コミュニケートするが個人とつながらない(550)


Ⅰ、人とつながる意味 

もっとも効果的な人は、何か違った方法で書いて、話している。

この手法については、デザイナーなどのテクニックとしても応用されている。NHKの日曜美術館という番組でもあるデザイナーも話していた。それは、シンプルな表現にすることである。

人とつながる目的は、仲間を見つけだして、あなたの影響力を増やす方法でもって、読者や聴衆と関係を持つことである。人とつながっていない人は、われわれの時間を無駄にして、生産性を弱くしている。人とつながることとが、コミュニケーションのすべてである。

人とつながって、コミュニケーションが成り立つために話しかける、又は文章を公開する。そのとき;

1)もう一歩の努力を相手がするようにと、読者や聴衆に語りかける。

2)相手が正しい積極思考になるようにと、働きかける。

3)相手に信頼感を伝える。

4)もっとシンプルに表現にする。

    ;なぜなら、情報の洪水に人はさらされているから。

5)相手に感覚的に気持ち良くさせる。論理でなく、感情レベルでの表現を使う。

    ;なぜなら、論理的な情報があふれている社会であるから。

6)人はつながっていると気持ちになると、肯定的な感情的なエネルギーを高めることができる。そして、シナジーエネルギーを高めることができる。

どうして大切なのか?それは、人とコミュニケートしてそしてほかの人とつながろうとする能力が、あなたの可能性を高める決定的な要素であるからです。我々が仕事で成果を上げるためにはも、他の人と一緒に共同で仕事をしなければなりません。効果的に人とコミュニケーションすることが、人生で最も重要です。

 才能は十分ではない。成功体験も、それは十分ではない。他の人々を導くためには、上手にコミュニケーションできるようになると、人とつながることができるようになる。 

2、キーワード 

そのために次のようなキーワードメッセージが、スピーチや文章に必ず入れていくようにする。

1、Do you care for me? 誰を対象にしているの? 

 ;不特定の人に対してでなくて、例えば私の場合、自分でビジネスを創業してきて、同じようにビジネスを創業していこうとする人や大企業で働く人を対象に文章を書いているし、話しかけるようにしている。

2、共通の関心が人々の間のつながりを作り上げていく。

;伝えたいのは、他の人を助けることがいつでもできることです。わたしがあなたがたに本当に気にかけていること、そのような人々とつながるために、コミュニケーションと相互交流のためにドアを開けている、というメッセージを発信しているのです。

その時から、わたしはあなたがたとわたしの両方について役に立つ何かを作り上げる可能性を持っていてことと、おたがいのよき関係は、よきアイデア、およびよきもの成長に働きかけることを目指している。

. Can you help me?

ポイントは“、現実の商品やサービスの特色をでなくて、何かお役にたちますか?と伝えることである。誰かの注意を引こうとすれば、役に立つことがあることを示すことかもしれない。

4、Can I trust you?

信頼はあらゆるビジネスで基本である。信頼は愛よりも重要である。

;どのようにして人つながるかを学ぼうとしたら、信頼を伝えるモデルになって生きることである。人々の心につながりたいという個人的なメッセージの代わりになるものはない。

自分自身よりも相手の興味を先におく。

その人への感謝を表せ、可能であるならばあなたが話すまでに聴衆にあって挨拶をする、話す準備に多くの時間をかけたことを相手に知らしめよ。

スピーチの後に喜んで質問に答えることを伝えて、相互交流するようにしなさい、時間を取ってもらったことに謝意を表しなさい、

3、見落としている項目はないか?

1) Openness ? “I will let people into my life.”

コミュニケーションは他人との共通の土台を発見することがすべてである。そして私の人生にあなたを招き入れたいことを伝えよ。

2)Humility ? “I will think of myself less so I can think of others more.”

人々にインパクトを与えたいのなら、あなたの成功を語るのでなく、あなたの失敗を話せ。あまりに多くの人が成功の話をしている。

3)、Get to the point.

よきコミュニケーションはリスナーが尋ねる、何がポイントとであるかを、伝えるになっているか?そうするために、何がポイントであるかを知っていて、始めなければならない。話し始める、書き始めるまでが、何がよきコミュニケーションの目的であるかを考え始める時期である。

4)Say it over and over and over again

何度も何度も話せ、

よき教師は学ぶ基本の法則、それは繰り返しであることを知っている。

人が理解して、あなたが言っていることを支持するのは、繰り返しである、

最初は聞いて、二度目は理解して、三度目は学ぶのである。

5) Say it clearly.

結局シンプルさは、コミュニケーターの弱点ではない、それは力である。

期待の感覚を作りあげて、リスナーと早くつながる方法を見つける。

質問をして、相互に交流するようにすると、長期に継続する関係としてつながる。

信頼感を与えて、他人を導くとき、他人を助ける機会を、えることができる。他人とつながらないならば、影響はわずかである。

;参考書籍

Everyone Communicates, Few Connect:What the Most Effective People Do Differently by John C. Maxwell. Copyright c 2010

by John C. Maxwell. Summarized by permission of the publisher, Thomas Nelson, Inc. 262 pages, $25.99, ISBN 978-0-7852-1425-0.

Leave a Reply