仕事に没頭する1(593)


仕事に没頭するは、以下についての、わたしによる翻案です。この2回にわたる「仕事に没頭する」と前回の「新リーダーシップの真実」については、セミナーで話をした内容でもあります。

The author: Brian Tracy is chairman and CEO of Brian Tracy
International, a company specializing in the training and development

of individuals and organizations.

Full Engagement: Inspire, Motivate and Bring Out the Best
in Your People
by Brian Tracy. Copyright © 2011 by Brian Tracy.

978-0-8144-1689-1. To purchase this book, go to www.amazon.com or
www.bn.com.

 

Ⅰ、ほとんどの人は50%の能力で仕事をしている

 

たいていの人は50%の能力で仕事をしている。不明確な職務規定、優先順位があいまい、貧弱なマネジメント、方向性、フィードバックがないことなどによって、50%は仕事に関係ない活動をしている。

ナポレオンが言うように、よき将軍の下では悪い兵隊はいない。平均的な成果を上げる兵を、明確なビジョンを持ったよきリーダーは、考えられない結果を生み出す人間に人を変えていくのである。

ドラッカーが言うように、仕事の言葉として、成功と言う代わりに貢献と言う言葉を使うにことが望ましい。貢献という言葉を使い始めていくと、人を肯定的な生き方に変えていくからである。

2、幸福に人をする

 

 

人を動かす言葉は、それは誰もが幸福でありたいという気持ちを理解することにある。

ビジネスで最も重要な質問は、顧客を作り、顧客を維持するために、信頼を作ることである。その答えは簡単で、それは、社員と消費者を、幸せにすることにある。

あなたと一緒に仕事をしている社員を、まず幸せにすることである。

幸せな社員にするには、物理的に、感情的に、精神的に、あなたは喜んで社員が貢献するために何をしているだろうか?を自問することから始まる。

どのようにして継続的に仕事を良くするための方法を、社員が探すようにしているだろうか?答えは、最初になによりもハッピーに、社員と消費者をすることをしていくことである。

3、社員がピークパフォーマンスを作るために6つのアイデア

 

このピークパフォーマンスを作るアイデアとして、次を実行することである。

1)毎日初めて会う誰でも社員にむかって、スマイルをして、褒めるようにしていく。

2)今日気分はどうか、うまく進んでいるか、と本当に仲間の人々に興味を示す時、社員は彼らが大切で尊敬されていて、重要に感じるようになっていくのである。

 

3.) 丁寧に、いつも礼儀を持ってして社員に話す。彼らに才能があって知性があって、彼らに仕事を達成するようにと話しかけていくことである。

4)いつもありがとう、を社員に言う、彼らがする何に対しても、小さなことも大きなこと何に対しても、ありがとう、と言う。

.

5)仲間であることを.人々にいつも伝えている。

最も満足している社員は、仲間であることを知らされている。あらゆることがどのように進んでいるか、について、いつも知らされている。このような仲間である絆が、仕事に影響していく。

.

6)、改善をするようにといつも社員が行動するようにと勇気づけている、仕事を良くして、どのような形ででも改善することは、シンプルで簡単でできるからである。

 

やる気にさせる心理学(ホーソン実験)によって

個人をやる気にさせることについての画期的な理解は進んだ。それは、1928年のシカゴ郊外のウェスタンエレクトリックでのホーソンの実験が行われた。

テイラーの科学的管理の原則に従い、人間関係の専門家はモーターの組み立てをする女性の生産性を高めるために様々な方法で実験をすることを決めた。その実験からは、

 

 

4、    自己の理想

 

 

誰にも必要なのは、明らかな、エキサイティングな、ひらめきを与えるビジョンであって、ビジョンは、ミッション、目的、ゴールと結びついている。

ビジョンは、無意識の必要を満足させるものであり、それはあらゆる仕事において、個人的生活で高い理想を求め達成しようとするものである。ビジョンは仕事とつながっている。

 

セルフイメージの第一は、自分をどのように見るかである。

セルフイメージの第2は、ほかの人があなたをどう見るかである。肯定的にほかの人があなたを見ていると考えていくならば、肯定的に行動しようとあなたもするだろう。

 

5、人に大切さを感じさせる

最善の成果を上げるためのやる気にさせるカギは、自分を大切にする気持ちに仲間を導くことである。その気持ちは、自信と尊敬を人にもたらしていく。あらゆる人は、よき仕事を、早くするという無限の可能性を持っているからである。

人は創造性の無限の巨大な貯蔵庫である。問題を解決すること、ゴールを達成するのが人間である。でもあなたは人をやる気にさせられない、ただそのための環境を作りあげていくのがあなたの仕事である。

 

6、人を破壊する批判と不満

 

 

人を破壊する批判は、不毛なもので、それは、すべての否定的な感情を蔓延させていく。

破壊的な批判は、狂気と失敗の恐怖を高めていく。数年にわたり人を怒らせ防御的にもさせていく。それゆえに、仲間から最善を引き出す第1は、あなたの単語からいかなる理由があっても、破壊的な批判を取り除くことにある。

いかなる理由があっても、批判しないようにするのである。そして、攻撃しないこと、侮辱しないことである。

代わりに人のよき何かを探すことである。よき管理者は、問題は解決させるものとして、克服されるものとして考えていくのである。

不満を言わない

 

 

いかなる理由でも辞めなければならないのは、不満を言うことである。

批判も不満もやめなければならない理由は、それが、人を壊していくからである。

劣っていること不十分である感情を、不満が作っていくからである。

何か誰かに不満を言う時、あなたの自信と尊敬のレベルが低下していく事を自覚するようにする。他の人をさげすむと、それは自分に返ってくる。この自然の法則で避けることができない。

 

 

恐怖を取り去る

成功、幸福、達成、生産性の最も大きい人生のあらゆる分野で最大の障害は、恐怖の気持ちをもつことにある。

恐怖は、最も大きな人間の敵である。多くの人格は、あらゆる恐怖などの要因でもって破壊され弱くされていくものである。恐怖を少なくして除去することが、幸福や自己実現をするための鍵である。

.

恐ろしい職場の恐怖の気持ちの反対は、イノベーション、創造性、増えていく生産性なのである。

誰もが恐れを抱くことのない環境を作り上げてその下で、仕事をさらによくすることに焦点をあてていくようにする。

(つづく)

 

Leave a Reply