仕事に没頭する2(593)


7、誇りを持ち自己を実現する

最も重要な要因は信頼である。信頼の大切さは、自分でビジネスをしようとする人しかわからない。やがて信頼は、注意とエネルギーは仕事を良くすることに振り向けられていく。

アブラハムマズローは、自分を誇りに思う気持ちと自己実現が実現していく重要さを述べている。恐怖を追い出す時に、その後に表れてくるのは、その2つが実現するものとしての、最も生産的な人間があらわれてくるのである。

そのためには、失敗の不安をとりのぞくことである。

失敗の不安を取り除く有力な方法は、私はできる、心に抱く何でもできる、という言葉を繰り返すことによって、自信が高まっていくのである。

.

この不思議な言葉を何回も言う時に、否定的なメッセージを子供のころからの初期からの記憶を取り除くことができるようになっていく。その時に、あなた自身の新しいパーソナリティを作ることができるようになっていくのである。

8、勝利の気持ちをつくりあげる

結果を生み出し自分が貴重であり効果的であると感じるためには、誰もが勝者である気持ちを体験していくことにある。どうしたら勝者のような人になるのだろうか?それは勝者のような感情的喜びと満足を得るときにおいてである。

 リーダーは多くの時間を人がこのような感情的な喜びと勝者の様な気持を感じさせるような仕事を作りだすことが、その仕事である。

最善を期待する

人事部の幹部がたどりついた結論は、部下の才能と能力について肯定的な期待を表すことである。リーダーは、最善の時間に、最善を達成する、ことを人に期待することである。

リーダーが何を期待し望んでいるかを知ることは部下の役割である。一方リーダーの仕事は、そのような仕事の環境を提供することである。

9、勝利のための5つのステップ

私たちが勝利の感情を作りだすためにステップとしては、次の5つの要素がある。

生産的なエネルギーの流れと、改善への熱意と、卓越さを作り出すのが、リーダーの仕事である。

Step 1.)わかりやすいゴール

 

わかりやすい具体的な書かれた時間が決められているゴールの設定が、なくてはならない。勝利の気持ちをえることができて、勝者のような気持ちになることができるゴールを設定することである。

Step 2. )具体的な手順.

 仕事をどのようにして完成させていくのか?何をしなければならないか?を知っていなければならない。この手順なしでは、宗教のような説話になってしまう。

Step 3.成功体験 The Success Experience.

勝者の気持ちを感じるには、ゴールを達成するような成功体験である、ゴールの達成によって、勝利の気持、成功体験をえることができるようにしていく。この成功体験の達成なしで、話を勧めてはいけない。

Step 4.)達成したことを認める

あらゆる人は、個人が達成したことを認められる機会が必要である。特にその上司によって認められる必要がある。それは、褒めることである。もし誰からも褒めてもらうことがなければ、高石ともやの歌のように、自分で自分を褒めてやるのである。

Step 5.)具体的な又はそうでない報酬

仕事を決められた時間にしたことに賞賛して褒めることである。特に優れた結果についてはある種の報酬を与えることである。それは経済的に、精神的にも報酬を与えるである。これは自分で自分を褒めてやることでもある。

10、正しい人を選ぶ

まずその人が間違った人であるならば、ゴールを達成できないと言う事実である。われわれの仕事は間違った人を変えていこうとすることではない。リーダーとしての能力は、正しい人を選ぶことである。それに仕事の成功の95%はかかっている。

驚くことは間違った人を選んでいる事実の検討である。それが、フラストレーションと失望をもたらしている。あらゆる成果は、正しい人を選んでいるかの再検討である。

ドラッカーが言うように仕事に三分の一は優れた人を選ぶ。三分の一は普通の人である。三分の一の人は、受け入れることができない人である。この三分の一の人を変えることである。

.リーダーの仕事は結果を作ることである。結果を作るとは、具体的で、測定できて、時間が限られているものでなければならないである。

 

11、最善であるためには、あなたとチームが応用していく学ぶための原則がある。

 

 

Principle : 創造性を解き放つ

あなたの内なる天才を解き放つために創造性を解き放つには、3つの事が必要である。

 (1) 集中して持続して求めていくゴールを決める

 (2) 差し迫った問題としてのゴールを明らかにする

 (3) 的をえた質問をお互いにしていく

これらに焦点を合わせて心を集中して、それを持続する。

Principle : ひたむきに集中をする

或る時に一つのことに集中する。それが達成できるまでは、持続して集中する能力である。達成できるまで集中する能力を使っているだろうか?

 

Principle : 勇気

成功するまではリスクを引き受ける勇気を育てなければならない。前例がないことを試みる勇気である。そして今の状態から出ていくことである。

 

Principle : あらかじめあらゆる詳細を計画する

あなたの計画する能力、あらかじめ紙に書くことが、多いに未来を決定する。期待される結果について計画することが重要である

 

Principle : あらゆる段階で正しいスタッフを選ぶ

リーダーとしての成功の95%はあなたが選んだ仕事をすることを助けてくれる人によってきまる。

Principle 6;Just Do It

成功するリーダーは、結果の問題解決と行動に集中していく。でも最も大切なのは、すぐに行動することである。

良いアイデアを聞いたときに。早く行動することである、行動によって理解できるのが経営であるから、そうすべきである。

12、まとめ

  この「仕事に没頭する」は、次のように要約されるである。

  • それぞれの人の可能性を追求する
  • 最高の成果を上げるように、やる気にさせて、影響を与える
  • 生産性を最大化させるファクターに火をつける
  • 人々をおさえつけている不安と恐怖を追い払う
  • 高い仕事の信頼の環境を作る
  • 明確なゴールと目的をつくる
  • あらゆる仲間を元気づける方法で褒める、そして報酬を与える

 

Leave a Reply