10年後のイメージを描ける仕事をしましょう。


いつ行動すべきかを読んで

■経営には、直感とビジョンが要求される

■争わない戦略をする

■情報力でもって先読みできて、そして未来への洞察力を持つ者が、
経営資源と精神力と情報力でもって、優位に立つようになる。
これらが、ビジネスでの成功の要諦である。

———————————————–

この藤田さんの「いつ行動すべきか」を読み

私の尊敬するコンサルタントで友人K先生の下記の言葉を思い出しました。

「今している仕事の10年後の業界と自分の仕事のイメージが描けない人は
すぐに仕事をやめたほうが良い」という言葉です。

その言葉の中には業界の動向と業態の盛衰などを学び自分の業界に照らして将来の仕事のイメージを描きその目標に向かい今の仕事に取り組むべきだと考えました。

現在の流通業に限らず、大きく従来の常識と代わりつつある時代にはその時代を感じて対応できる事が大事ですね。
その潮の動きが変わる時が動く時ですね。

(藤田)

経営者の直感とビジョン;

K先生から直接教えていただいた経験を、私も今も深く感謝しています。

しかもその当時K先生の同期の人たちは、誰もその考えを理解していませんでした。加えて私より後に入社した人たちは、誰もその人から直接教えてもら機会がなかったのです!

経営の優れた本や優れた経営者は、学者の著作でなくて、芸術のように経営者の直感とビジョンに語りかけるのです。

年齢に関係なく、この経営者の直感とビジョンがない人には、伝えることができません。

争わない戦略を、、多くの特に二世経営者や多くの人は、これを採用できないのです。疑わしい成功体験は、、ウエブにあふれていますがあふれていますが、本当の経営者の成功体験を伝えたいものです。

自分の経営資源を冷静に評価しているならば、原則的に新しい行動に打って出ることができるのは、ごく短期間です。これが見えるビジョンを、経営者がまた未来の経営者が持っている

か、どうかです。

動きが変わるときにはが、動く時です。

時代を感じて対応できることそして経営者の直感とビジョンは、サラりーマンやビジネスに失敗した人には、これらが決定的に欠けています。

だから、この3つの要諦を、、ビタミンが人に元気を与えるように、一緒にさまざまなバリエーションで伝えていきましょう。

Leave a Reply