信頼2(595)


5(1)、われわれは大きな全体の、コミュニティや生命の一部である

全てのリーダーは、共有した価値を確かな現実にしなければならない。

組織の全ての人は、基礎的な信念を大切にすることである。その信念が、意思決定と行動と原則の方向を決めるものであることを、理解しなければならない。信念は、仕事と人生で起こってくる避けられない戦いを生き抜く土台を作り上げるからである。

信頼は、個人の出発点となっていく。全てのメンバーは、成果をあげるためには、共通した価値に一致する行動をするようにしなければならない。これらの価値に参加する意味は、われわれは、大きな全体の一部であることをメンバーが理解することである。

私たちが生き残ることも、成功することも、目的と原則に密接に関係している。それは、わたしたちは、コミュニティの一部であることを理解することである。

仲間も共有した価値から利益を得る。仲間は、彼らの価値と組織の共通する価値を信ずる時に、やる気になっていくのである。

わたしたちが、することに没頭するためには、創造的に、またイノベイティブになっていかねばならないのである。そうしてコミュニケーションの正確性は高められていくと、意思決定の完全さも高められていくのである。

 

 

5(2)共有した価値を使う

 

 

違いを作るため共有した価値を使うようにしていく。共有した価値は、わたしたちが

産的になり、本当の働くための基礎である。信頼できるリーダーは、多くの関係を構成するものの多様性を尊敬すると同時に、共通点も強調する人である。

各部門のユニークで必要なものに注意を払う。一方、お互いを結びつける共通の価値と基準についての強い感覚ももつようにしていく人になる。

一緒に効率的に働くため、人はいくつかの基本なことに同意をしなければならない。一緒に働くためには、コミュニティを作りあげていくための核を、われわれは必要としている。共有した価値は、意思決定と行動のための共通した基準をわれわれに与えてくれる。

共有した価値は、重要な事故などを扱う時にガイダンスを与えてくれる。

それらは、お互いに対処する基準として、顧客への対処の仕方やビジネスパートナーの交渉の仕方を、人々に知らせてくれる。

報奨をえる行動や非難されるべき行動のガイダンスとしても、共通した価値は役に立つ。

共有した価値は、倫理的な矛盾に揺さぶられるときに、進むべき場所を誰にも与えてくれる。共有した価値を理解するときに、それがほかの人と一緒に働くときの究通の共通の言葉となる。

個人とグループの組織の価値が一致するとき、とんでもないエネルギーが生み出されていく。その時に、参加、情熱、力が強いものとなっていくのである。個人はもっと効果的となる。

なぜなら、その時に人は、意味のあることをしていることを、知っているからである。その時に、ストレスや緊張が少なくなっていくことを人は、経験していく。

5つの必須の構成するものは、人はその能力を高め、自由に責任ある方法でだれもが行動するようになる。

 

• Competence.人は話したことをする能力としての技能と知識を持たねばならない。

• Choice. 信じたことに基づいて、選択する自由を持たねばならない。

• Climate.リスクを引き受け、実験をする勇気を育てる文化を我々は持たねばならない。

 • Communication. 仲間が最新でいるためのコミュニケーションとして、常に情報を伝えられねばならない。

 

 

6、事例で持って導く

あなたは事例で持って人を導こうとするのか?又は文章を事例で持って説明するか?それとも全く事例を使わないか、のどちらかを選ばねばならないのである。これは、私が文章を書くときの自戒の言葉にもなっている。

信頼できる人とは、約束したことを行動する人である。リーダーは、自分でしていないことを仲間に求めはしない人でもある。この基準を、リーダーは大切にしていかなればならない。

これらの重要さを、8月から11月までのセミナーで、私は、参加者の意見を聞いて改めて確認した。信頼できるリーダーとは、約束することとその実行の準備に、中心的な役割を果たす人である。

7、目的に生きるとは、奉仕するリーダーになること

信頼できるリーダーは、目的に奉仕する。彼らは、その目的が、社会をリードしていき、人に役立てようとする事を知っている。目的が、組織を導く原則を作る。そのための事例を作る。同意してきたことをするということを最優先する。

.

目的に役立てるには、自分のためではなく、組織への興味を示すことによって、信頼をあなたは強くしていくことができる。

奉仕するとは心の中にあることではない。他の人に役立つとは、すべてのリーダーの仕事で最も光栄で報酬が得られることである。

奉仕するリーダーシップは、新しい考え方ではない。ロバートグリーンリーフは以前に指摘したのは、偉大なリーダーとは、まず、第一に奉仕する人のことである、と言う。このシンプルな事実を、偉大なリーダーの鍵は、フォーチュン誌の50人の経営者として30年以上過ごしてきた彼が話す。

その回顧によれば、彼が、成功するビジネス及びプロフェッショナルの人から学んできて観察してきたのは、奉仕の考え方である。奉仕するリーダーの考え方は、成功する人や成功するリーダーのことである。奉仕とは、他の人に役立つという考え方である。

奉仕するリーダーは、ほかの人が喜んで従おうとすることを可能とするリーダーシップの形である。奉仕するリーダーは、自分のことよりも、ほかの人々を第一におくリーダーである。

成功の基準は、人の成長に奉仕することであり、もっと健康になり、賢くなり、自由になり、もっと自立すること、もっと能力を高めるということに仕えることである。それは、成功の基準でもある。奉仕するリーダーは成功する人でもある。

これはテレビのリアリティショウのイメージではない。現実世界でのものがうまく働くための方法である。人々は、彼らのゴールが、リーダーが個人的に豊かにするような自分のために働くのでなく、リーダーに自主的に従うことでもない。

自分の関心以上に、ほかの人の利益に重きを置くリーダーにのみ、人は従うのである。

. (つづく)

Leave a Reply