Archive for 2月, 2013

先見力1(642)


 

 

1,2つのチャートのサイクルの変換点

安倍政権が2012年の12月にして誕生してそれ以降は、新しい時代に入っている。1989円に日経平均が38915円から20年間は、下落相場が現在まで続いていた。そして2009年の7054円から3年間の株価は底固めを、昨年12月まで続けていた。

わたしも昨年末からの上昇相場は、異なる次元に入っていることを感じていた。同じことを2013年3月号の雑誌サピオ及び「金の坐の法則」で、国際金融コンサルタントの菅下 清廣さんが、以下で「」で取り上げている。

「ついに日本経済が復興して上昇気流に乗る時代である可能性は高いがそれに伴って激しい動乱と変革、競争と淘汰が起きると予測される。」

世界での激しい競争の前で、最後の平等という幻覚を日本人に前に与えて、民主党は消滅していった。しかし、20年間の下降相場のサイクルとビジネスに最も適応する7年のサイクルの2つのサイクルが、今変わろうとしているのである。この2つのサイクルが、転換点を迎えている。

いかなる理由をつけようとも、チャートをわたしも信用している。20年と7年のサイクルがどちらも変わろうとしているのである。日本も強みに打って出ようとしている。タイが、インドネシアやインドへの進出へのスタート地として、中国よりもなろうとしている。

「これから始まるバブルは、格差のバブルになる。個人の競争も激化し、格差は拡大すると考えた方がいい。日本が再び強い経済を取り戻すために、そういう時代が必要であることも間違いない。」

2、サイクル分析と現状分析と総合する

経済学者やエコノミストは、現状分析から未来を予測している。例えば、中国の経済成長から、中国のGDPは、やがてアメリカを追い抜くと。それは、すべて現状分析の延長である。しかし私も多く採用していたのは、マーケットのサイクル分析であった。

サイクル分析から、日清戦争の前のように日本も個人も、アジアは競争が激化する世界になっている。同時に強い経済を求める人にはチャンスとなる時代である。アジアの共栄圏を作ろうとする時代でもある。

タイへの投資がベトナム、フィリピン、インドネシア、インドなどへのこの共栄圏につながっていく。しかし、中国や韓国に頭が埋没している人やマスコミには、この共栄圏は、タイと日本との関係から始まることが見えない。彼らは中国の現状分析から始めているからだ。

「今回もマーケットのサイクルは7年というスパンが非常に重要だとみている。したがって日経平均は16年春までに、少なくとも18000円まで上昇する。」

サイクルやトレンドの転換点がいつ訪れるのかの見極めが、繁栄に結びついていくのである。サイクルには、2年半から3年程度の短期のサイクル、7,8年の設備投資の中期のサイクル、この2つのサイクルでほとんどの国内の業界を理解はできる。

もう一つは、20年単位のサイクルで、世代交代のサイクルであり、建設投資のサイクルである。1973年から1993までの日本の40年間の成長サイクル、そして1993年から2013年までのつづいていた下降サイクルの20年、である。

この20年サイクルの変換点を、わたしは、誰にも一生に数回訪れる危機または相場のチャンスがあると理解している。2013年は、デフレ脱却の時であり、日本の株価の上昇の時である。その時は、ビジネスでもチャンスの時である。

また、株価は18000円までの数年にわたる上昇が始まっている可能性がある。

3、この上昇が持続するためには

「日本では政官界にも企業社会にも、隅々まで既得権が住み着いている。これを徹底的に追い払わなければ真の成長戦略はでてこない。そのためには規制や税制の大変革、道州制など統治機構そのものの変革が必要になるが、これは自民党や民主党といった既得権と結びついた従来の為政者にはできない仕事だ。」

規制と税制の変革には、自民党が維新の会とのタイアップが必要であるが、そのタイアップが必要であることを暗示している。

「第3の矢は、安倍政権ではぎりぎり的に当たるかどうかだろう。わたしは少なくとも3つの有効策があると考えている。第1にベンチャー投資に対する税制優遇を徹底すること。

第2に明治維新のような国家規模のビジョンを立てること

やはりビジネスを強くすること。第3に今の日本も外国から人や資金を呼び込むことが復活の原動力になる。居留地での英語公用語化、外国人・企業の一定期間の税免除など大胆な施策で世界の力をとりこむべきだ。」

この3つのベンチャー投資に対する税制優遇、以前に書いたタカールのような国家のビジョンづくり、そして外国から人や資金を呼び込む ことである。

20年の三倍の長さの利権で日本の社会は窒息しそうである。規制緩和をどれだけ実項するかである。

公共工事や雇用調整補助金は、労働の移動を阻害している。北欧のように、むしろ労働の移動を促進して、個人を守るセーフティーネットを整備していく。公共工事や雇用調整補助金によって企業を守らないことである。公共工事や雇用調整補助金は、むしろ過剰労働を温存させているのである。

(1)規制改革
(2)ベンチャー投資のための税制改革
(3)セーフティーネットの整備
(4)高度人材創出の教育改革と外国から高度な人材を呼び込む

4、リート指数

「リート指数がさらに上昇するようなら、20年続いたデフレが終わったと判断してよいだろう。」

2月15日時点で、リート指数は1228である。都市圏の不動産市況が下げ止まっていること、それと日銀がREITなどの不動産投資信託を買い支えていることそしてこのリート紙数がどう上昇するかに注意していく。

「ドル円相場で、1ドル=90円程度のレンジはまだまだ円高水準と見るべきで、近いうちにこのラインを越えて円安に進む可能性は十分にある。ここ1~2年のうちに1ドル=101円を超えるような展開になれば、長期に円安トレンドが続くと判断できる。」

続く

経営者をつくる教育2(641)


狐狸庵生徒【感想】
リーダーに求められる資質については多くの人が様々な意見を述べていますが、
共通する資質の一つとして、中・長期的には自分を超える人材を育成する能力
が挙げられます。急成長した企業で経営者がカリスマ的な特質を持っている場合、
次世代を担う人材の育成が疎かになっていることがあります。
取り巻きの幹部はその経営者の信者となっており、組織内には思考停止が蔓延し、
代替わりして息子や娘が後を継ぐとその企業の経営が傾くことも多いようです。

中・長期の投資を視野に入れる場合、経営者が人材育成にどのような
戦略を持っているかをチェックするのも重要な項目の一つではないかと思われます。

2、人の学習曲線を最も上げていくもの

 

 

次の成長分野としてすでにあらわれている現実への洞察力を高めていくのである。仕事の成功は、問題を発見して、自分や相手の困っている問題を解決することにある。だからある問題をいかに乗り越える体験をしたかの発表は、アイデアを仕事に結びつけていく姿である。これがルーティンワークでない仕事である。

 自分や相手の困っている問題をどれだけ解決したかが、われわれの仕事の成果となっていくのである。またこれら問題を解決することが、があなたのアイデアなのであるし、成果なのである。わたしのアイデアを仕事にいかに結びつけていくかが、あなたのプロフェッショナルとしての新しいビジネスの基本となっている。

一方時間給で働いているような人の労働では、相手の問題を解決したことが少ないので、成果を上げることが難しい。なぜなら、もはや成果は、労働時間に左右されることはない時代となっているのが現代である。

ドラッカーによれば、ビジネスの目的は、顧客を創造することである。そのために、継続的に商品やサービス、そのプロセスや販促的な手法などについての継続的な改善とイノベーションを行うという仕事をするのである。

そためにわたしたちは、アイデアを仕事の中心にしていく人となっていくのである。

だから経営者であるとは、アイデアを活用するマネジメントをしていく人なのである。

そして、顧客を継続して創造していくことにある。

 

アイデアを活用して経営をリードしていくことが、人の学習曲線を最も上げていくことであると考えられる。それゆえに、現代のあらゆる経営とは、教育中心の組織になっていくものであるからだ。だから、わたし達が優先するのは、人の学習曲線をあげる経営をすることなのである。

3、優先順位をつけて、重要な仕事に集中する

 

 

「高い生産性640」の時間こそが誰にも与えられている、もっとも貴重な経営資源である、と書いた。だからわたしたちの、時間をどこに割り当てようとする試みが、タイムマネジメントである。

 

あなたが成果を上げるために、この時間を割り当てるというタイムマネジメントは、経営の重要な要素である。

 タイムマネジメントは、仕事に優先順位を付けて、重要な仕事に集中することである。アルバイト的な仕事や20世紀の時間で仕事している人は、成果を上げることは難しい時代が今のである。

すくなくとも、問題解決の発見やその成果をだすということに、どれだけ時間を割り当てているかその時間のミスマッチを修正しているか、その結果優先順位をつけて集中することが、新しいビジネスと悔いのない人生を作りあげていく。

人は、優先順位を付けて、重要な仕事に集中することによって、真摯に取り組んで初めて成果を上げることができるようになっていく生物である。タイムマネジメントによって、個人がその能力を高める事ができるのである。

 4、最善のリーダーの仕事は、経営者を育てること

 

 

経営コンサルタントであるトム・ピーターは、最善のリーダーとは、社員や信者を作るのでなく、リーダーをつくることである、言う。すなわち経営者を育てることである、と言うのである。

その通りであって、リーダーを育てること、リーダーシップについてのこの教育を、日本は戦前もしてこなかった。そして戦後60年あまりもリーダーを作る教育を今もしていないのである。

そして学校でもリーダーを作ることを今も教えていない。わたしは、政府の円安誘導には賛成であるが、巨大な政府支出が本質的に景気を浮揚させるのではない。

巨大な公共工事などで雇われる人を育てるのは、その後の仕事である。すなわち社員教育でなく、まず経営者や起業家を育てることが優先されるのである。公共投資によってが本質的な景気浮揚でない。

リーダーとは、ゴールを設定し、それを達成して、結果をだして成果を上げる人である。その成功体験を自分で達成したあとで、人を育てようとする人への投資が、繁栄を導く。

 

経営者は、人の感情をコントロールすることをマスターする人でもある。経営者は、アイデアに賭ける意思を表すようにする人でもある。

そのあとで、人をやる気にさせて、設定した目標の達成をさせるようにする人を育てるのである。

そして経営者になる人は、教育に熱心である人をつくることなのだ。その経営者は、社員や信者を作ることができる人なのである。

成長するということは、能力を修得するだけでなく、人間として大きくなることである。責任に重点を置くことによって、より大きな自分を作ろうとする人である。うぬぼれやプライドではない。誇りと自信である。一度身につけてしまえば失うことのない何かである」(『プロフェッショナルの条件』)

 この言葉のように成長には、能力の向上と人間として大きくなることが含まれている。経営者を創ることは、小さな政府地方分権化、雇用を守ることよりも個人のセーフティーネットの充実にならなければならない。

 

加えて、企業の保護と規制の撤廃に導き、倒産件数の増加と解雇規制の緩和の社会になっていくのである。

 

経営者をつくる教育(641)


Ⅰ、身につけていく高い生産性の精神

 

タイムマネジメントと高い生産性の精神にするためには、自分の精神にすることにある。自分の精神にするとは、体を使い訓練して身につける技であると斎藤孝さんは、「大人の精神力」で次のように表現している。

 

「教養というのは、物事を知っているかどうかですが、精神とは身についているかどうか。本でも、ざっと一回読むだけでは教養でとどまりますが、5回6回と読み大事なところを音読すると、自分の精神になっていきます。体を使い、それなりの訓練をして身につける技であり、型なのです。」

 

身につけていく高い生産性の精神として、「高い生産性」640のタイムマネジメントを自分のものにしている。

 

1)職業及び人生の長期の目標、数カ月の中期の目標、一週間くらいの短期の目標3つの目標をいつも持つようにする。

2)自分がしたいこと、自分が得意なこと、社会が自分に求めていること、の3つを自分の中で統合していく。

 

3)プロフェッショナルの仕事の神髄は、知識によって作り上げていく価値を自分で作り上げていく。

 

今までの労働時間にとらわれない、プロフェッショナルに多くの人がなって知識によって作り上げていく価値を創ることである。

その周辺分野の一つは、雇用形態としての労働の自由化である。企業を元気にする投資ができない会社が社会からの退場していくことの促進であり、解雇規制の緩和であり、そのためのセーフティネツトの充実である。

 

4)読書をして覚えておきたいものは何なのか?を自問していく。

書くことは、序章、結論、本文の3つの構成にしていく。

スピーチは、問題、分析、問題解決の3つの構成にしていく。

そして、30分のスピーチとQ&Aセッションをする。

 

5)生産的な及びプロフェナルの人生をおくるためには、技術的傾向の価値と傾向を理解し実践して、その頂点にとどまるようにする。

 

6)学際的な周辺分野に成功のチャンスがある。自分の仕事での学際的な周辺分野とは何かを見つけていく。

 

もう一つの周辺分野としては、健康や医療の自由化である。労働の自由化と健康や医療の自由化は、大店法の撤廃が新しい小売業を生み出したように、これらは規制改革の重点分野でもある。

 

 

7)そして最後に収入の多さの追求よりも、有意義な人生とプロフェッショナルの職業に生きるようにするすることである。

 

Ⅱ、経営者をつくる

 

 

1、学ぶことを加速した人々を増やす

 

新しい産業は、不況の時に、産業の交代が行われていく。新しい産業には、既存の指標に入っていないことが考えられるので、注意深い今の世界で起こっている現実の観察から、先見力を育てていく。しかし産業の交代を、この国、日本は求めていない。高い生産性を身に付けることは、経営者を創ることであるから、先見力と密接につながっている。

グローバリゼーションとIT革命によってもたらされている。ルーティンワークをしている人々の雇用の喪失や賃金の切り下げは、世界中の先進国で起こっている。例えば多くの公共工事は、ルーティンワークな仕事である。

若年労働者の高失業率として同じことが日本でも起こっている。

しかし日本は、巨大な政府支出をしようとしている。巨大な政府支出が、本当の景気を浮揚させるのではない。しかし既存の企業を保護して、景気を浮揚させようと国が再びしようとしている。労働の自由化と周辺分野への参入は、表裏一体である。経営者を創る教育が、景気を浮揚させる野である。

人が高い生産性や高い技能を身につける以外には、誰も若年労働者の高失業率と低賃金の労働者の問題を解決できないのが現代社会である。これらの問題解決は、学ぶことを加速した人々を増やすことでもってしか、これらの問題を解決できないのである。

国の規制と保護を受けてきた産業ほど、生き残っていけないのである。しかし政治家はこの生産性をあげるための根本問題の原因を理解していないかもしれない。その時、生産性の問題を解決できない。それにもかかわらず、巨大な政府支出でもって景気浮揚させようとすることよりも、労働の自由と医療の周辺分野への進出なのである。

若年労働者の高失業率と低賃金の問題の原因を理解することから、次の産業が見えてくるのである。その問題は、グローバリゼーションとIT革命 が引き起こしているのである。むしろグローバリゼーションとIT革命 を自分の味方にしていくことである。

それは、研究開発と共に、雇用と守るのでなく経営者になろうとする人を創ることである。そのような人は、先見力をつけて、学ぶことを加速させていく人となっていくからである。これがが、繁栄への道である。

このような経営者になる人をつくる教育と研究開発などから生まれる技術、そして海外への投資の加速などが、次の地球規模での成長分野であることが見えてくる。その背景は、急速なこのグローバリゼーションとIT革命と新興国の台頭 がビジネスの基本である。

(つづく)

高い生産性2(640)


4、効果的なミーティング

 

 

不幸なことにあまりに多くのミーティングは、焦点が欠けていて、いかなる意味のある目的を達成しようとすることが欠けているものである。あまりにミーティングが多くて時間が長い。

だからミーティングの前に、注意深くそれからわたしは何を得たいのかについて考えることである。そして、その答えに満足していないなら、そのミーティングに出席しないことである。

 

多くの面談は最近のビデオ会議によって不必要である。面談のために旅行して数時間を使うことは非生産的である。他の人を知っている時、ビデオ会議で十分である。

なぜなら、多くのミーティングは、60分以内で効果的に終わらせることができるものであるからである。

 

そして90分以上のミーティングというものは、決してするべきでない。

ミーティングの資料は、ミーティングの一日で読まれるミーティングの資料を参加者に配布しておくのである。そうすれば参加者はそれを事前に読む機会がある。

 

パート3、個人的技能を高める

5、効果的な読書

 

効果的な読書をしようと家にするなら、本を読む目的を知らねばならないし、本を読む目的にこだわることである。

1)Grasp the structure of the reading. 読む組み立て方を掴む

 

文章を読むまでにその本がどのように組み立てられているかについて、少し時間をとるようにする。どのように始まり、そして終わりがどうなっているか、行間の主要な主題、見出し、などに時間をとるのである。これが早く読むことと理解することに役立つ。

なぜなら、著者がすでにひとつのアイデアから次に移ろうとすることを、その時すでにあなたが理解しているからである

.2) Read the introduction and conclusion. 序章と結論を読む

 

最初に序章を注意深く読み、探すのはテーマの文型や段落、次に結論を読んでいく。そして、著者が何を目指しているかを知った後で、あなたはその文章を読むべきである。

3) Skim the tops of the paragraphs.段落の最初を飛ばし読む

受け身の飛ばし読みについて話しているのではない。むしろ、積極的に論文や章の最初を飛ばし読むべきである。

上手な書き人は、話題の文章で各々の段落を始める、それを支持する事実や議論が後に続く内容となっていく。

 

論文やメモを読む時、わたしは常にそれから何を覚えておこうとするのか、を自問するようにしている。だから、私が覚えておきたいものは何かを考える。

.

 

6、効果的に書く

 

 

書くことは、知識労働者にとって必須の技能である。

貧弱に書くことは、プロフェッショナルの生産性を弱くしてしまうのである。

わたしの概略を作るアプローチは、完全にシステマチックで、最初はブレインストーミングをして、次は分類して、次には最終商品の概略を作ること。

あらゆるエッセイの3つの要素は、序章、結論、そして本分である

私の見解では,よき紹介は、3つの目的を満たしている;文脈、著者の主要なテーマ、系統立てた著作の説明である。

 

 

7、効果的に話す

 

効果的に話すためには、つぎのような準備すること

1) 聴衆を知る

彼らは誰で、なぜ出席していて、何に関心があるのか?

2)Structure your speech. スピーチを組み立てる

プレゼンテーションのアウトラインを書きだす。スピーチを、導入、本体、結論に分ける。スピーチの本体は、論理的な展開を持つようにする。そして、できればこれが問題、これが分析、これが問題解決であると言うような本体にする。

3 伝えることの練習

スマイル気のきいたスマイルを帯びた表情で、面白い冗談や楽しい話で始める。次に聴衆にあなたの主題を紹介する。スピーチがどのように組み立てられているかを示す。

この時点で、あなたの挑戦は、聴衆を行動的な聞き手に変えることである。

 

 そしてできる限りスピーチを短く保つ。30分のスピーチがあなたの望ましい時間である。さいごはQ&Aセッションで終わる。どのような質問が来るかの準備をする。ビデオ録音は望ましい。率直な仲間の応援がその時役立つ。

.