アイデアに賭ける意志(589)


1、
モデルを持つことと小集団の生産性

 

 

ロールモデルを持つ

 

尊敬するロールモデルを持つことが、繁栄の基礎となる。このロールモデルを持つことから、人も企業も成長ができるようになっていく。このロールモデルを持つことは、いつも対話できる人を師として持つことで、文章583と585で本多静六氏について述べた。

 

対話の関係、10人以下、25人以下のルール

 

生産性を上げるには、1対1の対話の関係、10人以下の小集団、25人以下の小グループに分けることである。もっと多くの人を対象としては、セミナーのような形がある。この小集団にすることによって生産性を上げることは、ルールである。

 

サークルの形にして部屋の机を並べて、対話ができる教室の形にする。それが、学校や職場で望ましい。文章580のティナシ―リグの人生を変える授業においても、サークルの形での授業が行われている。サークルの形にして、起業家精神歓迎、アイデア歓迎、失敗も歓迎する人間になることなのである。

 

しかしこのルールを無視している場所がある。それは日本の学校の机の並び方で、今なお生産性を無視している。現実は小集団での教育は、現実の日本の学校教育や職場で行われていないことが多い。仕事の部屋において、25人以上のグループの集団で仕事をしていて、安心している人がいまなおいる。

 

小集団の生産性を上げるには、孤独の時間を持つことでもある。ロールモデルを持つことと小集団の生産性、そして孤独の生産性を採用する。

 

 

2、偉さを学び、人まねではだめ

 

 

ロールモデルを持つこと、小集団の採用、孤独の時間の環境を作れば、あとは、アイデアを活用することを優先するマネジメントに取り組む。学校も仕事もアイデアを出す場に変わっていくようにしなければならない。

 

アイデアの重視による継続的な改善の実行が、学校や仕事の内容を変えていく。それが成長をもたらす。これが今回のテーマである。加えて、教育の現場が最も遅れているのである。それは、机の並べ方である。小集団の働きやスポーツチーム活動を利用して生産性を高めることである。

 

アイデアのマネジメントをマスターするには、どれだけ多くのアイデアを具体化にだしたのかの回数が人には必要である。これは、失敗から学ぶことと合わせて、仕事に結びつけるアイデアを歓迎して実行していく。

 

文章585本多静六で、このように書いた。

「どこか及ばない偉さのある人や企業から、どこか及ばない偉さを学ぶことである。しかし同時に単なる人まねではだめであること、自戒しなければならない。」この人まねでないアイデアの実行である

 

どこか及ばない偉さを学ぶは、モデリングをすることである。併せて、人まねではだめの意味は、アイデアをいくつも出せる人間に変わっていくことである。そして継続的改善の実行をしていく。反対にそうして自分で創造的に考えることをしなないで、この単なる人まねでは、成長は実現できない。

 

 

3、アイデアに賭ける意志

 

 

アイデア中心のマネジメントによって、企業も学校も変わっていく。リーダーは、そのためにアイデアに賭ける意思を表す。

これは、継続的な改善とイノベーションを中心にする人になる意思を、経営者がまず表すことである。

 

お人まねではだめの意味は、アイデアを歓迎して、どれだけ多くの仕事に関係するアイデアを出して、仕事に関する問題を解決したかを、実行することである。

自分や自社でしかなしえない優れたアイデアを、もっともっと作り上げていく。このアイ

デア歓迎が多くの成果を上げ、人と企業を未来に向けて変えていく。

 

 

4、日本国内は、新技術の開発、新製品の設計、投資に集中

 

 

改善のプログラムを作り上げる意志をリードするのがリーダーである。そして次々にアデ

アを作り上げていく。そのアイデアは新技術の開発となり、新製品の設計となり、

それらに企業は集中する。また成長すると考えられる分野の投資に集中することである。

このような分野に経営資源に集中する。

 

新技術の開発、新製品の設計、投資などが主力分野となっていく。後の人は、海外で発展する国の仕事をする。それ以外の国内の人は、ヨーロッパのような高失業率となることはグローバリゼーションとIT革命が世界中に影響して、避けられない。

 

それぞれに企業や人にとって違いをもたらすものは何だろうか?

そのいくつかの違いをもたらすアイデアに集中する。同時にこのようなビジョン以外は、すべてアウトソースできるのである。

 

そして次々と聖域と思われていた分野にメスを入れていくる。アウトソースできる分野はできるだけ外部に委託するようにする。優先順位が後の分野は、アウトソースするか、または止めるのである。

 

この結果扱う商品ラインナップは、非常に少なくなっていく。これこそが成功する経営である。それをスティーブンジョブスはアップルでそうした。反対にパナソニックやソニーなどの日本の企業はアイテム数を反対に増やした。

 

このようにして自信を育てていくと、よりたくましく生きていけるようになる。仲間にもその成功は伝染する。このようなアイデアの奨励がリーダーの主たる仕事となっていく。アイデア中心の仕事に変換していくことは、創造をリードする企業や人間になることをリードするのが、リーダーである。

 

アイデア中心の企業は、新技術の研究開発や新製品の設計に集中する。扱うラインナップは少なくなる。このビジョンから外れる分野は従来から聖域と思われていた分野であってもアウトソースする。

 

そして他の人や他の企業よりも優れている少数の分野に絞り込んで、よりそれを伸ばす。

これがアイデアに賭ける意志の経営となり、未来の成長分野に賭けるリーダーのビジョンである。

 

5、まとめ

アイデアに賭ける意志

 新技術の開発

新製品の設計

創造をリードする

Leave a Reply