偉大な仕事3(630)


7、影響力のある人に

 

 

自分からの捧げものを、今まで個人的に知っていて、最も効果があって、影響力のある一人の人を選んで、その人を思い出しながら、その相手に、慎重に書いていくようにする。そのような一人の人を想定して、その人への捧げものとして書いていくのである。

その影響力を与えた人が、私の人生にどのように、何の貢献をしただろうか、を思い出しながら、この人への捧げものとして書いていくのである。

このように一人の人を選んで、わたしが達成しようとする貢献を、心の中で結晶化していくように書いていくのである。

そのような重要な人への捧げものとして、書いていくようにするのである。

わたしのユニークな知識、才能、そして技能でもってして貢献できるものは、何だろうか?を思い出していきながら、その人への捧げものを結晶化させていくのである。

もしも他の人の生活を、または、ほかの生物が生きている環境を、良くしたいということとあなたが信じているならば、そしてあなたが、本当のビジネスでもって人生の満足を得たいのであるならば、仕事を通じて他の人に、わたしが貢献しようとするものに心を集中させていくのである。

反対に、利己的な仕事主義者は、決して偉大な仕事をしないのである。

なぜなら、彼らはある企業に何十年働いていたとしても、企業の出世を超えたビジョンを彼は、持っていないからである。だから、彼らは、何十年にわたる仕事から、趣味などに関心を容易に変えてしまう。

 

 

8、意識の預金口座を作る

 

預金をして、必要な時にその口座から預金を引き出すために、私たちは銀行口座をもっている。同様にわたしもあなたも、心の預金口座をもっているはずである。

勿論その預金口座は比喩である。

なぜならば、人との関係における信頼の合計を、その口座は表しているのである。あなたのコミュニティの仲間との関係を築くために、貢献しようとすることを書こうと計画しているのである。

だから、インターネットでもって、このような空間を作り上げるようにするのである。

そうしていくならば、人は、あなたが専門分野の技能に頼ることを、その仲間達は知るだろう。あなたの仕事として、情熱と才能を発揮するためのブログをつくるようにしていく。そのように思って、このブログを私も公開してきた。

そしてあなたの仕事についての、貢献のステートメントや、宣言を公開または出版するように準備し、計画していくのである。その仕事が、あなたの貢献を大いに評価する信者を生み出していくことを信じているかである。

あなたの履歴書をそのブログで公表しておいて、そこに定期的に、あなたが貢献できるアイデアをブログで公開していくのである。

9、情熱のある人に

同じように、わたしは、毎日、日めくり「たのしみながら」を見る人に、励ましを与えることを期待して「たのしみながら」を出版した。私はいつも多重活用を考えて文章を書いてきた。その意味は、私自身に生きるエネルギーを与えてくれるために文章を書くと共に、友と呼ぶひとにもそのエネルギーを伝えるために。

短い日めくり「たのしみながら」の言葉を見る人が、それぞれの人の可能性を実現することを考えて出版した。同様に「偉大な仕事」1,2,3の文章が、人がそれぞれ偉大な仕事をするように励ましてくれるはずである。なぜなら、全ての人が、偉大な仕事はもっているのだから。

そのためには、情熱を共有する人だけを招待したいと思っている。情熱がなぜ偉大な仕事に必要なのか、も書いた。だから、私も情熱を持つ人に、この偉大な仕事に招待しようとしている。

私がこのような文章を公開している目的も、情熱を共有する人とつながりたいからだろう。偉大な仕事の目的とこのプロセスにこだわる人に偉大な仕事をすること伝えたいからである

それぞれの人の偉大なる仕事が、それぞれの人の、大きな違いを作り上げていくからである。

 

10、まとめ

 

 

仕事の世界に、才能、情熱、そして良心を結びつけることができるのか?

どのようにしてあなたの強みを理解して、あなたが貢献するその強みをさらに促進するのか?

 

あなたの才能につながるような仕事をする

あなたの情熱の焔に燃料を注ぎ込むような仕事を見つける、

そして、あなたの良心を満足させるような仕事を見つける

わたしのユニークな知識、才能、そして技能でもって貢献できる仕事をする

 

このような仕事をすることについて、人は死んでも死にきれないという気持ちをもったからである。自分には偉大な仕事があることに気が付いた人は、内面からの声を聞くであるだろう。そして、次の仕事は、誰かに聞き継がれていくことだろう。

Leave a Reply