教育は、最大の成長分野、1(601)


第3の選択の補足

 

前回の第3の選択は、コラボレィティブで、創造的な問題解決の方法の作りかたである。

(1)   ほかの人の考え方を受け入れて、ほかの人を大切にしていこうとする試みは、ビジネスに応用できるものであってコラボレィティブで、創造的な問題解決の方法である。

(2)ある部分の合計は全体よりも偉大である。

(3)シナジー的な人間が何かをするときには、彼らのアイデンテティが失われることはない。

それをすることは簡単ではないが、学びあう仲間ではこのシナジー効果を作り上げて、それを発揮できるということである。

1、        教育は、人と組織を成長させる

資本集約型産業は、その代表が電力産業であるが、そのような産業は、必ずしも多くの雇用を生まない。高齢社会においては、経済の生産性をさらに高めていく必要がある。一方知識集約型産業で多くの人の雇用を生み出していくのは、生涯にわたる教育である。

なぜ格差が生み出されるのであろうか?それは、ある人は、学校を卒業してからも生涯にわたり教え、または学び、そして学ぶ人を友としていく。一方ある人は、学校を卒業してから学ぶことを止めてしまうからである。

この教育を続けるか、やめてしまうのか違いが、一方の人を繁栄に導き、後者の人を貧困に導いていくのである。人口減少社会において生産性を高めていくためには、一生教える仕事を、ついには、ある人は選ぶようになっていく。そして、学び、そして学びあう仲間を持つようになる。

学校を卒業した後で学ぶことを止めた人達は、驚くほどの貧困な階層のブループに入っていく。そしてこの生涯にわたる教育が行われていないあらゆる組織では、例えば教育が続いて病院や介護分野、農業、漁業、林業などでも、成長分野になっていない組織となっていく。

生涯にわたる教育がおこなわれていない組織や人を、私は目撃してきた。そこでは、学習をしないというネガティブな空気が染みついている。一方、この生涯にわたる教育が行われているならば、どの分野の産業においてでも、成長産業となる可能性がある。

2、教え、学び、共に学ぶ仲間を持つ

この生涯にわたる教育としての、教え、学び、共に学ぶ仲間を持つことが、これからの成長分野となるのである。教える人は、コンサルタントや、教師、コーチなどになっていく。これに気が付いたのは、偶然高校時代の波多野先生のことを、自宅に来られていた女性の姓が、その先生と関係があったからである。

高校時代の今は亡き先生を、今でも鮮やかに覚えている。

実際、教育ほど面白い分野はないのである。教育は知識集約的な産業であるから、その成果を見るには時間がかかる。でも教育は、40年以上前の教育者を思い出させてくれて、人の一生に影響を与えていく。

高齢者社会と人口減少社会の日本において、教育は、人の雇用を最大に生み出していく。それは、学校を卒業した後での、生涯にわたる教育である。成長する人には、マンツーマンの師やメンターをもつことが必要で、それには時間もかかる。

生涯にわたる教育は、最も大きな雇用を生み出すものである。そして教育は、人が成長や変化や繁栄するようにと、人をインスパイアしていく。ビジネスにおいては、師やメンターになる人を持つことによって、困難からの克服や持続した繁栄も成長を実現できるようになる。生涯の教育は、最大の雇用を生み出す産業になりうるのである。明日のための主力産業になる。

3、選択的な共同体

 

このような生涯にわたる教育をしている人やそのような人がいる企業そして社会は、生産性を高めて、そして成長していくのである。介護や子育ての制度そのものが自体が、繁栄を生むものではない。

社会におけるあらゆる産業において、生涯にわたる教育が様々な産業にビルトインされていくときに、繁栄と希望の社会を生み出していく。何かを達成して、貢献していくための気概を持つような人を育ていくのは、起業家教育から始まる。

最大の労働集約型産業として雇用を生み出していくのが教育である。生涯にわたる教育が含まれている産業の創出である。貢献する人を作る教育こそが、社会をギリシアになることを防いでいく。

反対に何かを与えようとする甘言を説く政治家では、繁栄を実現できない。しかし、大津市市長選挙のパンフレットが、その選挙が近づく中で、ばらまきのオンパレードのパンフレットが送られてくる。

スポーツのアスリートのコーチなどや、社長のコーチや政治家のコーチのような様々な分野のトップレベルの達成者になろうとする人や貢献しようと考える人は、生涯のコーチを求めるのである

そこには、最大のテーマである問題解決の方法、目標設定練習メニューの作成、練習を習慣とするための管理、悩み、励ましを与えるなど等メンタル相談などのコーチィングやコンサルティングのニーズがある。そしてこのような教育が、最大の雇用を生み出していくのである。

その時教える人や学ぶ人が、新しい社会を構成していく。彼らは、血縁関係の共同体から社会保障費で破綻する地域共同体を求めるのでなく、自分で選んだ選択的な共同体を求めるようになるだろう。

選択的な共同体を作り上げるのは、このような生涯にわたる教育なのである。そのような教育は最大の雇用を生み出していくのである。しかしそれは、具体的な事例がなくてはならない。全ての繁栄は、簡単なことから始まる。すでにそれは、成長する企業では次のように行われている。でもグッドカンパニーを作り上げる事例は、身近なデズニ―ランドの掃除をする人から始まる。(つづく)

Leave a Reply