フィードバック(613)


611の進路指導の内容が分かりにくいので、以下を全面的に書き直しました。

 

1、進歩のフィードバック

進歩のフィードバックは、一定の期間の進歩のプロセスを記録から検証することである。

一年前や、半年前の記録と現在の記録を対比して、どの程度進歩しているかを測る進歩のフィードバックをすることは、自営業や自営業になろうとする人には、なくてはならない。進歩のプロセスのフィードバックをする事は、日常の仕事である。

 

自分でしか到達できないゴールに向かって進んでいくためには、人はゴールの設定とそれに至る進歩のプロセスに注意を払っていく。そしてもしも、そのゴールの設定が合理的にできでいないならば、われわれは、やる気をなくしていくし、インスパイアされない。

反対にゴールの設定があまりに簡単であるなら、楽に苦労なく進むようになる。その時は、ゴールに至るために人は、進歩に一致した行動をしなくなる。そして、その結果は、なにも起こらなくなる。自分が変化しなくなるのである。それでは、日常生活で焦点が欠けていく。

フィードバックなしでは、自分で能力を開発するための自己管理でできていないことになる。そうならないために、自分は、自分で学び、成長する力を持っていることを信ずることにある。

そうならないためには、あなた自身が設定したゴールの方向に向かって進んでいることをフィードバックしているようにする。フィードバックによって、自分の進歩をモニターする習慣を身につけるようにして、自分を訓練していくのである。

 

2、フィードバックによる変化の検証

 

はっきりした言葉でもって、自分が成長していくためのゴールとそのプロセスを定義していく。即ち徹底的に考える習慣を第二の天性にしていく。

そのためには、付け加えるべき、わたしにとっての経営資源は何なのかをあきらかにしていく。

しかし、一人だけで進むことは困難であるし、またそうするも必要がない。チームで進めるのである。わたしの経営資源に何を追加していくのか?を考えるのである。

それにはチームでするようにして、そしてコーチを求めていく。それを上手にしていくためには、他の人を観察するようにすることである。影響を与える人は、その目標に到達することを助けてくれるためのツールと情報に目を開けていく人でもある。

.

もっと巧みに調整できていれば、そのコースにとどまる、そしてうまくいかないものは捨てて行き、うまくいくものは続ける。フィードバックしていく。このようにしていくと、数年前の自分の変化が分かる。

それゆえ、学んだ新しいアイデアを自分の頭脳に編入していくようにしてする。成長していく。このプロセスは、成長の結果のいくつかをいつものノートに書き加えていく習慣を作って、フィードバックすることである。

このように前回の忘れ得ぬ進路指導のアイデアも、小さなノートに書き止めていたものである。頭脳やまたはニューロンを使い、新しい経路を広げていくのである。そのためには、頭脳も使い、生物学が参考になる。

3、失敗の意味,障害の発見

 

だから、自分の人生を、研究室の中の研究材料のように客観的に取り扱っていく。

そして、あなたは新しいアプローチと実験を自分で試みていていき、新しい価値体系を加えていくことをいつもしていく。自分を客観的に扱うのである。

それゆえ、私の失敗はOKである。失敗も、次の世代への引き継ぐ研究材料の記録であり、小さなノートに書き留めていく。失敗の意味は、一つの方法が働かなかっただけを意味するだけである。

それはほかの方法を探すようにと、わたしに働きかける。いつも影響を与える人は、ギブアップしないで、ほかの角度を探す人である。生物学の進化の知識は、新しい手法を教えてくれるのである。

 

 批判的な考え方は過小評価されている。批判的であることは、同意に生産的になることである。集団的な空気が支配している日本社会では、特に懐疑的あることが必要である。

そのためには、いつも仮説を作り、その証拠の有効性をテストしていく習慣をつくるようにする。研究所のように自分を扱うようにする。考えることをこのように極めていく

リストを作って2回チェックしたあと後で、

あらゆる方向に影響力を与えようとする人になろうとする試みは、だから技能以上のリーダーシップの延長なのである。それはライフスタイルで心の持ち方である。それゆえフィードバックは、ライフスタイルでもある。

そのためには、あらゆるプロフェッショナルが大きな目的と同様に個人的なそして仕事のゴールを達成するために周辺情報に関心をもち、それを分類していくようにする。周辺情報は、情報の宝庫である。要するに、深く考えるのである。

 

4、大きなゴール

ここからは、以下からの一部翻案です。

Taking People with You: The Only Way to Make BIG Things Happen by David Novak. Copyright © 2012 by David Novak.

ISBN: 978-1-59184-454-9. To purchase this book, go to www.amazon.com or www.bn.com.

それは予期しない場所でよいアイデア見つける方法である。あらゆる人が、チームの一部であって、貢献するチャンスをもっている環境を、あなたが作り上げるのである。そうするならば、人が偉大なことをする状態を作る状態を、あなたが作り上げたことになる。このような環境を作るには、信頼でもって始めねばならない。

1)                           Know that people want to contribute: 人は貢献したいものであることを知る

 

99、9%の人はよきことをすることを望んで、毎日仕事をしに行くのである。人々はそうしてそれを感謝することを考えて、あなたは仕事をしなればならない。0,001%の人の、混乱させて、よき信念で行動しない人を捕まえようとして探さないことである。自分は、なにで持って成果をあげて、貢献しようとしているのか?

2 Demonstrate that everyone counts: 誰もが重要であることを示す

 

ずっと示されてきたのは、最も成功する企業は文化を持っていること、その文化とは、だれもが価値があると感じる場所をつくることである。それは、どのような立場のひとであっても、彼らは貢献するチャンスをもっていることである。ほかの人との違いを作るチャンスを持っている、ということを、すべての人に伝えるのである。

 

3 The more they know, the more they care:知れば知るほど、もっと人は気にする

あなたが彼らの能力と考えることに信頼を示す一つの方法は、あなたが知っていることを彼らと共有することである。

4)大きなゴール

 

自分の大きなゴールに集中する。大きなゴールを持ち続ける。その大きなゴールを、あなたの心の中心と、あなたがターゲットとする聴衆の心の中心にすることが、あなたの仕事なのである。大きなゴールは自分にとっては、何なのか?それをどのようにしようとしているのか?

 

5、粘り強く、粘り強く

 

1) あなたとその人々は、成功に至る道を見つけると言う信念を持っている

そのための知識を持っているならば、それを見つけることができる。

成功への経営資源を持っているならば、それをえることができる。

それは、あなたとあなたのチームが、それを発見する能力を持っていることを意味する。

もしこれらを信じていなければ、なぜできないかについて、もっと徹底的に考える必要がある。

なぜできないかを十分に調べることによって、あなたはゴールに至る障害の発見ができるようになる。

 

粘り強く、粘り強く

何が重要であるかに焦点をどのようにあて続けるか、そして横道に入っていないようにすることがあなたのフィードバックによる仕事である。

絶え間ないコミュニケーションをそのためにしていく

コミュニケーションを続けて、あなたのゴールに焦点をあて続ける

2)        リーダーの仕事

 

• Play as though you’re behind. 遅れているかのようにプレイする

毎日成功すると信じて仕事をするべきである。でも遅れているかのように。韓国も中国も先を進んでいるかもしれない。この遅れているかもしれないと言う態度が成功へのベストなチャンスをあなたに与えてくれる。

私が本当に信じているのは、あなたが人々を導くのがリーダーの仕事である、ということである。その仕事は、誰かに委任することではない。大きなことを実現する人であるならば、それは素晴らしいしごとである。遠くまであなたと人々を導いていく。それを実現させるのは、リーダーとしてのあなた次第なのである。

 

Leave a Reply