Archive for 9月, 2010

新しい知識とその応用(553)


Ⅰ、物づくりや製造業の幻想

「ある程度の信頼、またはある程度のコンビニエンス性の商品やサービスには、人は無関心になっていく。 技術の効果が、信頼とコンビニエンスの特徴を次々に拡大し続けていくので、それらの競合企業に、誰にのみ込まれているのかが見えていない。」

 この前回の552の文章は、コンビニエンス店舗について話しているのでなく、セルフ販売の小売業のような分野では、ウォルマートや、飲食や喫茶ではマクドナルドが圧倒的に強い。そして強い相手がいる小売業などに、新しい起業家が、もはや参入しても成功する可能性が低いことを伝えたかった。

出井伸之氏が指摘されているように、日本の輸出は15%程度で、対ドル相場が決定的な影響を与えなくなってきている。

しかも日本のGDPの70%はサービス業である。この分野が決定的に経済に影響を与えている。が、サービス産業が統計として整理さえていないので実態が見えてこないだけである。しかも過剰なモノづくりの信仰から、この現実をマスコミは見ていないので、我々は惑わされている。

そしてサービス業では、このような勝負はまだついていない。サービス産業の中から成長分野が生まれる可能性がある。しかし規制が小売業などと比較して規制が多い。一方セルフ販売物販業や製造業は、発展途上国に出て行けば、成長の可能性がある。

 

2、爆発的に発展している新しい知識を学び、それをイノベーションに応用する

サービス業の発展においても、科学技術の進歩の積極的に応用が、イノベーションを生み出していく。だからサービス業の成長の可能性は、新しい知識を得ることとその応用につながっている。

アメリカの成功は、お金で測られる社会である。日本においてもその傾向はあるが、日本には文化や伝統がある。日本においてもコンピューターによる爆発的に知識が増える中で、新しい知識を得てその応用が、繁栄とつながっている。新しい知識を主力産業たるサービス業に応用する。加えて、新しい知識を得ること自体が楽しみとなる時代も始まっている。

この爆発的な新しい知識を応用して、イノベーションを起こすに。同時に、日本文化を外国にセールスすることや外国の文化を知ることが、ビジネスになっていく。

新しい知識を得る楽しみは、科学技術と共に文化、伝統、言語能力を高めることに密接に関連している。日本の文化を外国に紹介して、また外国の文化を知ることとも深く関係している。外国の文化を知ることは、どうしたら幸せに暮らすことができるかについても、教えてくれる。

新しい知識を得ることによっての繁栄は、物質を得ることは限界があることを、日本経済は20年間も示している。一方、このような新しい知識の応用や新しい知識を楽しむことには限界のない時代の幕開けを、中学生や高校生はいち早く知るだろう。

 

3、日本は新しいイノベーションに入ろうとしている

 

投資ビジネスはこれからも日本で成長していく。投資ビジネスで成果を得ることは、世界中の新しい知識を学び続けるならば、それほど難しくはない。同時に投資と離れても、投資は、爆発する新しい知識を勉強すること自体が、楽しみを与ええくれる。

それは、様々な国の金利状況や世界の経済状況の知識を、投資は与えてくれる。さらに、世界中や地球を知るという贅沢な楽しみを、新しい世代は手に入れている。

一方中国は国民の生活を犠牲にして企業を優先している。投資がGDP対比で45%にもなっているのは、市民社会が成熟していないことを意味している。中国の経済成長率に目を奪われて、日本はもはやそれとは異なる社会に入ろうとしていることが見えていない人が多い。成熟した市民社会が日本にあるから、膨大な新しい知識の吸収から、日本は繁栄の新しい社会になると考えられる。  

中国などの国は、確かに物資的な繁栄は実現するであろう。中国での市民社会の成熟は遠い。一方、日本は資本主義でありながら、社会主義国家以上に社会保障を手に入れているのである。

中国などの国と比較するのでなく、いま必要としているのは、明日のビジョンである。明日への希望を与えてくれるビジョンである。社会保障や政治家などが日本に希望を与えるのものではない。

4、情報のタイムマネジメント

 

明日への夢と勇気を与えてくれるビジョンが日本に求められている。同時に世界中の友人とつながっていくことを教える教育でもある。

情報の洪水にオンラインでおぼれるのでなく、ブルーレイなどの進んだ記憶装置によって、オフラインで情報を処理することを人間はマスターしていく、膨大な情報を処理できるタイムマネジメントのマスターである。

勿論発展途上国の繁栄を日本の繁栄とリンクさせることは当たり前である。しかし日本が進むビジョンは、もはや小売業でも製造業でもない。この爆発する情報を生産的に応用することによって、過去の業界や、または規制にとらわれている行政からの脱皮であるだろう。

「繁栄には、技術の効果をどれだけ応用していくかにかかっている。

競争相手を知って、そして勝てない競争をしないことである。」 もはや日本はこのような物的な競争をする社会から、異なる社会に移行しようとしている。

新しい成長分野を発見できるか、は、予測不可能に思えるイノベーションにビジネスの成長は、支えられている。求められているのは希望を与えるビジョンの実現で、新しい知識の応用である。そして新しい知識自体を楽しむ時代も、始まろうとしている。

 

文書552への感想


素人目に飲食業界を眺めてみると、「徹底したコンビニエンス化」、「専門店化」、「高級店化」のような方向に進んでいる印象を受けます。 ファミリーレストランの様な、現在では中途半端な業態が苦戦しているようです。 教科書的な本にも書いてありますが、顧客層のターゲットを絞り込み、そこに経営資源を集中させることが重要なのかも知れませんね。

好業績は挙げていても、何かと批判の対象になるマクドナルドですが、出張で訪れた土地勘のない場所で、食事をする時間が限られているようなときにはとても重宝します。 同じ味、同じメニュー、マニュアル化された同じサービスという「徹底したコンビニエンス化」の強みが、土地勘と時間がない旅行者に安心感を与えてくれるようです。

信頼か、それともコンビニエンス(552)


Ⅰ、高級店や専門店、それともコンビニエンス

すでに起こっているコンビニエンスの強さであるが、商圏内の飲食店や喫茶店では、誰が本当の競合企業であるかが見えていない。マクドナルドはコンビニエンスで圧倒的な強みを発揮している。中途半端なコンビニエンスとしての飲食店や喫茶店には、消費者が行こうとしない。

信頼は、何か高級な店の全体についての経験である。一方コンビニエンスは、いかに簡単にものを手に入れることである。消費者は時間がない時は、簡単に信頼のイメージである高級なレストランに行くことから、コンビニエンスのイメージであるマクドナルドに変えてしまう。

その理由は、技術の効果である。強い店は、素早く信頼のイメージもコンビニエンス性のイメージも、素早く改良していく。技術とイノベーションが、商品もサービスもより信頼の商品やサービスにしてしまう。これは高級な店もコンビニエンスも、同じである。

従って、ある程度の信頼、またはある程度のコンビニエンス性の商品やサービスには、人は無関心になっていく。 技術の効果が、信頼とコンビニエンスの特徴を次々に拡大し続けていくので、それらの競合企業に、誰にのみ込まれているのかが見えていない。

2、信頼は、体験+オーラ+アイデンテティの合計

信頼とは、愛されるものすべてである。デザイナー衣料、ファーストクラスの座席、プラダのバッグなどで、すべて好まれる信頼の高級なイメージをつくっている。が、めったに必要とされるものでない。

信頼のイメージづくりは、有力なマーケティング手法であるが、移り替わりやすい。

信頼はコストよりも経験であって、多くの場合ハイクオリティ、高い信頼感、触れることができて、見ることができる消費者の体験である。

体験は、ハイクオリティ、触れることができて、見ることができる体験である。それは、

体験+オーラ+アイデンテティの合計の計算から、信頼は成り立っている。

だから高い信頼のイメージを得るためには、

1)消費者の事例の報告

2)感性のビジュアル効果やハイイメージが店舗や画面から得られる。

3)ビジネスの原点がなにであるかについてのアイデンテティの説明

などが必要である。

しかも信頼とコンビニエンス性は、状況によって刻々と変わっていくものである。

急いでいる時は、隣に高級レストランがあっても、人はコンビニエンスとしてマクドナルドを選ぶ。

一方コンビニエンスのイメージは、美しい経験を作らない。

オーラも、アイデンティもつくらない。

コンビニエンスが作りあげるのは、消費者の習慣である。

高い信頼のイメージも、高いコンビニエンス性のイメージも、大きなビジネスになる。

しかも高いコンビニエンス性の分野は、たいてい大企業が独占している。

信頼に関して、あるレストランがもはやホットでなくなれば、その信頼は消えていく。

それには、技術の効果が大きく働いていく。

信頼およびコンビニエンスのブランドの勝利は、それらの競争相手をいかに打ち負かすことができるか、にかかっている。

私は孫子の兵法について以前書いたように、

競争相手を知って、そして勝てない競争をしないことである。そして行動してよい時は、我々には限られた時間しかない。

信頼は高級店化のイメージで、高いアイデンティを持っていることが不可欠である。

3、最善になるカテゴリーを作り上げる

信頼とコンビニエンスのどちらも最初から追求した企業は、資源と時間を無駄に使ってしまう。成功するビジネスは、愛されるか、すなわち信頼を得るか、それとも必要とされるか、すなわちコンビニエンス性になるかのどちらかを、追及していく。

異なる客は、異なる信頼とコンビニエンスを作り上げる。40歳以上は新聞を購読するが、40歳以下はネットでニュースを見るように、アメリカも日本も年齢によって行動パターンが異なる場合がある。

小さな商品やサービスから初めて、

技術進歩と競争相手に合わせていくのが、信頼とコンビニエンス性の追求である。

数年もかかる商品やサービスの評判である信頼を作り上げることは、ギャンブルになる。しかも、技術進歩がどう進むかを予測することは、難しい。

さらに、あなたがある店舗で最もコンビニエンス的で、技術が進歩しているものでなければ、誰かが投資してそのコンビニエンス性を取って代わるだろう。

存在するカテゴリーで最善であることができるか?を調べることである。

それが可能でないならば、

最善になることができる新しいカテゴリーの分野を発見しようとすることである。

例えば、信頼の方程式に従って、町で最善の不動産屋になる、最善の技術と注意が必要な整形外科医になるように、様々なカテゴリーがある。

信頼が高ければもっと需要があるから、コンビニエンスになる必要がない。

私は日本文化を外国人に販売することが成長分野であることを前回書いたように、

新しい成長するカテゴリーを発見できる人にのみ、成長は見えてくる。

新しい成長分野を発見できるか、とは、ほかの人には予測不可能に思えるイノベーションにビジネスの成長は、支えられている。

結局、ホームページなどにあまり経営資源を振り向けるよりも、企業自体のイノベーションに成長はかかっている。

だから、信頼か、そえともコンビニエンスの中に、成長分野をいかにカテゴリーとして発見できるか、に成功はかかっている。

現実はある程度の信頼とある程度のコンビニエンスの店がいかに多いのか。そのような店舗は、信頼かコンビニエンスをリードする企業にのみこまれていく。

参考資料;From the book: TRADE-OFF:Why Some Things Catch On and Other’s Don’t by Kevin Maney. Copyright © 2009 by Kevin Maney.

文化や芸術がリードする(551)


1、ビジョン以外はすべてアウトソースできる

  前回の文章550では、共通の関心事から話を初めることと、お役に立てれば、お気軽に連絡ください、というメッセージを入れること、を伝えました。そして相手に、もう一歩の努力を求めること、正しい積極思考を持つこと、シンプルな表現を使い、そして言葉を繰り返す大切さと、信頼感を伝える、ことを伝えました。そして誰に伝えようとしているか、をいつも念頭に置くことを述べたで。

伝えようとする人は、未来へのビジョンを持とうとする人である。

その人が、時代をリードしていく。ドラッカーも、ビジョン以外のすべてはアウトソースできる、と語っている。全くその通りである。

この未来へのビジョンを持つことができれば、誰でも経営者になることができるのである。だから、この未来へのビジョンを持つことのほうが、マーケティングや会計の知識やリーダーシップよりも、優先する。従って、会計会社でも、マーケティング会社でも、ネット企業からでも、新しい未来を切り開いていくものでないことがわかる。

21世紀は、マスよりもビジョンを持った個人の力が、新しい価値を生み出す時代である。現在は、大量生産や規格品の製造から大転換しようとしている時代である。日本でしかできない役割を果たそうと考える時、ビジョンは生まれてくる。自分でしかできない役割を果たそうとする時に、人はビジョンを持つことができるようになる。そしてその時、新しい経営者は生まれてくる。

アメリカ的な資本主義と補完的な資本主義を日本が作れるか、が問われている。

問われているのは、21世紀のテーマは、新興国が激しく追いかけてくる物の時代から文化芸術にシフトしていく時代を、自分のチャンスにできるかである。

 新しい文明は、西から東に向かって日本に運ばれた。逆に今度は日本から西に、可能性をもたらすもの何か、が問われている。

危機からチャンスが生まれてくる。しかし衰退から新しい成長の動きは、石炭から石油の時代にそして大量生産の時代から変わろうとしている中で、全く新しいビジョンを持った者だけに、チャンスは訪れる。歴史や文化に個人がつながる時に、新しいチャンスが生まれる。社会や経済の飛躍は、その繁栄の基礎を築いた江戸時代に隠されている。

一方現在の政府は、ヨーロッパ型の福祉社会をモデルにしているようだ。しかし自分の過去を忘れて西欧を模倣する中で、飛躍する可能性は生まれてこない。政治家や学者には、この新しいビジョンがどこから生まれてくるのかが分かっていない。

中国、ブラジル、インドネシアなどの発展途上国は、大量生産の工業社会にすぐに追いついてこようとしている。モデルはヨーロッパではないのである。江戸時代の文化や歴史を継承する中から、飛躍の可能性が生まれてくる。

成功体験が長ければ、既存の枠から抜け出せないでいる。Out of the box の発想は、大企業組織や既存の政党や学者からは、生まれてこない。新しい飛躍は、歴史、文化、芸術の中のよきものの継承から、生まれる。

2、京都の伝統的システム

 トラッドジャパンという英語の番組をいつも見ている。そこから、新しいビジョンが生まれてくる。日本文化を紹介するこの番組から、文化と芸術のビジョンが生まれてくる。京都の伝統的なシステムである家元制度は、少々の政治経済社会の変化では揺るがない。

「閉鎖性の中に豊かな開放性を宿している。京都のシステムは、独自の文化伝統に深く結び付いている。伝統の文化は、家元制度によるところが大きい。そのパワーは伝統と革新を併せ持つ京都の風土に根ざしている。もはや世界の規格品の追求では通用しない。

 江戸時代の文化、精神、社会システムがあるから現在の日本がある。それは、和の精神、クオリティの高さ、美意識やきめ細かさや、丁寧な暮らし、である。

 天然資源や労働者や工場といった規模や力が問われた産業資本主義時代から個人の資質が競争を左右する時代に移行したという認識である。特定の個人が有する知であり、発想である。

 21世紀の産業モデルは、量では測れない豊かさの指標を示すことになるだろう。

平和、安心、安全、そしてその精神性。それが、日本が世界に発信できる、誇るべき財産である。量や規模では測れない価値としての茶の湯や俳句の世界は、はっとした心動かす感動である。ピーター・ドラッカーは{ビジョン以外はすべてアウトソースできる}とさえ述べている。文化、伝統も含めた東洋的な思想と西欧的な思想の掛け算を引き起こせるのは、日本をおいてほかにない。」 「 」は、出井伸之著「日本大転換」から抜粋

3、俳句と祝箸

祝箸の翻訳が、日本のよき習慣や文化や芸術の事例として、21世紀をリードするビジネスのテーマになる。

祝箸のようなローカルな京都の文化がグローバルになる。歴史から飛躍するビジネスのチャンスが生まれる。

俳句、折り紙、へ儀入りの箸紙などを英語で読むと、そこには美しいしきたりに生きていた日本人のしきたりや美意識が浮かびあがってくる。NHK「英語ものしり倶楽部」の講師のリサ,ボォートさんはアメリカ人で、俳句を楽しむ人でもある。美しいしきたりや美意識の世界は、実はローカルであって、同時にグローバルなものとして、外国人をひきつける。

美しい習慣や美を発見する先見力が、国内および外国へのビジネスになる時代である。

新しいチャンスへの飛躍は、アジアの発展と手を携えるときに、日本の質的な飛躍として見えてくる。文化や芸術をこれからの主力産業にすることができる。

文化や芸術が次の時代をリードしていき、日本の産業の主役になることの発見が、ビジネスの先見力になるのである。

祝箸は、古い日本のしきたりの中で、家族や客を大切にする習慣である。多くの日本人はすっかり忘れていて、外国人に古いしきたりを紹介したほうが、ビジネスとして飛躍する可能性が生まれてくる。

お役に立てばと思いますので、ご意見、質問や問い合わせについて、お気軽には連絡ください、

 祝い箸のサイト参考;http://www.bs-aqua.co.jp/waribashi/kyou_iwaibashi01/index.html

コミュニケートするが個人とつながらない(550)


Ⅰ、人とつながる意味 

もっとも効果的な人は、何か違った方法で書いて、話している。

この手法については、デザイナーなどのテクニックとしても応用されている。NHKの日曜美術館という番組でもあるデザイナーも話していた。それは、シンプルな表現にすることである。

人とつながる目的は、仲間を見つけだして、あなたの影響力を増やす方法でもって、読者や聴衆と関係を持つことである。人とつながっていない人は、われわれの時間を無駄にして、生産性を弱くしている。人とつながることとが、コミュニケーションのすべてである。

人とつながって、コミュニケーションが成り立つために話しかける、又は文章を公開する。そのとき;

1)もう一歩の努力を相手がするようにと、読者や聴衆に語りかける。

2)相手が正しい積極思考になるようにと、働きかける。

3)相手に信頼感を伝える。

4)もっとシンプルに表現にする。

    ;なぜなら、情報の洪水に人はさらされているから。

5)相手に感覚的に気持ち良くさせる。論理でなく、感情レベルでの表現を使う。

    ;なぜなら、論理的な情報があふれている社会であるから。

6)人はつながっていると気持ちになると、肯定的な感情的なエネルギーを高めることができる。そして、シナジーエネルギーを高めることができる。

どうして大切なのか?それは、人とコミュニケートしてそしてほかの人とつながろうとする能力が、あなたの可能性を高める決定的な要素であるからです。我々が仕事で成果を上げるためにはも、他の人と一緒に共同で仕事をしなければなりません。効果的に人とコミュニケーションすることが、人生で最も重要です。

 才能は十分ではない。成功体験も、それは十分ではない。他の人々を導くためには、上手にコミュニケーションできるようになると、人とつながることができるようになる。 

2、キーワード 

そのために次のようなキーワードメッセージが、スピーチや文章に必ず入れていくようにする。

1、Do you care for me? 誰を対象にしているの? 

 ;不特定の人に対してでなくて、例えば私の場合、自分でビジネスを創業してきて、同じようにビジネスを創業していこうとする人や大企業で働く人を対象に文章を書いているし、話しかけるようにしている。

2、共通の関心が人々の間のつながりを作り上げていく。

;伝えたいのは、他の人を助けることがいつでもできることです。わたしがあなたがたに本当に気にかけていること、そのような人々とつながるために、コミュニケーションと相互交流のためにドアを開けている、というメッセージを発信しているのです。

その時から、わたしはあなたがたとわたしの両方について役に立つ何かを作り上げる可能性を持っていてことと、おたがいのよき関係は、よきアイデア、およびよきもの成長に働きかけることを目指している。

. Can you help me?

ポイントは“、現実の商品やサービスの特色をでなくて、何かお役にたちますか?と伝えることである。誰かの注意を引こうとすれば、役に立つことがあることを示すことかもしれない。

4、Can I trust you?

信頼はあらゆるビジネスで基本である。信頼は愛よりも重要である。

;どのようにして人つながるかを学ぼうとしたら、信頼を伝えるモデルになって生きることである。人々の心につながりたいという個人的なメッセージの代わりになるものはない。

自分自身よりも相手の興味を先におく。

その人への感謝を表せ、可能であるならばあなたが話すまでに聴衆にあって挨拶をする、話す準備に多くの時間をかけたことを相手に知らしめよ。

スピーチの後に喜んで質問に答えることを伝えて、相互交流するようにしなさい、時間を取ってもらったことに謝意を表しなさい、

3、見落としている項目はないか?

1) Openness ? “I will let people into my life.”

コミュニケーションは他人との共通の土台を発見することがすべてである。そして私の人生にあなたを招き入れたいことを伝えよ。

2)Humility ? “I will think of myself less so I can think of others more.”

人々にインパクトを与えたいのなら、あなたの成功を語るのでなく、あなたの失敗を話せ。あまりに多くの人が成功の話をしている。

3)、Get to the point.

よきコミュニケーションはリスナーが尋ねる、何がポイントとであるかを、伝えるになっているか?そうするために、何がポイントであるかを知っていて、始めなければならない。話し始める、書き始めるまでが、何がよきコミュニケーションの目的であるかを考え始める時期である。

4)Say it over and over and over again

何度も何度も話せ、

よき教師は学ぶ基本の法則、それは繰り返しであることを知っている。

人が理解して、あなたが言っていることを支持するのは、繰り返しである、

最初は聞いて、二度目は理解して、三度目は学ぶのである。

5) Say it clearly.

結局シンプルさは、コミュニケーターの弱点ではない、それは力である。

期待の感覚を作りあげて、リスナーと早くつながる方法を見つける。

質問をして、相互に交流するようにすると、長期に継続する関係としてつながる。

信頼感を与えて、他人を導くとき、他人を助ける機会を、えることができる。他人とつながらないならば、影響はわずかである。

;参考書籍

Everyone Communicates, Few Connect:What the Most Effective People Do Differently by John C. Maxwell. Copyright c 2010

by John C. Maxwell. Summarized by permission of the publisher, Thomas Nelson, Inc. 262 pages, $25.99, ISBN 978-0-7852-1425-0.