半歩先を歩く、仕事を楽しむ、そして勇気


1、よいものは、どこからでも早く導入する、そして半歩先を行く
?? 関西においても、自治体の間でも長所を伸ばしていくという、サービスを競争する時代になってきています。
  私は以前から、以前からイメージでとらえないで、よいものは早く導入したほうがよいと考えています。アメリカでスペシャリストには、早く移民に許可を早く与えているようです。そのような政策が早く関西においても、導入されることを望みます。
   同様に大学も、立命のように外国人に、開かれた形が望ましいです。そして半歩先を行く、これがなかかな難しいです。まだ読んでいませんが、読もうと予定している本で、「 リーダーは半歩先を歩け」というタイトルの本があります。
2, 、仕事が好きで、そのような仕事を楽しむ
  医療関連分野においては、仕事が好きな人とお金や資格に甘んじる人がいます。私は、自分の仕事が好きなのです。そのような若い人に刺激に なれば、思ってこのブログを書いています。我々にできることは、良き先輩の仕事を見せることで部下が育つようにする、そして、学ぼうとする若い人に 学ぶ環境を教えることです。しかも医療においては、この経営者的な知恵を学んでいる人が少ない。そのような医療法人組織が多いのです。
3、病院を取り巻く人の勇気

勇気がないと前例がないことに取り組むことができません。この一見当たり前のことがないと、前に進むことができません。自分で切り開いていくビジネスを持つほどにほど、それは勇気を教えてくれます。

4、とっておきの切り札、

それは常に自分の長所は何かを発見して、その強みを仕事に生かす中で、それぞれの人のとって生きの切り札が見えて来るようになります。同時に数人の仲間と語り合う環境がないと、自分の持っている長所が発展できにくいです。

 

Leave a Reply