから物を作ります。」と言っている。経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味である。簡単にカットしてはいけないのは、研究開発費と教育研修費だからである。」

 学ぶ心を持ちつづけて、研究開発と教育研修に相当する費用を惜しまないで使い、自分の強みにエネルギーを振り向けるなら、必ず成果は生まれ来る。

そのためには、人生の師とも呼ぶ人との出会いが、いつまでも同じ状態にとどまる状態から目覚めさせさせてくれる。だから昔からある経営者は、教育者以上に学ぶ心を教えてくれる。企業が伸びるのは、誰よりもある種の経営者が、人を育てるからである。

(5)難問の対処法が創業者にはある

  小島さんから頂いたメールで、以下のような言葉があって、それは、

{業者と二世との違いで根本的な違いは、場数による難題の対処法です。

いろんな難題に直面しても逃げないで解決しようとする力が、創業者にはあります。}

  

大病を経験すると経営力を身につけることできることが、「経営の教科書」の中で指摘されている。経営力は、いくら言葉で表現しても説明できるものではない。それは同時に 多くの二世経営者が、経営力をマスターできない原因と表裏一体としか表現できない。

  そして「経営の教科書」においても指摘されているように、経営の問題の80%は人間の問題であることは、間違いはない。

 

 

(6)学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

?

「学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

3人のメンターを持て

いつまでも謙虚さを失わない、傲慢に流れがちな気持ちを押しとどめてくれるのは、師と呼ばれる人をもつことにあるのだろう。」

学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない、この言葉は、生産的に生きて、生命の大きな樹の流れのもとで永遠の生命を得る生き方を暗示している。

  そうすれば、年とともにある人は賢くなり、ますますチャレンジすることができるようになる。ゲーテはこれを教えてくれる。

4、リーダーシップ論は、専門知識である(ゲーテ、ドラッカー、新 将命著「経営の教科書」の結論)

?

?

(1)人は、今まで出会ってきて感動を与えてくれた人々の総和である(ゲーテ)

?

?

他社と同じでない独自性や優位性は何か?これは企業も人も、かけがいのない自分でしか貢献できないものは何か、に早く気がついたときに、物心両面においていち早くそれに取り組んだときに、人に比べて優位性に立てる。

ゲーテによれば、人は結局、思った通りの自分になる。

その通りであってわたしとは、今まで出会ってきた人々の総和である

「いつまでに」という時間設定をすること、これがなければ、単なる願望であって終わってしまう。それでは人は生産的に生きることは出来ない。

頭脳がまだ明晰で只食べるために生きているのでなく、使える時間設定をすることができるからこそ、我々は、ある瞬間に永遠に生きることができる。

運がなければ死んでいたかもしれないという体験をしてあらためて、自分にはやるべき仕事があるという生き方を与えられたことを自覚するようになった。

 

(2)非営利組織で成果を上げようとする人も、リーダーシップ論を学ぶ

ドラッカー同様に沢登先生の話やその著作が、

多様な学問を総合的にみる、根源的に生命を見ようとする挑戦であるからだ。

「経営の教科書も、リーダーシップについての名著であるから、専門分野をもっている人に勧める。

経営の教科書3 530


1、自分に何ができるか、そしていつか辞める準備もしておく

  「誰かのせいにするのでなく、自分には何ができるのか、すべきか、という順番で考えること。

忙しいという口癖は、優先順位付けができていないサインである。

 誰にでもすぐに理解できて、誰にでも簡単にできることをやって、飛躍的に伸びた会社が一社でもありましたか?」

後継者を育てていなければ、その生き方はどんなに頑張っても50点」

限りある生の中で、意識が明晰な間に自分には何かできるか、すべきかを順番で考え行動することは、ほかの人でも簡単にできることをしようとすることではない。それは、自分のコア・コンピテンスを中心に生きることであるだろう。

それを中心に生活するとは、誰にでもできることをしないから、自分で自分をほめてやることであるし、高見さんが「本能知と理知」で金子みすずの詩「みんな違っていていい」のように、掛買のないそれぞれの生命を中心に生きることでもある。

加えて後継者を育てることは難しい。しかしそれをしなくては、仕事と人生においての達成を喜ぶ状態とは言えないだろう。そのために後継者を育てるためには、我々はいつまでも同じ仕事をしていてはいけないし、ある時期に仕事を辞めることも考慮しておかねばならない。

2、経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味

「学ぶ心を持ち続ける

松下幸之助氏は、「わが社は人を作ります。それから物を作ります。」と言っている。経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味である。簡単にカットしてはいけないのは、研究開発費と教育研修費だからである。」

 学ぶ心を持ちつづけて、研究開発と教育研修に相当する費用を惜しまないで使い、自分の強みにエネルギーを振り向けるなら、必ず成果は生まれ来る。

そのためには、人生の師とも呼ぶ人との出会いが、いつまでも同じ状態にとどまる状態から目覚めさせさせてくれる。だから昔からある経営者は、教育者以上に学ぶ心を教えてくれる。企業が伸びるのは、誰よりもある種の経営者が、人を育てるからである。

3、難問の対処法が創業者にはある

  小島さんから頂いたメールで、以下のような言葉があった。それは

{業者と二世との違いで根本的な違いは、場数による難題の対処法です。

いろんな難題に直面しても逃げないで解決しようとする力が、創業者にはあります。}

  

大病を経験すると経営力を身につけることできることが、「経営の教科書」の中で指摘されている。経営力は、いくら言葉で表現しても説明できるものではない。それは同時に 多くの二世経営者が、経営力をマスターできない原因と表裏一体としか表現できない。

  そして森田さんが指摘するように、そして「経営の教科書」においても指摘されているように、経営の問題の80%は人間の問題であることは、間違いはない。

 

 

4、学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

?

「学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

3人のメンターを持て

いつまでも謙虚さを失わない、傲慢に流れがちな気持ちを押しとどめてくれるのは、師と呼ばれる人をもつことにあるのだろう。」

学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない、この言葉は、生産的に生きて、生命の大きな樹の流れのもとで永遠の生命を得る生き方を暗示している。

  そうすれば、年とともにある人は賢くなり、ますますチャレンジすることができるようになる。ゲーテはこれを教えてくれる。

5、人は、今まで出会ってきて感動を与えてくれた人々の総和である

?

?

他社と同じでない独自性や優位性は何か?これは企業も人も、かけがいのない自分でしか貢献できないものは何か、に早く気がついたときに、物心両面においていち早くそれに取り組んだときに、人に比べて優位性に立てる。

ゲーテによれば、人は結局、思った通りの自分になる。

その通りであってわたしとは、今まで出会ってきた人々の総和である

「いつまでに」という時間設定をすること、これがなければ、単なる願望であって終わってしまう。それでは人は生産的に生きることは出来ない。

頭脳がまだ明晰で只食べるために生きているのでなく、使える時間設定をすることができるからこそ、我々は、ある瞬間に永遠に生きることができる。

運がなければ死んでいたかもしれないという体験をしてあらためて、自分にはやるべき仕事があるという生き方を与えられたことを自覚するようになった。

 

6、非営利組織で成果を上げようとする人は、経営の歴史を学ばねばならない

ドラッカー同様に宇宙超出学会で沢登先生の話を直接聞くことやその著作が、

多様な学問を総合的にみる、根源的に生命を見ようとする挑戦であるからだ。

一方わたしはさまざまな分野をマスターにする沢登先生のような能力は、私にはない。

しかし様々な分野を理解しようとすることも感動が伴わなければ、単なる博学で終わってしまう。しかし沢登先生の宇宙超出学会に出席し、先生の思想は、好奇心から始まり、感動に導き、より根源的なものに人を導く。それゆえに多様な専門知識を理解するための視点を、与えてくれる。

「経営の教科書」は、リーダーシップについてよい本で、たとえば、経営者に何が欠け

ているのかを、教えてくれる。

さらに非営利組織のどこに問題があるかについて指摘している。非営利組織に本気で取り組む人にとっても、この本を読むこととお勧めする。

1、自分に何ができるか、そしていつか辞める準備もしておく

  「誰かのせいにするのでなく、自分には何ができるのか、すべきか、という順番で考えること。

忙しいという口癖は、優先順位付けができていないサインである。

 誰にでもすぐに理解できて、誰にでも簡単にできることをやって、飛躍的に伸びた会社が一社でもありましたか?」

後継者を育てていなければ、その生き方はどんなに頑張っても50点」

限りある生の中で、意識が明晰な間に自分には何かできるか、すべきかを順番で考え行動することは、ほかの人でも簡単にできることをしようとすることではない。それは、自分のコア・コンピテンスを中心に生きることであるだろう。

それを中心に生活するとは、誰にでもできることをしないから、自分で自分をほめてやることであるし、高見さんが「本能知と理知」で金子みすずの詩「みんな違っていていい」のように、掛買のないそれぞれの生命を中心に生きることでもある。

加えて後継者を育てることは難しい。しかしそれをしなくては、仕事と人生においての達成を喜ぶ状態とは言えないだろう。そのために後継者を育てるためには、我々はいつまでも同じ仕事をしていてはいけないし、ある時期に仕事を辞めることも考慮しておかねばならない。

2、経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味

「学ぶ心を持ち続ける

松下幸之助氏は、「わが社は人を作ります。それから物を作ります。」と言っている。経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味である。簡単にカットしてはいけないのは、研究開発費と教育研修費だからである。」

 学ぶ心を持ちつづけて、研究開発と教育研修に相当する費用を惜しまないで使い、自分の強みにエネルギーを振り向けるなら、必ず成果は生まれ来る。

そのためには、人生の師とも呼ぶ人との出会いが、いつまでも同じ状態にとどまる状態から目覚めさせさせてくれる。だから昔からある経営者は、教育者以上に学ぶ心を教えてくれる。企業が伸びるのは、誰よりもある種の経営者が、人を育てるからである。

3、難問の対処法が創業者にはある

  小島さんから頂いたメールで、以下のような言葉があった。それは

{業者と二世との違いで根本的な違いは、場数による難題の対処法です。

いろんな難題に直面しても逃げないで解決しようとする力が、創業者にはあります。}

  

大病を経験すると経営力を身につけることできることが、「経営の教科書」の中で指摘されている。経営力は、いくら言葉で表現しても説明できるものではない。それは同時に 多くの二世経営者が、経営力をマスターできない原因と表裏一体としか表現できない。

  そして森田さんが指摘するように、そして「経営の教科書」においても指摘されているように、経営の問題の80%は人間の問題であることは、間違いはない。

 

 

4、学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

?

「学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

3人のメンターを持て

いつまでも謙虚さを失わない、傲慢に流れがちな気持ちを押しとどめてくれるのは、師と呼ばれる人をもつことにあるのだろう。」

学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない、この言葉は、生産的に生きて、生命の大きな樹の流れのもとで永遠の生命を得る生き方を暗示している。

  そうすれば、年とともにある人は賢くなり、ますますチャレンジすることができるようになる。ゲーテはこれを教えてくれる。

5、人は、今まで出会ってきて感動を与えてくれた人々の総和である

?

?

他社と同じでない独自性や優位性は何か?これは企業も人も、かけがいのない自分でしか貢献できないものは何か、に早く気がついたときに、物心両面においていち早くそれに取り組んだときに、人に比べて優位性に立てる。

ゲーテによれば、人は結局、思った通りの自分になる。

その通りであってわたしとは、今まで出会ってきた人々の総和である

「いつまでに」という時間設定をすること、これがなければ、単なる願望であって終わってしまう。それでは人は生産的に生きることは出来ない。

頭脳がまだ明晰で只食べるために生きているのでなく、使える時間設定をすることができるからこそ、我々は、ある瞬間に永遠に生きることができる。

運がなければ死んでいたかもしれないという体験をしてあらためて、自分にはやるべき仕事があるという生き方を与えられたことを自覚するようになった。

 

6、非営利組織で成果を上げようとする人は、経営の歴史を学ばねばならない

ドラッカー同様に宇宙超出学会で沢登先生の話を直接聞くことやその著作が、

多様な学問を総合的にみる、根源的に生命を見ようとする挑戦であるからだ。

一方わたしはさまざまな分野をマスターにする沢登先生のような能力は、私にはない。

しかし様々な分野を理解しようとすることも感動が伴わなければ、単なる博学で終わってしまう。しかし沢登先生の宇宙超出学会に出席し、先生の思想は、好奇心から始まり、感動に導き、より根源的なものに人を導く。それゆえに多様な専門知識を理解するための視点を、与えてくれる。

「経営の教科書」は、リーダーシップについてよい本で、たとえば、経営者に何が欠け

ているのかを、教えてくれる。

さらに非営利組織のどこに問題があるかについて指摘している。非営利組織に本気で取り組む人にとっても、この本を読むこととお勧めする。

1、自分に何ができるか、そしていつか辞める準備もしておく

  「誰かのせいにするのでなく、自分には何ができるのか、すべきか、という順番で考えること。

忙しいという口癖は、優先順位付けができていないサインである。

 誰にでもすぐに理解できて、誰にでも簡単にできることをやって、飛躍的に伸びた会社が一社でもありましたか?」

後継者を育てていなければ、その生き方はどんなに頑張っても50点」

限りある生の中で、意識が明晰な間に自分には何かできるか、すべきかを順番で考え行動することは、ほかの人でも簡単にできることをしようとすることではない。それは、自分のコア・コンピテンスを中心に生きることであるだろう。

それを中心に生活するとは、誰にでもできることをしないから、自分で自分をほめてやることであるし、高見さんが「本能知と理知」で金子みすずの詩「みんな違っていていい」のように、掛買のないそれぞれの生命を中心に生きることでもある。

加えて後継者を育てることは難しい。しかしそれをしなくては、仕事と人生においての達成を喜ぶ状態とは言えないだろう。そのために後継者を育てるためには、我々はいつまでも同じ仕事をしていてはいけないし、ある時期に仕事を辞めることも考慮しておかねばならない。

2、経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味

「学ぶ心を持ち続ける

松下幸之助氏は、「わが社は人を作ります。それから物を作ります。」と言っている。経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味である。簡単にカットしてはいけないのは、研究開発費と教育研修費だからである。」

 学ぶ心を持ちつづけて、研究開発と教育研修に相当する費用を惜しまないで使い、自分の強みにエネルギーを振り向けるなら、必ず成果は生まれ来る。

そのためには、人生の師とも呼ぶ人との出会いが、いつまでも同じ状態にとどまる状態から目覚めさせさせてくれる。だから昔からある経営者は、教育者以上に学ぶ心を教えてくれる。企業が伸びるのは、誰よりもある種の経営者が、人を育てるからである。

3、難問の対処法が創業者にはある

  小島さんから頂いたメールで、以下のような言葉があった。それは

{業者と二世との違いで根本的な違いは、場数による難題の対処法です。

いろんな難題に直面しても逃げないで解決しようとする力が、創業者にはあります。}

  

大病を経験すると経営力を身につけることできることが、「経営の教科書」の中で指摘されている。経営力は、いくら言葉で表現しても説明できるものではない。それは同時に 多くの二世経営者が、経営力をマスターできない原因と表裏一体としか表現できない。

  そして森田さんが指摘するように、そして「経営の教科書」においても指摘されているように、経営の問題の80%は人間の問題であることは、間違いはない。

 

 

4、学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

?

「学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

3人のメンターを持て

いつまでも謙虚さを失わない、傲慢に流れがちな気持ちを押しとどめてくれるのは、師と呼ばれる人をもつことにあるのだろう。」

学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない、この言葉は、生産的に生きて、生命の大きな樹の流れのもとで永遠の生命を得る生き方を暗示している。

  そうすれば、年とともにある人は賢くなり、ますますチャレンジすることができるようになる。ゲーテはこれを教えてくれる。

5、人は、今まで出会ってきて感動を与えてくれた人々の総和である

?

?

他社と同じでない独自性や優位性は何か?これは企業も人も、かけがいのない自分でしか貢献できないものは何か、に早く気がついたときに、物心両面においていち早くそれに取り組んだときに、人に比べて優位性に立てる。

ゲーテによれば、人は結局、思った通りの自分になる。

その通りであってわたしとは、今まで出会ってきた人々の総和である

「いつまでに」という時間設定をすること、これがなければ、単なる願望であって終わってしまう。それでは人は生産的に生きることは出来ない。

頭脳がまだ明晰で只食べるために生きているのでなく、使える時間設定をすることができるからこそ、我々は、ある瞬間に永遠に生きることができる。

運がなければ死んでいたかもしれないという体験をしてあらためて、自分にはやるべき仕事があるという生き方を与えられたことを自覚するようになった。

 

6、非営利組織で成果を上げようとする人は、経営の歴史を学ばねばならない

ドラッカー同様に宇宙超出学会で沢登先生の話を直接聞くことやその著作が、

多様な学問を総合的にみる、根源的に生命を見ようとする挑戦であるからだ。

一方わたしはさまざまな分野をマスターにする沢登先生のような能力は、私にはない。

しかし様々な分野を理解しようとすることも感動が伴わなければ、単なる博学で終わってしまう。しかし沢登先生の宇宙超出学会に出席し、先生の思想は、好奇心から始まり、感動に導き、より根源的なものに人を導く。それゆえに多様な専門知識を理解するための視点を、与えてくれる。

「経営の教科書」は、リーダーシップについてよい本で、たとえば、経営者に何が欠け

ているのかを、教えてくれる。

さらに非営利組織のどこに問題があるかについて指摘している。非営利組織に本気で取り組む人にとっても、この本を読むこととお勧めする。

1、自分に何ができるか、そしていつか辞める準備もしておく

  「誰かのせいにするのでなく、自分には何ができるのか、すべきか、という順番で考えること。

忙しいという口癖は、優先順位付けができていないサインである。

 誰にでもすぐに理解できて、誰にでも簡単にできることをやって、飛躍的に伸びた会社が一社でもありましたか?」

後継者を育てていなければ、その生き方はどんなに頑張っても50点」

限りある生の中で、意識が明晰な間に自分には何かできるか、すべきかを順番で考え行動することは、ほかの人でも簡単にできることをしようとすることではない。それは、自分のコア・コンピテンスを中心に生きることであるだろう。

それを中心に生活するとは、誰にでもできることをしないから、自分で自分をほめてやることであるし、高見さんが「本能知と理知」で金子みすずの詩「みんな違っていていい」のように、掛買のないそれぞれの生命を中心に生きることでもある。

加えて後継者を育てることは難しい。しかしそれをしなくては、仕事と人生においての達成を喜ぶ状態とは言えないだろう。そのために後継者を育てるためには、我々はいつまでも同じ仕事をしていてはいけないし、ある時期に仕事を辞めることも考慮しておかねばならない。

2、経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味

「学ぶ心を持ち続ける

松下幸之助氏は、「わが社は人を作ります。それから物を作ります。」と言っている。経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味である。簡単にカットしてはいけないのは、研究開発費と教育研修費だからである。」

 学ぶ心を持ちつづけて、研究開発と教育研修に相当する費用を惜しまないで使い、自分の強みにエネルギーを振り向けるなら、必ず成果は生まれ来る。

そのためには、人生の師とも呼ぶ人との出会いが、いつまでも同じ状態にとどまる状態から目覚めさせさせてくれる。だから昔からある経営者は、教育者以上に学ぶ心を教えてくれる。企業が伸びるのは、誰よりもある種の経営者が、人を育てるからである。

3、難問の対処法が創業者にはある

  小島さんから頂いたメールで、以下のような言葉があった。それは

{業者と二世との違いで根本的な違いは、場数による難題の対処法です。

いろんな難題に直面しても逃げないで解決しようとする力が、創業者にはあります。}

  

大病を経験すると経営力を身につけることできることが、「経営の教科書」の中で指摘されている。経営力は、いくら言葉で表現しても説明できるものではない。それは同時に 多くの二世経営者が、経営力をマスターできない原因と表裏一体としか表現できない。

  そして森田さんが指摘するように、そして「経営の教科書」においても指摘されているように、経営の問題の80%は人間の問題であることは、間違いはない。

 

 

4、学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

?

「学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

3人のメンターを持て

いつまでも謙虚さを失わない、傲慢に流れがちな気持ちを押しとどめてくれるのは、師と呼ばれる人をもつことにあるのだろう。」

学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない、この言葉は、生産的に生きて、生命の大きな樹の流れのもとで永遠の生命を得る生き方を暗示している。

  そうすれば、年とともにある人は賢くなり、ますますチャレンジすることができるようになる。ゲーテはこれを教えてくれる。

5、人は、今まで出会ってきて感動を与えてくれた人々の総和である

?

?

他社と同じでない独自性や優位性は何か?これは企業も人も、かけがいのない自分でしか貢献できないものは何か、に早く気がついたときに、物心両面においていち早くそれに取り組んだときに、人に比べて優位性に立てる。

ゲーテによれば、人は結局、思った通りの自分になる。

その通りであってわたしとは、今まで出会ってきた人々の総和である

「いつまでに」という時間設定をすること、これがなければ、単なる願望であって終わってしまう。それでは人は生産的に生きることは出来ない。

頭脳がまだ明晰で只食べるために生きているのでなく、使える時間設定をすることができるからこそ、我々は、ある瞬間に永遠に生きることができる。

運がなければ死んでいたかもしれないという体験をしてあらためて、自分にはやるべき仕事があるという生き方を与えられたことを自覚するようになった。

 

6、非営利組織で成果を上げようとする人は、経営の歴史を学ばねばならない

ドラッカー同様に宇宙超出学会で沢登先生の話を直接聞くことやその著作が、

多様な学問を総合的にみる、根源的に生命を見ようとする挑戦であるからだ。

一方わたしはさまざまな分野をマスターにする沢登先生のような能力は、私にはない。

しかし様々な分野を理解しようとすることも感動が伴わなければ、単なる博学で終わってしまう。しかし沢登先生の宇宙超出学会に出席し、先生の思想は、好奇心から始まり、感動に導き、より根源的なものに人を導く。それゆえに多様な専門知識を理解するための視点を、与えてくれる。

「経営の教科書」は、リーダーシップについてよい本で、たとえば、経営者に何が欠け

ているのかを、教えてくれる。

さらに非営利組織のどこに問題があるかについて指摘している。非営利組織に本気で取り組む人にとっても、この本を読むこととお勧めする。

1、自分に何ができるか、そしていつか辞める準備もしておく

  「誰かのせいにするのでなく、自分には何ができるのか、すべきか、という順番で考えること。

忙しいという口癖は、優先順位付けができていないサインである。

 誰にでもすぐに理解できて、誰にでも簡単にできることをやって、飛躍的に伸びた会社が一社でもありましたか?」

後継者を育てていなければ、その生き方はどんなに頑張っても50点」

限りある生の中で、意識が明晰な間に自分には何かできるか、すべきかを順番で考え行動することは、ほかの人でも簡単にできることをしようとすることではない。それは、自分のコア・コンピテンスを中心に生きることであるだろう。

それを中心に生活するとは、誰にでもできることをしないから、自分で自分をほめてやることであるし、高見さんが「本能知と理知」で金子みすずの詩「みんな違っていていい」のように、掛買のないそれぞれの生命を中心に生きることでもある。

加えて後継者を育てることは難しい。しかしそれをしなくては、仕事と人生においての達成を喜ぶ状態とは言えないだろう。そのために後継者を育てるためには、我々はいつまでも同じ仕事をしていてはいけないし、ある時期に仕事を辞めることも考慮しておかねばならない。

2、経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味

「学ぶ心を持ち続ける

松下幸之助氏は、「わが社は人を作ります。それから物を作ります。」と言っている。経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味である。簡単にカットしてはいけないのは、研究開発費と教育研修費だからである。」

 学ぶ心を持ちつづけて、研究開発と教育研修に相当する費用を惜しまないで使い、自分の強みにエネルギーを振り向けるなら、必ず成果は生まれ来る。

そのためには、人生の師とも呼ぶ人との出会いが、いつまでも同じ状態にとどまる状態から目覚めさせさせてくれる。だから昔からある経営者は、教育者以上に学ぶ心を教えてくれる。企業が伸びるのは、誰よりもある種の経営者が、人を育てるからである。

3、難問の対処法が創業者にはある

  小島さんから頂いたメールで、以下のような言葉があった。それは

{業者と二世との違いで根本的な違いは、場数による難題の対処法です。

いろんな難題に直面しても逃げないで解決しようとする力が、創業者にはあります。}

  

大病を経験すると経営力を身につけることできることが、「経営の教科書」の中で指摘されている。経営力は、いくら言葉で表現しても説明できるものではない。それは同時に 多くの二世経営者が、経営力をマスターできない原因と表裏一体としか表現できない。

  そして森田さんが指摘するように、そして「経営の教科書」においても指摘されているように、経営の問題の80%は人間の問題であることは、間違いはない。

 

 

4、学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

?

「学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

3人のメンターを持て

いつまでも謙虚さを失わない、傲慢に流れがちな気持ちを押しとどめてくれるのは、師と呼ばれる人をもつことにあるのだろう。」

学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない、この言葉は、生産的に生きて、生命の大きな樹の流れのもとで永遠の生命を得る生き方を暗示している。

  そうすれば、年とともにある人は賢くなり、ますますチャレンジすることができるようになる。ゲーテはこれを教えてくれる。

5、人は、今まで出会ってきて感動を与えてくれた人々の総和である

?

?

他社と同じでない独自性や優位性は何か?これは企業も人も、かけがいのない自分でしか貢献できないものは何か、に早く気がついたときに、物心両面においていち早くそれに取り組んだときに、人に比べて優位性に立てる。

ゲーテによれば、人は結局、思った通りの自分になる。

その通りであってわたしとは、今まで出会ってきた人々の総和である

「いつまでに」という時間設定をすること、これがなければ、単なる願望であって終わってしまう。それでは人は生産的に生きることは出来ない。

頭脳がまだ明晰で只食べるために生きているのでなく、使える時間設定をすることができるからこそ、我々は、ある瞬間に永遠に生きることができる。

運がなければ死んでいたかもしれないという体験をしてあらためて、自分にはやるべき仕事があるという生き方を与えられたことを自覚するようになった。

 

6、非営利組織で成果を上げようとする人は、経営の歴史を学ばねばならない

ドラッカー同様に宇宙超出学会で沢登先生の話を直接聞くことやその著作が、

多様な学問を総合的にみる、根源的に生命を見ようとする挑戦であるからだ。

一方わたしはさまざまな分野をマスターにする沢登先生のような能力は、私にはない。

しかし様々な分野を理解しようとすることも感動が伴わなければ、単なる博学で終わってしまう。しかし沢登先生の宇宙超出学会に出席し、先生の思想は、好奇心から始まり、感動に導き、より根源的なものに人を導く。それゆえに多様な専門知識を理解するための視点を、与えてくれる。

「経営の教科書」は、リーダーシップについてよい本で、たとえば、経営者に何が欠け

ているのかを、教えてくれる。

さらに非営利組織のどこに問題があるかについて指摘している。非営利組織に本気で取り組む人にとっても、この本を読むこととお勧めする。

1、自分に何ができるか、そしていつか辞める準備もしておく

  「誰かのせいにするのでなく、自分には何ができるのか、すべきか、という順番で考えること。

忙しいという口癖は、優先順位付けができていないサインである。

 誰にでもすぐに理解できて、誰にでも簡単にできることをやって、飛躍的に伸びた会社が一社でもありましたか?」

後継者を育てていなければ、その生き方はどんなに頑張っても50点」

限りある生の中で、意識が明晰な間に自分には何かできるか、すべきかを順番で考え行動することは、ほかの人でも簡単にできることをしようとすることではない。それは、自分のコア・コンピテンスを中心に生きることであるだろう。

それを中心に生活するとは、誰にでもできることをしないから、自分で自分をほめてやることであるし、高見さんが「本能知と理知」で金子みすずの詩「みんな違っていていい」のように、掛買のないそれぞれの生命を中心に生きることでもある。

加えて後継者を育てることは難しい。しかしそれをしなくては、仕事と人生においての達成を喜ぶ状態とは言えないだろう。そのために後継者を育てるためには、我々はいつまでも同じ仕事をしていてはいけないし、ある時期に仕事を辞めることも考慮しておかねばならない。

2、経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味

「学ぶ心を持ち続ける

松下幸之助氏は、「わが社は人を作ります。それから物を作ります。」と言っている。経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味である。簡単にカットしてはいけないのは、研究開発費と教育研修費だからである。」

 学ぶ心を持ちつづけて、研究開発と教育研修に相当する費用を惜しまないで使い、自分の強みにエネルギーを振り向けるなら、必ず成果は生まれ来る。

そのためには、人生の師とも呼ぶ人との出会いが、いつまでも同じ状態にとどまる状態から目覚めさせさせてくれる。だから昔からある経営者は、教育者以上に学ぶ心を教えてくれる。企業が伸びるのは、誰よりもある種の経営者が、人を育てるからである。

3、難問の対処法が創業者にはある

  小島さんから頂いたメールで、以下のような言葉があった。それは

{業者と二世との違いで根本的な違いは、場数による難題の対処法です。

いろんな難題に直面しても逃げないで解決しようとする力が、創業者にはあります。}

  

大病を経験すると経営力を身につけることできることが、「経営の教科書」の中で指摘されている。経営力は、いくら言葉で表現しても説明できるものではない。それは同時に 多くの二世経営者が、経営力をマスターできない原因と表裏一体としか表現できない。

  そして森田さんが指摘するように、そして「経営の教科書」においても指摘されているように、経営の問題の80%は人間の問題であることは、間違いはない。

 

 

4、学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

?

「学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

3人のメンターを持て

いつまでも謙虚さを失わない、傲慢に流れがちな気持ちを押しとどめてくれるのは、師と呼ばれる人をもつことにあるのだろう。」

学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない、この言葉は、生産的に生きて、生命の大きな樹の流れのもとで永遠の生命を得る生き方を暗示している。

  そうすれば、年とともにある人は賢くなり、ますますチャレンジすることができるようになる。ゲーテはこれを教えてくれる。

5、人は、今まで出会ってきて感動を与えてくれた人々の総和である

?

?

他社と同じでない独自性や優位性は何か?これは企業も人も、かけがいのない自分でしか貢献できないものは何か、に早く気がついたときに、物心両面においていち早くそれに取り組んだときに、人に比べて優位性に立てる。

ゲーテによれば、人は結局、思った通りの自分になる。

その通りであってわたしとは、今まで出会ってきた人々の総和である

「いつまでに」という時間設定をすること、これがなければ、単なる願望であって終わってしまう。それでは人は生産的に生きることは出来ない。

頭脳がまだ明晰で只食べるために生きているのでなく、使える時間設定をすることができるからこそ、我々は、ある瞬間に永遠に生きることができる。

運がなければ死んでいたかもしれないという体験をしてあらためて、自分にはやるべき仕事があるという生き方を与えられたことを自覚するようになった。

 

6、非営利組織で成果を上げようとする人は、経営の歴史を学ばねばならない

ドラッカー同様に宇宙超出学会で沢登先生の話を直接聞くことやその著作が、

多様な学問を総合的にみる、根源的に生命を見ようとする挑戦であるからだ。

一方わたしはさまざまな分野をマスターにする沢登先生のような能力は、私にはない。

しかし様々な分野を理解しようとすることも感動が伴わなければ、単なる博学で終わってしまう。しかし沢登先生の宇宙超出学会に出席し、先生の思想は、好奇心から始まり、感動に導き、より根源的なものに人を導く。それゆえに多様な専門知識を理解するための視点を、与えてくれる。

「経営の教科書」は、リーダーシップについてよい本で、たとえば、経営者に何が欠け

ているのかを、教えてくれる。

さらに非営利組織のどこに問題があるかについて指摘している。非営利組織に本気で取り組む人にとっても、この本を読むこととお勧めする。