本当の影響力、1(647)


Real Influence: Persuade Without Pushing and Gain Without Giving In by Mark Goulston and John Ullmen. Copyright © 2013 byMark Goulston and John Ullmen. To purchase this book, go to www.amazon.com or www.bn.com.

「本当の影響力」は、上記の翻案です。

1、強いつながりをつくる

 

 

本当の影響力は、あなたがしたいことについてでない。それは他の人々の見解に集中することによって強いつながりを築くことについてである。それは何かを求めるまでに与えるという極めて単純なことで、それはwin-win の結果を目指しての努力なのである。

著者は長く続く誰かからのロイヤリティ、本当のコミュニケーション、同情、かかわりを使う青写真に焦点を合わせる。以下であなたが学ぶのは;

• 頭脳においてつながり、影響を与えることの過去の盲点を見つけるか?

• どのように本当の動機、すぐに関係を変えるということについて学び、理解することである。

序章

あなたが人々にあなたの立派なアイデアを支持させられなかったことや、人に影響を与えられなかったことに、失望しただろうか?そうであったとしても、あなたは一人ではない。なぜなら古い説得のルールはうまく働かないからである。

あなたがつながった影響力、強い持続した影響力をもつようになる時、ほかの人が熱心にあなたに従うようになるような場をつくるだろう。つながった影響力は、報われるものなのだ。

人々に届いて、長期の相手からの支持を勝ち取るために、あなたに必要なのは、本当のつながりをもたらす方法でもって、彼らに影響を与える必要があるということなのだ。

 

 

2、つながせない罠

 

 

人間性のわな

 

あなたをつながせないようにさせる悪い習慣から解き放つことから、まず始めるのである。それを人間性のわなと我々は呼ぶようにする。それが、あなたの頭脳に組み込まれているのだ。

しかし、あなたがはまり込んで失敗する自分を反省する時には、巧みにそれを避けることができるのだ。人間性のわなは、あまりに危険である。

 戦う又は逃げる反応

 

あなたの爬虫類の頭脳は、戦うのか、それとも、逃げようとすることに集中するのである。あなたの哺乳類の頭脳は、感情に集中していく。一方、あなたの人間の頭脳は、理性に集中するのである。

問題は、特にあなたの頭脳がストレスのもとで、お互いに時々ぶつかる時なのである。

ときどきその時には、あなたの頭脳の感情的感知は、全体的に活性化されて、ほかの3つの頭脳は切り離されてしまい、ばらばらにお互いに働いてしまうのである。

その時は、あなたが恐怖やストレス、憎悪に取りつかれる時である。

その時には、音楽を聴くように相手から聞くのである.トーン,テンポ、リズム、ハーモニー、感情を聞くのである。言葉でなくて、どのようにその言葉が話されるか、そして話されないことも、とても大切なのです。

3、聞くと言う3つの状態

 

 

影響力を壊すよりも増やす聞く力を練習するには、高いレベルの聞く力を訓練する必要がある。そして、聞く力には、最悪から最善までのレベルがある。

• Level1

これは聞くと言うよりも聞くことを避けることで、聞き手は、ほかの人が言っていることに興味を示さない聴き方で、話している人は無視されているように感じる。

• レベル2、問題解決の聞くProblem-Solving Listening

これは物事を成し遂げるためのきく聞く方法である。問題解決の方法として聞いている状態で、前進するために事実を聞くことである。正しい環境下でこの段階は正しいアプローチである。

しかし人は失敗した気持ちになる、人が問題解決以上を期待している場合ならば。

• レベル3、つながりのある聴き方Connective Listening = Listening

つながりのある聴き手は、すべての感覚を使って理解しようと努力する聴き方である。

これは重要で、本当の友好関係をつくるために、重要である。

 

つながりをつくるための聞く力は、相手の内部で何が進行しているかを発見するためのきく聞く力である。それは、あなたの立場からでなく、相手の立場で聞くことである。

 

• 理知的なオープンさ

他の人の論理、データー、分析、アイデアにオープンであること、それが意味するのは、ほかの人がいかに考えるか、彼らの考えが、どのようにあなたに影響を与えているかに興味を示すことが大切であることを意味する。

知的に影響を与える方法は、わたしは本当に以前よりも変わった、と相手に表現するのである

• 感情的なオープンさ;

他の人の感情、情熱、価値、駆り立てるもの、動機、信念にオープンであることである。感情的に影響を与える人は言う、この状況にあなたはどのように感じますか?何があなたに重要ですか?と聞くことである。

あなたは追加される本質的な技能をマスターする必要がある。

誰かがあなたに話す時、あなたが腹を立てる又は防御的になる時、自分自身に言うようにする。その人が言うことに言い返そうとするあなたの態度のである

(つづく)

Leave a Reply