高い生産性2(640)


4、効果的なミーティング

 

 

不幸なことにあまりに多くのミーティングは、焦点が欠けていて、いかなる意味のある目的を達成しようとすることが欠けているものである。あまりにミーティングが多くて時間が長い。

だからミーティングの前に、注意深くそれからわたしは何を得たいのかについて考えることである。そして、その答えに満足していないなら、そのミーティングに出席しないことである。

 

多くの面談は最近のビデオ会議によって不必要である。面談のために旅行して数時間を使うことは非生産的である。他の人を知っている時、ビデオ会議で十分である。

なぜなら、多くのミーティングは、60分以内で効果的に終わらせることができるものであるからである。

 

そして90分以上のミーティングというものは、決してするべきでない。

ミーティングの資料は、ミーティングの一日で読まれるミーティングの資料を参加者に配布しておくのである。そうすれば参加者はそれを事前に読む機会がある。

 

パート3、個人的技能を高める

5、効果的な読書

 

効果的な読書をしようと家にするなら、本を読む目的を知らねばならないし、本を読む目的にこだわることである。

1)Grasp the structure of the reading. 読む組み立て方を掴む

 

文章を読むまでにその本がどのように組み立てられているかについて、少し時間をとるようにする。どのように始まり、そして終わりがどうなっているか、行間の主要な主題、見出し、などに時間をとるのである。これが早く読むことと理解することに役立つ。

なぜなら、著者がすでにひとつのアイデアから次に移ろうとすることを、その時すでにあなたが理解しているからである

.2) Read the introduction and conclusion. 序章と結論を読む

 

最初に序章を注意深く読み、探すのはテーマの文型や段落、次に結論を読んでいく。そして、著者が何を目指しているかを知った後で、あなたはその文章を読むべきである。

3) Skim the tops of the paragraphs.段落の最初を飛ばし読む

受け身の飛ばし読みについて話しているのではない。むしろ、積極的に論文や章の最初を飛ばし読むべきである。

上手な書き人は、話題の文章で各々の段落を始める、それを支持する事実や議論が後に続く内容となっていく。

 

論文やメモを読む時、わたしは常にそれから何を覚えておこうとするのか、を自問するようにしている。だから、私が覚えておきたいものは何かを考える。

.

 

6、効果的に書く

 

 

書くことは、知識労働者にとって必須の技能である。

貧弱に書くことは、プロフェッショナルの生産性を弱くしてしまうのである。

わたしの概略を作るアプローチは、完全にシステマチックで、最初はブレインストーミングをして、次は分類して、次には最終商品の概略を作ること。

あらゆるエッセイの3つの要素は、序章、結論、そして本分である

私の見解では,よき紹介は、3つの目的を満たしている;文脈、著者の主要なテーマ、系統立てた著作の説明である。

 

 

7、効果的に話す

 

効果的に話すためには、つぎのような準備すること

1) 聴衆を知る

彼らは誰で、なぜ出席していて、何に関心があるのか?

2)Structure your speech. スピーチを組み立てる

プレゼンテーションのアウトラインを書きだす。スピーチを、導入、本体、結論に分ける。スピーチの本体は、論理的な展開を持つようにする。そして、できればこれが問題、これが分析、これが問題解決であると言うような本体にする。

3 伝えることの練習

スマイル気のきいたスマイルを帯びた表情で、面白い冗談や楽しい話で始める。次に聴衆にあなたの主題を紹介する。スピーチがどのように組み立てられているかを示す。

この時点で、あなたの挑戦は、聴衆を行動的な聞き手に変えることである。

 

 そしてできる限りスピーチを短く保つ。30分のスピーチがあなたの望ましい時間である。さいごはQ&Aセッションで終わる。どのような質問が来るかの準備をする。ビデオ録音は望ましい。率直な仲間の応援がその時役立つ。

.

Leave a Reply