学びあう仲間2(596)


5、仲間と一緒に学ぶ

仲間と一緒に学ぶことには、3つの次元がある。第1に複雑な問題について洞察力をもって考える必要があるということ。それは、仲間は、一人の心よりも多くの人の心を統合することによって、さらに知的になる事を学ぶためである。

仲間と一緒に学ぶという可能性は、この多くの人の心を統合することによってである。そのためには、いかにアプローチするかを学ぶことである。そうして、もっともっと知的になることができるようになる。

第2にイノベイティブでコーディネイトされた行動のためには必要なことがある。

それはスポーツチームのチャンピオンチーム、または偉大なジャズアンサンブルに学ぶことである。によって、このようにスポーツとジャズのチームに学ぶのである。

あらゆる組織での卓越したチームになろうとする人は、このようなスポーツチームの仲間の関係から、もっともっと学ぶことができるのである。

それはオペレイショナルな信頼で、各々のメンバーがほかのメンバーのことを意識的に考えているか、ということを学ぶからである。

われわれが、他の人の行動を補う行動をすることに信頼しているか、ということである。前回のような信頼があれば、わたしたちは、ほかの人を補う人間になることができる。

第3は、仲間のチームメンバーには、役割があると言うことである。それぞれの人に役割があることを学ぶのである。

チームは、たいていの上級レベルのチームから学んでいる、ということである。このように学ぶチームは、ほかの学ぶ仲間やチームを育てているのである。

 

 

6、変化に導くためのモデル

 

 

反省することは、開かれた心に特徴である。その第一ステップは、深く聞くことと本当の会話からである。これは言うに易く行うに難しい。なぜなら、練習をマスターしている人が知っていることは、喜んで自分自身をオープンにすること、なぜなら、オープンにすることは傷つきやすいことを知っているからである。

学ぶチームを作るためには、困難な仕事を引き受けるように人を駆り立てていくという明らかな特徴がある。ある人は、いかに乗り越えて変化に導くかのためのモデルを人は探そうとしているからである。

学ぶ仲間を作ろうとする人は、喜んでもっと困難な問題に取り組むためには、心地よいゾーンを超えて、危険を冒してしようとする。勝利のために失敗をさえ喜んでしようとする人が求められている。

最も重要なことの追求に生きようとするならば、大切にする友情をシェアする人と一緒に仕事をしようとするならば、人は幸福を手に入れることができるようになる。

この意味において、幸福は、人生の副産物である。幸福は、友情をシェアする人や共に学ぶ人を、やる気にさせるのである。

 

 

7、まとめ

1)
Integrating learning and working. 学ぶことと仕事を一緒にする

 

仕事にかかわることができて、精神的に学ぶことと反省を統合する文化は、よき意思決定の道を、私たちに開いてくれる。仕事が遊びであるようにする。その道は、人が本当に仕事にかかわり、学ぶことと反省をすることからである。

.

2). Creating practice fields. 練習する場をつくる

 

練習の場のアイデアとは、練習する機会なしには、何か新しいものを学ぶことは、全く難しい、という事を教えてくれる。

3). Connecting with the core of the business.ビジネスの核とつながっている。

チームに根を張っている練習と新しいアイデアが、肥沃な土壌にならなければならない。成功する学びの練習をする者は、どのようにチームの核につながっているかを学ぶ。

深いレベルの個人仲間とのアイデンテティ、そしていかに自然と生き物に学びチームは価値を作っていくか、ということである。

.

4). Building learning communities. 学び続けるコミュニティを作り上げる

 

意味のある質問や願望がチームのエッセンスとつながるときに、コミュニティは発展していく。新しい学びあうコミュティとネットワークの関係は、共通の意味、共通の目的をもつことを基礎とする。それが、リーダーの戦略と結果となっていく。

私たちは、作り上げていかなければならないのは、この学び続けるコミュティである。

5).Working with “The Other.” ほかの人や外国人と一緒に仕事をする

この仲間を構成する人の多様性が、リーダーにとって成功に導くカギとなる、政治的な正しさや感情をこえてである。だから外国人を仲間にするのである。

8、自然とともに

生命の歴史から自然と生き物のパタンを学び、それを応用することが、学ぶことの、すべてのイノベーションの底辺に浸透していくようにしていくことである。

経営者が企業を発展させるための変化のためのコアプロセスとしては、学ぶ人にかかわっていくことである。

 

それは、人間の性質としての洞察の反省のプロセスにかかわっている。

人間として成長したいという生まれつきの願望、とお互いの関係と言う関係を強めると言う、この成長と絆を強くするこが、変化のためのコアプロセスである。

学ぶことに関して仕事の基礎になっている第1の原理は、自然と一致したマネジメントのシステムを発展させていくことである。この人間においてもっと基本的に駆り立てることを学ぶことである。

次の10年で最も重要なリーダーの多くは,境界から生まれている。伝統的な権力の中心からでなく、文化的な、経済的な,人口動態から、女性、貧困者及び若者、辺境の地域から生まれている。

それは自然と一致した、人間の性質、より大きな生き物のシステムと一致したマネジメントのシステムである事を知る。我々の最も高い望みを実現させる方法とは、それは、共に働くことである。

決して止まることのなく、私たちは,一緒に学びあい、仲間と絆を強めるという状態を、作り上げることである。

 

Leave a Reply