長所を伸ばす(590)


1、 経営の名著

経営の名著と呼ばれている本は、たいてい学者が書いる本でないことが多い。それらは、学者の著作でもない場合がある。それでは経営に関する名著とは、何に関する本であろうか?

それらは、むしろ芸術の世界に近いのかもしれない。なぜなら、共に優れた経営に関する本も芸術も、それらは洞察力と直感に基づいたビジョンや体験に関係する著作でありであり、それがほかの学問などとは異なるからである。

経営の名著は、むしろ芸術の世界に近いのかもしれない。なぜなら、共に優れた経営に関する本も芸術も、それらは洞察力と直感に基づいたビジョンと体験からの著作であり、それが、ほかの学問などとは異なるからである。

 

 

2、       能力を伸ばす道を選ぶ

 

逆境は、人間が二つの道のどちらかを選ぶのかどうか、すなわち、自分だけの個性を伸ばそうとするのか、それとも妥協する人生を選ぶ人間になるのか、の分岐点になる。結局あらゆる時に、リーダーとなろうとする人は、自分に与えられた長所を伸ばす能力を伸ばす道を選ぼうとするのである。

たとえ選んだその道が否定的な結果になったとしてでも、たとえ悪運を断ち切って、個性を伸ばし、能力を伸ばすそうとする道を選ぶ人が、強くなっていく。それゆえに、逆境においてあなただけに与えられた強みを伸ばす道を選ぶことが、リーダーとしてだけでなく、人間としての核心を作りあげていく。

 同時に自分に与えられた才能を伸ばそうとする努力は、あなたがほかの人とあなたの才能を共有しようとする試みでもある。チームワークに生きることである

3、       未来を作るメッセージ

 あなたが夢中になっているものは何なのかについて、まず理解してください。人生がどのようになったとしても、あなたが立ち止まることができないものは何なのかについて、まず考えて見る。そして孤独になり、瞑想するようにする。このような時間を持つことがあなたの長所を明らかにしていく。

そしてあなたの毎日の行動が未来を作る理想にふさわしいものになっているかどうかを、孤独と瞑想の後で、自分で判断してみる。

集中力に焦点を当てて、勉強したことをどのように生かすかを考えて、何かの問題を解決し、何かを創造をするのである。

 その時に、人は未来を作るメッセージと共に生きることの大切さがわかってくるだろう。

4、70%と25%と5%のエネルギーを使うバランス

 

意識が集中した生き方をしているかどうかについて、自分自身を評価していく。そのためには、我々のエネルギー集中させる70%は、自分の強みに集中するようにする。何かを達成できる人とは、うまくできる分野以上に私たちが上手にできることを、さらに上手にできるようにと、エネルギーを集中させる人である。

 

残りの25%のエネルギーは、新しい分野に集中するのがよい。我々にとって成長とは、変化し続けることと同じである。もしも私たちが現在の状態よりもよくなりたいのであれば、いつになっても、自分の専門分野と生活について、変化して改良し続けることにある。

そして5%のエネルギーは、自分の弱点に集中するようにする。

もし何かで卓越しようとするならば、あなたのエネルギーの割り当ての比率は、このようなになっているだろうか?そして付加価値を生み出さない作業があれば、それはより短時間にするか、アウトソースするようにする。

5、貢献できる分野

 

この自分のエネルギーの70%、25%、5%のエネルギー配分をする人がプロフェッショナルを目指す人である。この集中する分野を改善するためには、自分の弱いところうまくできない分野については、コーチやコンサルタトなどのなどの他の人に任せるようにしているだろうか?

このようにして、あなたの優位性を作りあげるように今、しているだろか?

 

あなたの強さの主要な部分を次の段階に引き上げるのは何だろうか?

あなたが本当に大切にしているこの70%ものを取り出して、長所を伸ばすことから利益を得る方法を思い出してみるとよい。それを人に与えてあげるような行動をしているだろうか?これがほかの人が代替できないあなただけが貢献できる分野である。

貢献する意識は、儲けを長期に達成儲している人からしか生まれてこない。繁栄を達成している人からしか、社会への貢献や慈善事業への貢献などは生まれてこないのである。

 

6、情熱

 

リーダーになろうとする人は、お金をあなたよりも、長く生きる者のために働かせようとする人である。一方いくつの年齢になっても、お金を長く生きる者のために使おう考えることができないで人は、繁栄を実現できていない人である。貢献などかんがえることなく、人生を終わる人もいる。

他の人に代替できない人になろうとする人であるならば、誰かメンターになる人やまたはと呼ぶ人を、人は当然必要としている。あなたが与えねばならない最も価値があることは、それは実はわれわれ自身のことなのである。

 我々自身を知るためには、まずあなたの体温を測ってください。体温を測るとは、どれくらい70%のエネルギーを与える分野に情熱を持っているか、を我々が知るためである。

それはあなただけの仕事が問題を解決して、創造に寄与するのかについて、どれほど我々が情熱的ですか?と自問すればよい。

熱意が人生の違いを作るものであることを信じるまでは、人は情熱的にはならないだろう、ということを信じているかどうかである。情熱があって失敗と改良を重ねていれば、いつかは幸運の女神は近づいてくる。情熱があれば、運が強いことも次第にわかってくる。

われわれは、時には子供のころ最初に愛したものに戻るのがよいだろう。

仕事を始めてスタートした時に戻るのがよいだろう。子供のころに戻って、その時は何時間も何時間も何にしていただろうか?そして再びこのような情熱を我々は取り戻す必要がある。

それは古く愛したものの光の下で、今一度、自分自身の人生と仕事を再評価するためである。

そして私たち自身が情熱を持っている人々とつながるようにする。

毎日あなたを情熱が満たす時間に集中する。なぜなら、情熱は伝わりやすいものだから。

 

この70%のエネルギーを使う長所を伸ばす分野を、現在の経済危機の時にこそ、徹底的にやる。繰り返しやる、継続してやる。それは問題の解決のためのアイデアを見つけることであり、創造的な仕事に収斂していく。この長所を伸ばす、情熱が運を強くするようなプロセスが、下町ロケットの主人公のように、物心ともに成果と繁栄に導く。

 

 

5、まとめ

 

 

長所を伸ばす

情熱が運を強くする

下町ロケット

Leave a Reply