不安を破る勇気(602)


 

1、        失敗を恐れる若者

 

私が先週に出会ったある若者が、挑戦をしないで失敗を恐れていることが、がわかった。私が訪れたリハビリの組織では、何に向かっての成功を求めていくのかの、組織の目標が見えない。ここから、「不安を破る勇気」についてが、始まる。この不安を乗り越える勇気が、人と組織の成功と失敗の違いを作り上げていく。

すべての組織には、全体の成功にむかっの理念がある。人も組織も、仕事を通じて成長することが、できる。そうしなければ、どちらも、失敗してしまう。あらゆる組織は、社会制度としては存在すると共に、組織には目標がある。

しかし目的と成功がない組織に所属する人には、やがて縄張り主義や偏狭さが心の中に住み着いていくだろう。この縄張り主義や偏狭さのような障害を吹き飛ばすには、リーダーの存在や多くの勇気を、組織に所属する人は必要とする。

そして組織に緊張をうみだしていくと、誰かが組織から去っていくいもしれない。この波紋が、成功と失敗の違いを、人と組織に与えていくのである。しかし社会主義的な政党のもとでは、人は成功も失敗もわからなくなっていく。

民主党と社民党支持の市長が大津に生まれた。恐ろしいほどの社会の停滞が大津のような地方を満たしていくだろう。その理由は、あらゆる組織には目的がある。しかし、資本主義の良さをわからない人間が、社会主義をあらゆる組織に病原菌のように蔓延させていく危険がある。

積極的な企業も人も、すでに海外に出た。投資家もすでに海外の投資にしている。一方日本の地方に残る人には、恐るべき停滞が住み着いていく。

このような目的が明らかでないような驚くべき低い生産性の組織が、サービス業には日本にはある。このサービス業の低い生産性が、日本人に希望を与えないことが問題なのである。

なぜなら、いまだに企業が、病院や介護分野には、民間企業が参入できないのが問題なのである。数年前に滋賀県知事選挙の時に提案したが、誰も理解できなかったことがある。それは、大学の国際化であった。

日本の大学の新入学の時期を9月に変更して、三分の一は、外国人の留学生にして、国際化を進めることである。留学生は日本に住んでいくと、このように停滞した社会に刺激を与えていく。この多くの外国人留学生が、社会と内向きの日本の若者に刺激を与え、景気を良くするだろう。

2、        勇気ある行動

著者、トムリ―ガ―は、組織における成功への障害を明らかにして、その障害を治す専門家である。その最初のステップは、不安や恐怖がどのように人に作用していくかを説明していく。失敗を恐れる恐怖や不安が、やがて縄張り主義と偏狭を組織に生み出していく。

でも根本原因は、ひとつひとつ偏狭主義を壊していくことができる。第2のステップは、勇気ある行動が、繁栄する環境を作り上げることにある。これは難しい道であるが、人と組織、そして社会の成功と失敗の間の違いを、作り上げていく。

偏狭さは官僚主義を生み出していく。官僚主義は、引き裂くことのできない社会の障害である。それは、人間の内部の不安と恐怖から築かれていく。初めからそこにあったのではない。それには、破壊的な官僚的を作り上げる根本原因を分析することである。

優秀なリーダーがいって、大胆に不安と恐怖を十分に見ることができるなら、この官僚主義の障害を克服することができる。心の中で作られた障害は、心の中で破壊することができる。

 

そして、成功への障害を吹き飛ばすには、人には、勇気がいるのである。

リーダーの役割は、失敗がどのように社員を助けるか、学び成長させてくれる、かを、組織に示さねばならない。

ある積極的な経営者が、失敗して、怖ろしいほどに動揺した社員に伝えた。それは、「 私は決して失敗しないことを期待していない、ということである。失敗しないならば、あなたは決して学ばないだろう、ということである。

あなたの意図がよきものであってルールに従って行動するならば、あなたをわたしは支持するだろう。しかしながら、何回も何回も同じ失敗をしないことを期待している、ということを社員に告げることである

この失敗を恐れて、官僚主義になる障害を吹き飛ばすには、多くの勇気を人必要としている。組織に緊張をうみだしていくと、誰かが去っていくいもしれない。この緊張を生み出すリーダーを組織は必要としている。

これが、人と組織の成功と失敗の違いを作り上げていく。企業は、避けられない組織の内部の縄張り主義を乗り越えていくために、成功を作り上げねばならない。不安の中で失敗をおかそうとしない人に、リーダーは最大の注意を払わねばならない。

3、企業と人の成功に焦点を合わせる

オープンでコラボレィコラティブな環境を守るためには、人に積極的に権限を与えていくことである。そしてリーダーは、結果に集中して正しいことに賛同する人を応援しなければならない。リーダーは、よき経営によって、長期のそして結果中心に集中するような組織と人を企業を作り上げねばならない。

企業のリーダーは、組織に適切な情報の流れを作らねばならない、それはその下にいる人に勇気ある行動をする人をはっきりと助けるためである。そして人に権限を与えるレベルを高くするためである。

情報の流れが適切でバランスが取れているようにする。なぜなら、それは情報がなければ、仕事ができないからである。ミーティングや、メールで埋もれている時に人は、ミッション中心の仕事は、できないようになっていき、埋もれてしまう。

そして人と企業の成功に焦点を合わせる。リーダーは、組織を導く原則、すなわち各部門の縄張り主義よりも、企業全体の成功にむかって経営資源を最大化するようにすることである。

同時にリーダーは、失敗を恐れない勇気を励ますことしと短期よりも長期のビジョンに焦点を合わせて、人を育てることに、焦点を当てることである。これは従業員にとっては、感情的な経験になるかもしれない。取り除かれるべきは、官僚主義になるような社員の経験である。

このプロセスを完成させるには、人は選択をすることによって、自由のありがたさを祝うと言う体験をすることである。そして、そして人とチームが、偉大な成功に向かっての一歩を歩みだすことなのである。

以下を参考にしました。

He is an expert in identifying and correcting barriers to success.

Breaking the Fear Barrier: How Fear Destroys Companies From the Inside Out andWhat to Do About It by Tom Rieger.

ISBN 978-1-59562-054-5. To purchase this book, go to www.amazon.com or www.bn.com.

Leave a Reply