空白のマーケット(584)


最近名刺のデザインなどについてYさんに相談したら、良い提案をしていただき、とても感謝している。また、法律の対処については、友人の高見さんから、わかりやすい情報をいただき感謝している。

同様にお世話になっているCさんから、、ボランティア活動と正当な費用の請求についての話を聞いて、それをヒントに、空白のマーケットについてまとめました。本来は文章583「本多静六」の続きを予定していましたが、その話に変えました。「本多静六」の続きは、今回の後にします。

 

 

1、誰が本当の顧客なのか

 

 

ボランティア活動と正当な費用の請求などは、別けて処理する必要がある。そうしないと、自分が生産的にならない。生産的でないとは、だれが一体本当の顧客であるのか、が分からないままに、長くつきあってしまってしまう恐れがある。それでは、自分の貴重な時間を使うというタイムマネジメントができていないことになってしまう。

生産的でないとは、付き合ってはいけない顧客と無意識的に漠然と、いつまでも付き合うことでもある。これは、これから誰が付き合うべき顧客であるか、は誰にとってもテーマである。

付き合ってはいけない顧客は、古い意識の業界の人である場合もある。コンサルティング費用を払おうとしない人の場合でもある。だからいつもだれが付き合うべき顧客は誰なのか、を自問していかねばならない。それと同時に、空白のマーケットがどこにあるのかについては、常にチェックしていくようにする。この空白のマーケットが、テーマです。

 

既存のマーケットに目を向けるのでなく、これからマーケットはどこにあるのか?空白のマーケットは何なのか? を探す努力をすることに、仕事と人生の成功は、左右されるかもしれない。

 

そして、このようなことに気がついたなら、即修正して、即行動できるかどうかに、コーチやコンサルティングの成功はかかっている。また、これはどこの分野の仕事をしている人にも当てはまる、。正当なお金を支払ってくれる顧客はどこにいるのかの発見への探求を、われわれは、いつもする必要ががある。

 

そして、一連のこのようなことに気がついたなら、即修正して即行動をすべきなのです。ビジネスや投資においては、この間違いが分かれば、まさにこの即修正して即行動をすることができれば、なにも問題はない。

またプロフェッショナルな友人は財産である。でも、自分がプロフェッショナルであると思っている人は、プロフェッショナルな人を尊敬するし、すぐにある専門分野のことを聞く友人に、知らないことを聞こうとすることを習慣とすることも、大切である。

反対にたとえ、プロフェッショナルな人から貴重な情報をもらっても、そうでない人は感謝の気持ちを表すこともしない。この違い、友を財産とできるか、がを、幸福と貧困ともつながっている。

この即感謝を表す人は、幸福と深くつながっている。感謝を表さない人は、貧困につながっていることが見えるだろうか?これらの繁栄、幸福と貧困、は、すべて人を見分ける力から生まれている。

自分の本当の顧客はどこにいるのだろうか?多くの場合、その顧客は自分が想像している分野にないことが多いの。その顧客は、周辺分野にいて、その顧客は、意外なところにいる。そして本当の顧客がわかれば、その顧客を育てることである。

 

 

2、空白のマーケット

 

 

本当の顧客はどこにいるのか?

その顧客は周辺分野にいて、

意外なところに空白のマーケットがある。

空白のマーケットはなになのか?

顧客はどこにいるのかの発見などの努力のなかに、幸運の女神がほほ笑んでいる。

 

顧客を作る ことをしているだろうか?

後は気がついたときに、即修正 と即行動 をしているだろうか? 

 

3、       このような発見は、問題は解決されると、あとはとっても簡単に処理できるという事実の発見なのである。

 

 

 問題解決にとって明らかになるたいていのことは、それらはほとんどいつも単純であるということだ。しかし誰もが男も女も、この単純なことを理解しないで、いつも物事を複雑に見てしまうという傾向がある。

そしてこの物事を複雑に見てしまうという人の傾向を知っておくことは、大切だ。この問題をいつまでも解決できない人は、成長できない。

そして、多くの問題は解決されると、後はとても簡単に処理できるという事実である。

4、紙に書いてみること

 

自分のアイデア、計画、プロジェクト、などをまるで子供を相手に説明するように、簡単にまず書いてみるようにする。説明が長くなっていけば、簡単さは巧く働かない。

普通の人に理解されて役に立たなければ、アイデア、プログラム、プロジェクトなども役に立たない。思いついたなら,紙に書くようにする。書かなければ、問題が明らかにならない。

 

 

5、あまりに多くの情報に対抗する最善の武器は、われわれが持っている常識である。

常識を信頼して、常識を使って判断することが大切である。これはイギリス人の経験主義と同じである。このアドバイスに従うならば、ほとんどの問題の解決については、簡単に考えることが、取り越し苦労に終わらせないためにもるに分かるはずだ。

人が何をすべきであるとか、人からどのように言われても。この常識が判断量にどのような指示を自分に与えているだろうか?を思い出してみる。物しりになりたいのか?それとも、ある分野で成果を上げたいのか?

あまりに情報が多い時には、この簡単に考えることが役に立つ。

Leave a Reply