経営の教科書3 530


1、自分に何ができるか、そしていつか辞める準備もしておく

  「誰かのせいにするのでなく、自分には何ができるのか、すべきか、という順番で考えること。

忙しいという口癖は、優先順位付けができていないサインである。

 誰にでもすぐに理解できて、誰にでも簡単にできることをやって、飛躍的に伸びた会社が一社でもありましたか?」

後継者を育てていなければ、その生き方はどんなに頑張っても50点」

限りある生の中で、意識が明晰な間に自分には何かできるか、すべきかを順番で考え行動することは、ほかの人でも簡単にできることをしようとすることではない。それは、自分のコア・コンピテンスを中心に生きることであるだろう。

それを中心に生活するとは、誰にでもできることをしないから、自分で自分をほめてやることであるし、高見さんが「本能知と理知」で金子みすずの詩「みんな違っていていい」のように、掛買のないそれぞれの生命を中心に生きることでもある。

加えて後継者を育てることは難しい。しかしそれをしなくては、仕事と人生においての達成を喜ぶ状態とは言えないだろう。そのために後継者を育てるためには、我々はいつまでも同じ仕事をしていてはいけないし、ある時期に仕事を辞めることも考慮しておかねばならない。

2、経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味

「学ぶ心を持ち続ける

松下幸之助氏は、「わが社は人を作ります。それから物を作ります。」と言っている。経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味である。簡単にカットしてはいけないのは、研究開発費と教育研修費だからである。」

 学ぶ心を持ちつづけて、研究開発と教育研修に相当する費用を惜しまないで使い、自分の強みにエネルギーを振り向けるなら、必ず成果は生まれ来る。

そのためには、人生の師とも呼ぶ人との出会いが、いつまでも同じ状態にとどまる状態から目覚めさせさせてくれる。だから昔からある経営者は、教育者以上に学ぶ心を教えてくれる。企業が伸びるのは、誰よりもある種の経営者が、人を育てるからである。

3、難問の対処法が創業者にはある

  小島さんから頂いたメールで、以下のような言葉があった。それは

{業者と二世との違いで根本的な違いは、場数による難題の対処法です。

いろんな難題に直面しても逃げないで解決しようとする力が、創業者にはあります。}

  

大病を経験すると経営力を身につけることできることが、「経営の教科書」の中で指摘されている。経営力は、いくら言葉で表現しても説明できるものではない。それは同時に 多くの二世経営者が、経営力をマスターできない原因と表裏一体としか表現できない。

  そして森田さんが指摘するように、そして「経営の教科書」においても指摘されているように、経営の問題の80%は人間の問題であることは、間違いはない。

 

 

4、学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

?

「学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

3人のメンターを持て

いつまでも謙虚さを失わない、傲慢に流れがちな気持ちを押しとどめてくれるのは、師と呼ばれる人をもつことにあるのだろう。」

学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない、この言葉は、生産的に生きて、生命の大きな樹の流れのもとで永遠の生命を得る生き方を暗示している。

  そうすれば、年とともにある人は賢くなり、ますますチャレンジすることができるようになる。ゲーテはこれを教えてくれる。

5、人は、今まで出会ってきて感動を与えてくれた人々の総和である

?

?

他社と同じでない独自性や優位性は何か?これは企業も人も、かけがいのない自分でしか貢献できないものは何か、に早く気がついたときに、物心両面においていち早くそれに取り組んだときに、人に比べて優位性に立てる。

ゲーテによれば、人は結局、思った通りの自分になる。

その通りであってわたしとは、今まで出会ってきた人々の総和である

「いつまでに」という時間設定をすること、これがなければ、単なる願望であって終わってしまう。それでは人は生産的に生きることは出来ない。

頭脳がまだ明晰で只食べるために生きているのでなく、使える時間設定をすることができるからこそ、我々は、ある瞬間に永遠に生きることができる。

運がなければ死んでいたかもしれないという体験をしてあらためて、自分にはやるべき仕事があるという生き方を与えられたことを自覚するようになった。

 

6、非営利組織で成果を上げようとする人は、経営の歴史を学ばねばならない

ドラッカー同様に宇宙超出学会で沢登先生の話を直接聞くことやその著作が、

多様な学問を総合的にみる、根源的に生命を見ようとする挑戦であるからだ。

一方わたしはさまざまな分野をマスターにする沢登先生のような能力は、私にはない。

しかし様々な分野を理解しようとすることも感動が伴わなければ、単なる博学で終わってしまう。しかし沢登先生の宇宙超出学会に出席し、先生の思想は、好奇心から始まり、感動に導き、より根源的なものに人を導く。それゆえに多様な専門知識を理解するための視点を、与えてくれる。

「経営の教科書」は、リーダーシップについてよい本で、たとえば、経営者に何が欠け

ているのかを、教えてくれる。

さらに非営利組織のどこに問題があるかについて指摘している。非営利組織に本気で取り組む人にとっても、この本を読むこととお勧めする。

1、自分に何ができるか、そしていつか辞める準備もしておく

  「誰かのせいにするのでなく、自分には何ができるのか、すべきか、という順番で考えること。

忙しいという口癖は、優先順位付けができていないサインである。

 誰にでもすぐに理解できて、誰にでも簡単にできることをやって、飛躍的に伸びた会社が一社でもありましたか?」

後継者を育てていなければ、その生き方はどんなに頑張っても50点」

限りある生の中で、意識が明晰な間に自分には何かできるか、すべきかを順番で考え行動することは、ほかの人でも簡単にできることをしようとすることではない。それは、自分のコア・コンピテンスを中心に生きることであるだろう。

それを中心に生活するとは、誰にでもできることをしないから、自分で自分をほめてやることであるし、高見さんが「本能知と理知」で金子みすずの詩「みんな違っていていい」のように、掛買のないそれぞれの生命を中心に生きることでもある。

加えて後継者を育てることは難しい。しかしそれをしなくては、仕事と人生においての達成を喜ぶ状態とは言えないだろう。そのために後継者を育てるためには、我々はいつまでも同じ仕事をしていてはいけないし、ある時期に仕事を辞めることも考慮しておかねばならない。

2、経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味

「学ぶ心を持ち続ける

松下幸之助氏は、「わが社は人を作ります。それから物を作ります。」と言っている。経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味である。簡単にカットしてはいけないのは、研究開発費と教育研修費だからである。」

 学ぶ心を持ちつづけて、研究開発と教育研修に相当する費用を惜しまないで使い、自分の強みにエネルギーを振り向けるなら、必ず成果は生まれ来る。

そのためには、人生の師とも呼ぶ人との出会いが、いつまでも同じ状態にとどまる状態から目覚めさせさせてくれる。だから昔からある経営者は、教育者以上に学ぶ心を教えてくれる。企業が伸びるのは、誰よりもある種の経営者が、人を育てるからである。

3、難問の対処法が創業者にはある

  小島さんから頂いたメールで、以下のような言葉があった。それは

{業者と二世との違いで根本的な違いは、場数による難題の対処法です。

いろんな難題に直面しても逃げないで解決しようとする力が、創業者にはあります。}

  

大病を経験すると経営力を身につけることできることが、「経営の教科書」の中で指摘されている。経営力は、いくら言葉で表現しても説明できるものではない。それは同時に 多くの二世経営者が、経営力をマスターできない原因と表裏一体としか表現できない。

  そして森田さんが指摘するように、そして「経営の教科書」においても指摘されているように、経営の問題の80%は人間の問題であることは、間違いはない。

 

 

4、学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

?

「学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

3人のメンターを持て

いつまでも謙虚さを失わない、傲慢に流れがちな気持ちを押しとどめてくれるのは、師と呼ばれる人をもつことにあるのだろう。」

学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない、この言葉は、生産的に生きて、生命の大きな樹の流れのもとで永遠の生命を得る生き方を暗示している。

  そうすれば、年とともにある人は賢くなり、ますますチャレンジすることができるようになる。ゲーテはこれを教えてくれる。

5、人は、今まで出会ってきて感動を与えてくれた人々の総和である

?

?

他社と同じでない独自性や優位性は何か?これは企業も人も、かけがいのない自分でしか貢献できないものは何か、に早く気がついたときに、物心両面においていち早くそれに取り組んだときに、人に比べて優位性に立てる。

ゲーテによれば、人は結局、思った通りの自分になる。

その通りであってわたしとは、今まで出会ってきた人々の総和である

「いつまでに」という時間設定をすること、これがなければ、単なる願望であって終わってしまう。それでは人は生産的に生きることは出来ない。

頭脳がまだ明晰で只食べるために生きているのでなく、使える時間設定をすることができるからこそ、我々は、ある瞬間に永遠に生きることができる。

運がなければ死んでいたかもしれないという体験をしてあらためて、自分にはやるべき仕事があるという生き方を与えられたことを自覚するようになった。

 

6、非営利組織で成果を上げようとする人は、経営の歴史を学ばねばならない

ドラッカー同様に宇宙超出学会で沢登先生の話を直接聞くことやその著作が、

多様な学問を総合的にみる、根源的に生命を見ようとする挑戦であるからだ。

一方わたしはさまざまな分野をマスターにする沢登先生のような能力は、私にはない。

しかし様々な分野を理解しようとすることも感動が伴わなければ、単なる博学で終わってしまう。しかし沢登先生の宇宙超出学会に出席し、先生の思想は、好奇心から始まり、感動に導き、より根源的なものに人を導く。それゆえに多様な専門知識を理解するための視点を、与えてくれる。

「経営の教科書」は、リーダーシップについてよい本で、たとえば、経営者に何が欠け

ているのかを、教えてくれる。

さらに非営利組織のどこに問題があるかについて指摘している。非営利組織に本気で取り組む人にとっても、この本を読むこととお勧めする。

1、自分に何ができるか、そしていつか辞める準備もしておく

  「誰かのせいにするのでなく、自分には何ができるのか、すべきか、という順番で考えること。

忙しいという口癖は、優先順位付けができていないサインである。

 誰にでもすぐに理解できて、誰にでも簡単にできることをやって、飛躍的に伸びた会社が一社でもありましたか?」

後継者を育てていなければ、その生き方はどんなに頑張っても50点」

限りある生の中で、意識が明晰な間に自分には何かできるか、すべきかを順番で考え行動することは、ほかの人でも簡単にできることをしようとすることではない。それは、自分のコア・コンピテンスを中心に生きることであるだろう。

それを中心に生活するとは、誰にでもできることをしないから、自分で自分をほめてやることであるし、高見さんが「本能知と理知」で金子みすずの詩「みんな違っていていい」のように、掛買のないそれぞれの生命を中心に生きることでもある。

加えて後継者を育てることは難しい。しかしそれをしなくては、仕事と人生においての達成を喜ぶ状態とは言えないだろう。そのために後継者を育てるためには、我々はいつまでも同じ仕事をしていてはいけないし、ある時期に仕事を辞めることも考慮しておかねばならない。

2、経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味

「学ぶ心を持ち続ける

松下幸之助氏は、「わが社は人を作ります。それから物を作ります。」と言っている。経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味である。簡単にカットしてはいけないのは、研究開発費と教育研修費だからである。」

 学ぶ心を持ちつづけて、研究開発と教育研修に相当する費用を惜しまないで使い、自分の強みにエネルギーを振り向けるなら、必ず成果は生まれ来る。

そのためには、人生の師とも呼ぶ人との出会いが、いつまでも同じ状態にとどまる状態から目覚めさせさせてくれる。だから昔からある経営者は、教育者以上に学ぶ心を教えてくれる。企業が伸びるのは、誰よりもある種の経営者が、人を育てるからである。

3、難問の対処法が創業者にはある

  小島さんから頂いたメールで、以下のような言葉があった。それは

{業者と二世との違いで根本的な違いは、場数による難題の対処法です。

いろんな難題に直面しても逃げないで解決しようとする力が、創業者にはあります。}

  

大病を経験すると経営力を身につけることできることが、「経営の教科書」の中で指摘されている。経営力は、いくら言葉で表現しても説明できるものではない。それは同時に 多くの二世経営者が、経営力をマスターできない原因と表裏一体としか表現できない。

  そして森田さんが指摘するように、そして「経営の教科書」においても指摘されているように、経営の問題の80%は人間の問題であることは、間違いはない。

 

 

4、学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

?

「学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

3人のメンターを持て

いつまでも謙虚さを失わない、傲慢に流れがちな気持ちを押しとどめてくれるのは、師と呼ばれる人をもつことにあるのだろう。」

学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない、この言葉は、生産的に生きて、生命の大きな樹の流れのもとで永遠の生命を得る生き方を暗示している。

  そうすれば、年とともにある人は賢くなり、ますますチャレンジすることができるようになる。ゲーテはこれを教えてくれる。

5、人は、今まで出会ってきて感動を与えてくれた人々の総和である

?

?

他社と同じでない独自性や優位性は何か?これは企業も人も、かけがいのない自分でしか貢献できないものは何か、に早く気がついたときに、物心両面においていち早くそれに取り組んだときに、人に比べて優位性に立てる。

ゲーテによれば、人は結局、思った通りの自分になる。

その通りであってわたしとは、今まで出会ってきた人々の総和である

「いつまでに」という時間設定をすること、これがなければ、単なる願望であって終わってしまう。それでは人は生産的に生きることは出来ない。

頭脳がまだ明晰で只食べるために生きているのでなく、使える時間設定をすることができるからこそ、我々は、ある瞬間に永遠に生きることができる。

運がなければ死んでいたかもしれないという体験をしてあらためて、自分にはやるべき仕事があるという生き方を与えられたことを自覚するようになった。

 

6、非営利組織で成果を上げようとする人は、経営の歴史を学ばねばならない

ドラッカー同様に宇宙超出学会で沢登先生の話を直接聞くことやその著作が、

多様な学問を総合的にみる、根源的に生命を見ようとする挑戦であるからだ。

一方わたしはさまざまな分野をマスターにする沢登先生のような能力は、私にはない。

しかし様々な分野を理解しようとすることも感動が伴わなければ、単なる博学で終わってしまう。しかし沢登先生の宇宙超出学会に出席し、先生の思想は、好奇心から始まり、感動に導き、より根源的なものに人を導く。それゆえに多様な専門知識を理解するための視点を、与えてくれる。

「経営の教科書」は、リーダーシップについてよい本で、たとえば、経営者に何が欠け

ているのかを、教えてくれる。

さらに非営利組織のどこに問題があるかについて指摘している。非営利組織に本気で取り組む人にとっても、この本を読むこととお勧めする。

1、自分に何ができるか、そしていつか辞める準備もしておく

  「誰かのせいにするのでなく、自分には何ができるのか、すべきか、という順番で考えること。

忙しいという口癖は、優先順位付けができていないサインである。

 誰にでもすぐに理解できて、誰にでも簡単にできることをやって、飛躍的に伸びた会社が一社でもありましたか?」

後継者を育てていなければ、その生き方はどんなに頑張っても50点」

限りある生の中で、意識が明晰な間に自分には何かできるか、すべきかを順番で考え行動することは、ほかの人でも簡単にできることをしようとすることではない。それは、自分のコア・コンピテンスを中心に生きることであるだろう。

それを中心に生活するとは、誰にでもできることをしないから、自分で自分をほめてやることであるし、高見さんが「本能知と理知」で金子みすずの詩「みんな違っていていい」のように、掛買のないそれぞれの生命を中心に生きることでもある。

加えて後継者を育てることは難しい。しかしそれをしなくては、仕事と人生においての達成を喜ぶ状態とは言えないだろう。そのために後継者を育てるためには、我々はいつまでも同じ仕事をしていてはいけないし、ある時期に仕事を辞めることも考慮しておかねばならない。

2、経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味

「学ぶ心を持ち続ける

松下幸之助氏は、「わが社は人を作ります。それから物を作ります。」と言っている。経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味である。簡単にカットしてはいけないのは、研究開発費と教育研修費だからである。」

 学ぶ心を持ちつづけて、研究開発と教育研修に相当する費用を惜しまないで使い、自分の強みにエネルギーを振り向けるなら、必ず成果は生まれ来る。

そのためには、人生の師とも呼ぶ人との出会いが、いつまでも同じ状態にとどまる状態から目覚めさせさせてくれる。だから昔からある経営者は、教育者以上に学ぶ心を教えてくれる。企業が伸びるのは、誰よりもある種の経営者が、人を育てるからである。

3、難問の対処法が創業者にはある

  小島さんから頂いたメールで、以下のような言葉があった。それは

{業者と二世との違いで根本的な違いは、場数による難題の対処法です。

いろんな難題に直面しても逃げないで解決しようとする力が、創業者にはあります。}

  

大病を経験すると経営力を身につけることできることが、「経営の教科書」の中で指摘されている。経営力は、いくら言葉で表現しても説明できるものではない。それは同時に 多くの二世経営者が、経営力をマスターできない原因と表裏一体としか表現できない。

  そして森田さんが指摘するように、そして「経営の教科書」においても指摘されているように、経営の問題の80%は人間の問題であることは、間違いはない。

 

 

4、学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

?

「学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

3人のメンターを持て

いつまでも謙虚さを失わない、傲慢に流れがちな気持ちを押しとどめてくれるのは、師と呼ばれる人をもつことにあるのだろう。」

学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない、この言葉は、生産的に生きて、生命の大きな樹の流れのもとで永遠の生命を得る生き方を暗示している。

  そうすれば、年とともにある人は賢くなり、ますますチャレンジすることができるようになる。ゲーテはこれを教えてくれる。

5、人は、今まで出会ってきて感動を与えてくれた人々の総和である

?

?

他社と同じでない独自性や優位性は何か?これは企業も人も、かけがいのない自分でしか貢献できないものは何か、に早く気がついたときに、物心両面においていち早くそれに取り組んだときに、人に比べて優位性に立てる。

ゲーテによれば、人は結局、思った通りの自分になる。

その通りであってわたしとは、今まで出会ってきた人々の総和である

「いつまでに」という時間設定をすること、これがなければ、単なる願望であって終わってしまう。それでは人は生産的に生きることは出来ない。

頭脳がまだ明晰で只食べるために生きているのでなく、使える時間設定をすることができるからこそ、我々は、ある瞬間に永遠に生きることができる。

運がなければ死んでいたかもしれないという体験をしてあらためて、自分にはやるべき仕事があるという生き方を与えられたことを自覚するようになった。

 

6、非営利組織で成果を上げようとする人は、経営の歴史を学ばねばならない

ドラッカー同様に宇宙超出学会で沢登先生の話を直接聞くことやその著作が、

多様な学問を総合的にみる、根源的に生命を見ようとする挑戦であるからだ。

一方わたしはさまざまな分野をマスターにする沢登先生のような能力は、私にはない。

しかし様々な分野を理解しようとすることも感動が伴わなければ、単なる博学で終わってしまう。しかし沢登先生の宇宙超出学会に出席し、先生の思想は、好奇心から始まり、感動に導き、より根源的なものに人を導く。それゆえに多様な専門知識を理解するための視点を、与えてくれる。

「経営の教科書」は、リーダーシップについてよい本で、たとえば、経営者に何が欠け

ているのかを、教えてくれる。

さらに非営利組織のどこに問題があるかについて指摘している。非営利組織に本気で取り組む人にとっても、この本を読むこととお勧めする。

1、自分に何ができるか、そしていつか辞める準備もしておく

  「誰かのせいにするのでなく、自分には何ができるのか、すべきか、という順番で考えること。

忙しいという口癖は、優先順位付けができていないサインである。

 誰にでもすぐに理解できて、誰にでも簡単にできることをやって、飛躍的に伸びた会社が一社でもありましたか?」

後継者を育てていなければ、その生き方はどんなに頑張っても50点」

限りある生の中で、意識が明晰な間に自分には何かできるか、すべきかを順番で考え行動することは、ほかの人でも簡単にできることをしようとすることではない。それは、自分のコア・コンピテンスを中心に生きることであるだろう。

それを中心に生活するとは、誰にでもできることをしないから、自分で自分をほめてやることであるし、高見さんが「本能知と理知」で金子みすずの詩「みんな違っていていい」のように、掛買のないそれぞれの生命を中心に生きることでもある。

加えて後継者を育てることは難しい。しかしそれをしなくては、仕事と人生においての達成を喜ぶ状態とは言えないだろう。そのために後継者を育てるためには、我々はいつまでも同じ仕事をしていてはいけないし、ある時期に仕事を辞めることも考慮しておかねばならない。

2、経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味

「学ぶ心を持ち続ける

松下幸之助氏は、「わが社は人を作ります。それから物を作ります。」と言っている。経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味である。簡単にカットしてはいけないのは、研究開発費と教育研修費だからである。」

 学ぶ心を持ちつづけて、研究開発と教育研修に相当する費用を惜しまないで使い、自分の強みにエネルギーを振り向けるなら、必ず成果は生まれ来る。

そのためには、人生の師とも呼ぶ人との出会いが、いつまでも同じ状態にとどまる状態から目覚めさせさせてくれる。だから昔からある経営者は、教育者以上に学ぶ心を教えてくれる。企業が伸びるのは、誰よりもある種の経営者が、人を育てるからである。

3、難問の対処法が創業者にはある

  小島さんから頂いたメールで、以下のような言葉があった。それは

{業者と二世との違いで根本的な違いは、場数による難題の対処法です。

いろんな難題に直面しても逃げないで解決しようとする力が、創業者にはあります。}

  

大病を経験すると経営力を身につけることできることが、「経営の教科書」の中で指摘されている。経営力は、いくら言葉で表現しても説明できるものではない。それは同時に 多くの二世経営者が、経営力をマスターできない原因と表裏一体としか表現できない。

  そして森田さんが指摘するように、そして「経営の教科書」においても指摘されているように、経営の問題の80%は人間の問題であることは、間違いはない。

 

 

4、学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

?

「学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

3人のメンターを持て

いつまでも謙虚さを失わない、傲慢に流れがちな気持ちを押しとどめてくれるのは、師と呼ばれる人をもつことにあるのだろう。」

学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない、この言葉は、生産的に生きて、生命の大きな樹の流れのもとで永遠の生命を得る生き方を暗示している。

  そうすれば、年とともにある人は賢くなり、ますますチャレンジすることができるようになる。ゲーテはこれを教えてくれる。

5、人は、今まで出会ってきて感動を与えてくれた人々の総和である

?

?

他社と同じでない独自性や優位性は何か?これは企業も人も、かけがいのない自分でしか貢献できないものは何か、に早く気がついたときに、物心両面においていち早くそれに取り組んだときに、人に比べて優位性に立てる。

ゲーテによれば、人は結局、思った通りの自分になる。

その通りであってわたしとは、今まで出会ってきた人々の総和である

「いつまでに」という時間設定をすること、これがなければ、単なる願望であって終わってしまう。それでは人は生産的に生きることは出来ない。

頭脳がまだ明晰で只食べるために生きているのでなく、使える時間設定をすることができるからこそ、我々は、ある瞬間に永遠に生きることができる。

運がなければ死んでいたかもしれないという体験をしてあらためて、自分にはやるべき仕事があるという生き方を与えられたことを自覚するようになった。

 

6、非営利組織で成果を上げようとする人は、経営の歴史を学ばねばならない

ドラッカー同様に宇宙超出学会で沢登先生の話を直接聞くことやその著作が、

多様な学問を総合的にみる、根源的に生命を見ようとする挑戦であるからだ。

一方わたしはさまざまな分野をマスターにする沢登先生のような能力は、私にはない。

しかし様々な分野を理解しようとすることも感動が伴わなければ、単なる博学で終わってしまう。しかし沢登先生の宇宙超出学会に出席し、先生の思想は、好奇心から始まり、感動に導き、より根源的なものに人を導く。それゆえに多様な専門知識を理解するための視点を、与えてくれる。

「経営の教科書」は、リーダーシップについてよい本で、たとえば、経営者に何が欠け

ているのかを、教えてくれる。

さらに非営利組織のどこに問題があるかについて指摘している。非営利組織に本気で取り組む人にとっても、この本を読むこととお勧めする。

1、自分に何ができるか、そしていつか辞める準備もしておく

  「誰かのせいにするのでなく、自分には何ができるのか、すべきか、という順番で考えること。

忙しいという口癖は、優先順位付けができていないサインである。

 誰にでもすぐに理解できて、誰にでも簡単にできることをやって、飛躍的に伸びた会社が一社でもありましたか?」

後継者を育てていなければ、その生き方はどんなに頑張っても50点」

限りある生の中で、意識が明晰な間に自分には何かできるか、すべきかを順番で考え行動することは、ほかの人でも簡単にできることをしようとすることではない。それは、自分のコア・コンピテンスを中心に生きることであるだろう。

それを中心に生活するとは、誰にでもできることをしないから、自分で自分をほめてやることであるし、高見さんが「本能知と理知」で金子みすずの詩「みんな違っていていい」のように、掛買のないそれぞれの生命を中心に生きることでもある。

加えて後継者を育てることは難しい。しかしそれをしなくては、仕事と人生においての達成を喜ぶ状態とは言えないだろう。そのために後継者を育てるためには、我々はいつまでも同じ仕事をしていてはいけないし、ある時期に仕事を辞めることも考慮しておかねばならない。

2、経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味

「学ぶ心を持ち続ける

松下幸之助氏は、「わが社は人を作ります。それから物を作ります。」と言っている。経営という言葉の語源は、仏教の言葉で「人を育てる」という意味である。簡単にカットしてはいけないのは、研究開発費と教育研修費だからである。」

 学ぶ心を持ちつづけて、研究開発と教育研修に相当する費用を惜しまないで使い、自分の強みにエネルギーを振り向けるなら、必ず成果は生まれ来る。

そのためには、人生の師とも呼ぶ人との出会いが、いつまでも同じ状態にとどまる状態から目覚めさせさせてくれる。だから昔からある経営者は、教育者以上に学ぶ心を教えてくれる。企業が伸びるのは、誰よりもある種の経営者が、人を育てるからである。

3、難問の対処法が創業者にはある

  小島さんから頂いたメールで、以下のような言葉があった。それは

{業者と二世との違いで根本的な違いは、場数による難題の対処法です。

いろんな難題に直面しても逃げないで解決しようとする力が、創業者にはあります。}

  

大病を経験すると経営力を身につけることできることが、「経営の教科書」の中で指摘されている。経営力は、いくら言葉で表現しても説明できるものではない。それは同時に 多くの二世経営者が、経営力をマスターできない原因と表裏一体としか表現できない。

  そして森田さんが指摘するように、そして「経営の教科書」においても指摘されているように、経営の問題の80%は人間の問題であることは、間違いはない。

 

 

4、学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

?

「学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない

3人のメンターを持て

いつまでも謙虚さを失わない、傲慢に流れがちな気持ちを押しとどめてくれるのは、師と呼ばれる人をもつことにあるのだろう。」

学べば老いても衰えず、死んでも朽ちない、この言葉は、生産的に生きて、生命の大きな樹の流れのもとで永遠の生命を得る生き方を暗示している。

  そうすれば、年とともにある人は賢くなり、ますますチャレンジすることができるようになる。ゲーテはこれを教えてくれる。

5、人は、今まで出会ってきて感動を与えてくれた人々の総和である

?

?

他社と同じでない独自性や優位性は何か?これは企業も人も、かけがいのない自分でしか貢献できないものは何か、に早く気がついたときに、物心両面においていち早くそれに取り組んだときに、人に比べて優位性に立てる。

ゲーテによれば、人は結局、思った通りの自分になる。

その通りであってわたしとは、今まで出会ってきた人々の総和である

「いつまでに」という時間設定をすること、これがなければ、単なる願望であって終わってしまう。それでは人は生産的に生きることは出来ない。

頭脳がまだ明晰で只食べるために生きているのでなく、使える時間設定をすることができるからこそ、我々は、ある瞬間に永遠に生きることができる。

運がなければ死んでいたかもしれないという体験をしてあらためて、自分にはやるべき仕事があるという生き方を与えられたことを自覚するようになった。

 

6、非営利組織で成果を上げようとする人は、経営の歴史を学ばねばならない

ドラッカー同様に宇宙超出学会で沢登先生の話を直接聞くことやその著作が、

多様な学問を総合的にみる、根源的に生命を見ようとする挑戦であるからだ。

一方わたしはさまざまな分野をマスターにする沢登先生のような能力は、私にはない。

しかし様々な分野を理解しようとすることも感動が伴わなければ、単なる博学で終わってしまう。しかし沢登先生の宇宙超出学会に出席し、先生の思想は、好奇心から始まり、感動に導き、より根源的なものに人を導く。それゆえに多様な専門知識を理解するための視点を、与えてくれる。

「経営の教科書」は、リーダーシップについてよい本で、たとえば、経営者に何が欠け

ているのかを、教えてくれる。

さらに非営利組織のどこに問題があるかについて指摘している。非営利組織に本気で取り組む人にとっても、この本を読むこととお勧めする。

Leave a Reply