本当の影響力、2(647)


4、相手が可能なことをするように、あなたがインスパイアする

人とつながる影響力をマスターするためには、相手が可能なことをするようにと、あなたがインスパイアする必要があるということである。それは、3つの“R’s”があって、偉大な結果としての、結果、評判、そして関係である。

それには、あなたの過去の盲点を発見することである。

そして、つながる影響力を実行するために、あなたがする必要があることは、ほかの人が本当に考え、望み、必要としていることを知るということを遠ざけているという障害を取り除くことである。

他の人の言葉を、音楽を聴くような態度でもってして、聞くというレベルをマスターして、人に影響を与えるのである。音楽を聴くように、彼らがそこにいることを発見するために、聞くのである。

加えて、学ぶために聞く、わたし達が知らないのは、言外の意味を学ぶということである。言いかえれば、人々とつながるために、仕事をするのである。

そのため一旦、わたし達の判断を、放棄するここでない、棚上げするのである。

聞くことをマスターする目的は、彼らからの本当の賛同をえるためである。

. 聞くことは、相手を理解することに没頭することである。効果的な聞き方は、同情を持った相手の探求なのである。

聞くことや読むことの目的は、ほかの人の考え方、感情、考え方、態度の探求するためにある。

聞くことは、言われたことを聞くことでなく、どのように言われたか、そして何が言われていないか、を理解することが重要である。

 

 

5、挨拶の言葉

 

 

ブライアンアダムスは、異なる文化を超えていかにほかの人とかかわるか、について、または、コラボレイトすることにの権威である。次の7つの言葉をマスターッできるなら、人は直接のつながりをつくることができるようになる。

• 英語やその国の言葉で持って、話すのである。

. • Say hello.

• Offer a proper greeting.挨拶の言葉から始める

• Say thank you.ありがとうから始める

• Say, “I appreciate your time with me.” 時間をとってもらって感謝しています、と言う。

• Offer a proper farewell when your interaction comes

to a close.やり取りを終る時、ふさわしい、さよならの言葉で終わること。

 

 

6、勇気、尊敬、好奇心、ユーモア

 

 

文化を超えてやり取りするためには、このアダムスの4つのガイドラインにも従うようにする。

最初は、勇気を持つことである。多くの人は、誰かが他の文化の人につながることに躊躇するものだ。バカに見えないか、それとも相手を,怒らせはしないか、と考えないで、勇気をもつのである。

第2に、相手を尊敬する。相手が言う何もかも同意する必要はない。そして相手の人はあなたから学ぶように、あなたは、相手の文化から学ぶことがあると考えることなのだ。

第3は、好奇心である。相手の歴史、仕事、人間関係、そして人生に興味を示すのである。

第4は、すべての中で最も重要なのは、謙虚さとユーモアを使うである。そして、あなたがしたうっかりした文化的間違いがあれば、あらかじめ謝る。これら、勇気を持つこと、相手への尊敬、好奇心、そしてユーモアの4つのガイドラインである。

あなたが、しかめつらをしたことがあるなら、一緒に笑いに加わる。

このようにして、新しい言葉を学ぶ、または新しい文化に適応しようとする人々との絆を、あなたは強めることができるようなるだろう。

 あなたが相手の立場になっていくことに驚嘆して、相手はクスクス笑うだろう。文化的な挑戦は、あなたが積極的な影響を与えたい時、たった一つではない。

70歳、40歳そして20歳の人が一緒に仕事をするとき、最近の出来事を共有する時、違った過去を持っている。違った文化を持っている。誤解をすることもある。その時、お互いに憤る。

文化を超えて、年齢を超えてつながることは、難しいことではない。あなたは喜んでその第一歩を歩むのである。

仕事や個人生活で、ほかの国や背景そしてあなたより若い人、または年配の人との関係を求めることを、必ず忘れないようにする。

異なる背景や年齢の人とあなたがつながる時に、相手はあなたに新しい見方とアイデアを与えてくれるのである。

あなたは、多くの成功と失敗を学ぶだろう。多くの場合、相手はあなたに全く違った方法の問題解決と人生に近づく方法を示してくれるのである。相手は、あなたの世界の見方を永遠に変えてくれるのである。

 

 

7、その間も、その後も、もっとする

本当の影響力は、相手の期待を超えることをすることである。その意味は、相手があなた自身を忘れることができないようにする方法で、つながるのである。その間も、その後も、忘れないようにもっとするのである。

伝えすぎることは、その瞬間にあなたを、めだつようにしてくれる。相手にあなたを思い出させてくる。そして、その反応は、感謝となっていき、尊敬することとなり、敬うこととなっていくだろう。

 

多くをすることは、一度限りの事でなく、続けていく実行なのである。あなたがもっとすることは、そのやり取りの前、その間、その後での、3回に集中していくことである。

他の人が学び、成長し、問題から遠ざかり、進歩して、相手のゴールを達成して、その結果、あなたは継続するよき結果の基礎をつくっていく。それは、豊かな人間関係、誠実に基づいた評判、である。これらが、本当の生涯にわたる本当の影響力を、あなたに与えてくれるのである。

 

相手の思考を広げる

相手が新しい洞察力を持つように、彼らが立場を組み立て直す方法を見つけるように、新しい情報を集め、彼らの生活で新しい意味をみつけるようにと、相手の思考を広げていく。

相手を気持ちよくさせる

 

相手を元気に感じさせる方法、能力があると感じさせる、応援する、力づける、成功する、幸福に感じる、価値があるなどと感じさせてくれるような方法を見つけるのである。

効果的な行動をする

相手が、自ら気にしている行動をするような方法を見つけるようにしていく。

相手が、問題を分解して、問題を解決して、プロジェクトをやり終えるように、仕事を成し遂げることを助けるのである。

あなたのゴールは、相手のためにあなたがいつまでも記憶に残るようにと、物事をよりよくすることである。

(続く)

Leave a Reply