本当の影響力、3(647)


8、挫折を成功に変える力

逆境を偉大なる成果の結果へと変えてきた人にとっては、肯定的な影響を与える人の物語としての第1の共通の糸は、相手の経験から何か肯定的なものを得る決意である。

第2の共通の糸は、自分の立場から抜け出して、他の人が必要とする相手の立場に立つことである。

相手の立場とは、相手の傷つきやすさをオープンにすることで持って、相手と分かち合うのである。あなたが傷つきやすい立場に立つ時の意味とは、あなたが一人でないこと悟る時である。

その時に、あなたが勇気と忍耐力、不屈、弾力性を持っているとするならば、あなたは、生き残るために必要な道具を持っているという意味なのである。その時、あなたは、肯定的な影響力を生み出す力を持っている。そして、挫折を成功に変える力を持っているということなのある。

9、否定的な考えにくよくよしない

 

ジョン、グレンは、地球の初めての宇宙飛行をした人であって、あとでアメリカの上院議員になった。ジョングリシュマンは、成功した弁護士であって、後でベストセラーの小説家になった人である。

だから彼らのように、あなたも、一つの仕事の成果にさよならを言う時があるということなのだ。多分あなたは、いま、次のドアをひらけようとしているか、どうかなのである。

あなたが大きなミスをした時でも、肯定的な影響を与えることができるのだ

 

失敗は、わたし達を弱くも、わるくもしないのである。失敗は、単に私たちを人間的にするだけである。勇敢でそして謙虚になることである、あなたが傷つけた人に訂正するのである。そしてあなたが言うことは、すいません、間違いでした、と、それだけである。

 

あなたの間違いが他の人をどのように傷つけたかを説明するのである。未来に、この失敗を避けることを約束するだけなのである。あなたの失敗を埋め合わせることができ。そしてそれをするのである。

 

最初に、あなたがした間違いをなぜしたのかを厳しく見つめることだ。本当の影響力を与える人は、否定的な考えにくよくよしない人のことなのだ。その代わりに失敗に学ぶ人になるのである。

.

10、鏡の原理

 

 

感謝の気持ちは、我々のテーマの一つである。

多くの影響を与える人とは、物語を共有する人である。人々が、相手が仕事での前進することを助けるような、よき人になるという物語を共有する人になるのである。

このような物語は、わたし達と一緒に物語を共有する人にも、感謝の気持ちにさせるのである。

そこには、老いも若い人にとっても、科学的理由がある。

それは、鏡の原理と呼ばれ、人間の頭脳は鏡の原理を内部にもっているからだ。

あたかも私たちが体験しているように、他の人の行動や感情にも、鏡の原理は、同じような反応を引き起こすということなのだ。

あなたが感謝の行動をするときには、あなたの話を聞いている人も、同様に強い感謝の気持ちを感ずるという鏡の原理なのである。この気持ちが、あなたと相手との間で、強い絆を直接に作るからなのだ。

だから、あなたの影響力を増やそうと望むならば、何時でもあなたの感謝を相手と共有するのである。反対に、否定的な悪循環にいる人なら、積極的にここから抜け出そうとする努力をすることなのだ。そして一緒にあたらしく感謝の善循環に入るのである。

人とつながるネットワークを作ることが、基本の原則である。彼らは、あなたを助けたいのであって、つながっていない感じる人を置き去りにしておくよりも、応援したいのである。

 

 

1、全体のまとめ

 

1)         本当に人に影響をもたらす方法を使って、人に影響を与えるのである。

2)         聞くと言うレベルは、3つがあって、無視されているように感じるレベル1

問題解決のレベル2、ベストは、つながりを創るためのレベル3を使うことである

3)         オープンさには,理知的なオープンと感情的オープンの2つがある。

知的に影響を人に与えるには、わたしは本当に以前よりも変わった、と相手に伝えることである

感情的に影響を人に与えるには、この状況にあなたはどのように感じますか?と相手に時には聞くことである。

4)         異なる文化を超えていかにほかの人とかかわるか、そのためには、本文のあいさつの言葉を使う。

5)         挫折を成功に変える

6)         鏡の原理をつかう

 

本当の影響力とは、あなたが支持し、助けたい人々とのネットワークを作ることである。

そして自分の立場から相手の立場に立つ旅にでることである。

それは、あなたがしたいことに知的にも、感情的にもオープンになることである

そして、あなたのなかにある懐疑的で皮肉屋の心の痛みをときほぐすことである。

 

* It’s about building a network of people who want to help and support you, rather than leaving behind a list of people who feel disconnected and used
* It’s about making the journey from your “here” to their “there” so you can understand, learn from, engage, and add to other people’s point of view
* It’s about being open and transparent about what you’re doing, rather than concealing tactics and techniques
* It’s about easing the ache inside sceptical and even cynical people so they can trust safely

だれとやるか ;

すべては人である。いい仲間がいれば、計画が多少稚拙であっても、事業はなんとか軌道に乗るのである。一方、どれだけ計画が緻密であっても、それを実現する仲間がいなければ、いつまでも仕事で成功しない。

「何をやるか」ではなく、「誰とやるか」で物事は決まる。だから、誰と仕事をしているかで、人は決まるのである

Leave a Reply