新年の計画、リズムのある仕事1(636)



新年の計画を作るのにふさわしい12月のために、参考にしたのは、以下の抄訳です。

 

The author: Todd Henry is the founder and CEO of Accidental Creative, a consultancy that helps organizations generate brilliant

and coach.

The Accidental Creative: How to Be Brilliant at a Moment’s Notice by Todd Henry.

To purchase this book, go to www.amazon.com or www.bn.com.

 

1、クリエイティブな仕事のダイナミック

 

多くのクリエイティブな仕事へのアプローチは、リズミックに仕事をすることである。創造的な仕事のプロセスには、リズムがある。生産性には、ピークと底がある。アイデアにも満ち引きがあるからである。

厳しく働くことや、またはもっと意図的に問題を見つめることは、雲を見つめて天候をコントロールするように仕事をするようなものである。むしろわたしたちの人生に、目的とリズムの構造を意識の中に入れる練習を、自分のものにすることである。それは、年末に新年の計画を作るにふさわしい。

2、創造的なリズムの5つの分野

 

仕事のリズムをつけてするには、5つの分野がある。

1)集中

効果的に創造するためには、我々ははっきりして具体的なわたしの目標を必要としている。

2)人との関係

創造的なインスピレーションと元気になる最もパワフルな源の一つは、人との関係である。友が触発すると言う人の関係である。

3)エネルギー

あなたが最大限に一日を利用するためには、エネルギーのマネジメントについての練習を確立していく必要がある。エネルギーのマネジメントは、生産性のマネジメントである。

4)刺激

あらゆるプロセスの出力の品質は、そのインプットの品質に依存している。これは創造的なプロセスの真実である。

5)時間

時間は生産性の通貨であって、あなたが時間をいかに扱うかは、あなたの成功と失敗を決定していく。エネルギーのマネジメントと同じように時間のタイムマネジメントも、生産性をあげる大きな分野である。

3、創造的なリズム

 

あなたの創造的な可能性を今解き放って、長期にわたり繁栄していくには、自分自身の生活と仕事にリズムを応用する必要がある。そのリズムは、あなたが毎日直面している圧力と期待に依存している。自分自身のリズムを仕事と生活に取り入れることが、新年の最大のテーマである。

マヘリアジャクソンのゴスペルのレコードを聴きながら、この生活にリズムを取り入れることを新年の目標にする。偉大なマヘリアジャクソンというタイトルのレコードの彼女のThis is my faith という曲は、リズムと愛に私を浸していくのである。

この仕事と人生についての創造的なリズムを取り入れることは、わたしたちが問題に直接取り組むためにわれわれに、安定性と明確性を与えてくれるからである。このリズムは、上記の5つの要素である、集中、人との関係、エネルギー、刺激そして時間によって決定される。

この5つの要素とリズムのある仕事の仕方が、今回のテーマである。

だから、これら5つの分野とリズムの練習は、人生の基礎となるものでもある。これらが、多産で、才能豊かで健康という人生の基礎となる。

創造的なリズムについては、特に英語の詩を読むとき,その韻を含んでいる文章を朗読するときに、改めてリズムの大切さを発見した。

 

4、塊として同じような仕事を同時にするクラスターリングの慣例

 

知的隣接性として知られる小売業の慣例がある。それは、お互いの隣に、補完的なアイテムを品ぞろえすることを意味している。例えばそれは、歯磨きとハブラシである。

消費者が一つのアイテムを見つける時、補完的なアイテムが隣にあることであり、消費者は両方を買うようにさせることである

ひと塊りにする、クラスターリングの慣例は、知的な隣接の仕事を同時にする秘訣である。

ひと塊りにして同じような仕事をしようとする努力は、自分の仕事をやりやすくさせていき、もっと深く集中させていき、もっと長い時間にわたり、仕事をするようにと、わたし達に働きかけるものである。

こうすることによって、われわれは、仕事を変える心理的なコストを最小にしていくことができるし、何時もわたし達の努力を集中させるのである。

創造的なリズムのある生活は、音楽がいつも流れている中で仕事をするテクニックの応用である。もう一つは、長年コンサルタントとして小売店の陳列を指導していたにもかかわらず、クラスターリングのテクニックを仕事にもっと応用していなかった自分が恥ずかしい。

すなわち、創造的なリズムのある生活と同じように、仕事をクラスターリングすることである。もっと仕事と人生に応用するこの2つが、新年の計画である。それは、長年主宰してきた空間クリエーターとしてのホームデコの仕事の完成でもある。

江戸の祝箸染め二重五膳

 

江戸の祝い箸を、ビーエスアクアの小島社長が取り扱いを開始されました。最後が日本語のお箸のしきたりの説明は、英文はわたしが英訳して書き上げました。新年に祝い箸を使って、日本人の知恵に振り返りましょう。

そして江戸の祝箸,染め二重五膳を使いましょう。そこから新年の希望は見えてきます。

江戸の祝箸染め二重五膳の説明と注文は、以下のビーエスアクアの祝箸から、読むことができて、注文もすることができます。

http://www.bs-aqua.co.jp/

(続く)

Leave a Reply