人生は どんなに苦しいことがあっても、1 (650)


一枚の紙に書いた言葉が、リーダーとしての本当の可能性について、よく役に立つ。

それは、日めくり「楽しみながら」と同じような役割を果たす一枚の紙である。わたしが出版した日めくり「楽しみながら」を書くように駆り立てた言葉がある。

以下の「一枚の紙」の一部を参考にしています。

One Piece of Paper: The Simple Approach to Powerful, Personal Leadership by Mike Figliuolo.

To purchase this book, go to www.amazon.com or www.bn.com.

それは、この2つの言葉である

懸命にやると奇跡が起こる

人生は どんなに苦しいことがあっても しかも 生きるに値する  綾羽一紀

以下は、この2つの言葉のエネルギーについての、文章です。

1、一枚の紙

わたし達が一枚の紙に書く言葉は、リーダーシップ哲学に際してのスナップショップである。あなたの行動原理を15から20程度を箇条書いて,詩、イメージや文して章として、一枚の紙にする。

それらの言葉は、スピルバーグの映画のように、あなたにとって物語や感情や感動を思い出させるものである。

それらは、できるだけ個人的な文章であるべきなのである。

だから、誰もが使う言葉を、できるだけ使わないようにするようにする。

一読すればその人の行動原理を理解できる言葉でなければ、それらはあまりに複雑であるからだ。その言葉を誰かとシェアする時には、行動原理の背景にある個人的な物語に思い出すことができるようにする。そうでなければ、個人的に十分な言葉とは言えない。

 

 あなたの行動原理となる言葉は、あなたにとって何が重要かをいつも思い出させてくれるものなのだ。その言葉は、わたしのルールである。何回かその価値を見直すことによって、重要であり続ける言葉である。

その行動原理は、あなたを人間として、またはリーダーとして、成長することを続けさせてくれる言葉でなければならない。だからその言葉は、企業理念によく似ているのだ。

わたしは未来をどのように作ろうとしているのか?を毎日思い出させてくれる言葉である。

 

2、指針としてのガイドライン

その言葉は、自分が思いを巡らせて、あなたの周りの世界に何が起ころうとも関係なく、わたしがなりたい人物に思いを巡らせるようにさせてくれる言葉である。あなたに可能性のある未来を最初に定義するようにさせてくれるよう言葉である。

このようなメンタルな状況に自分をシフトしていくためには、次のような二つの強力な質問に答えることが、私たちは必要である。自分への質問は、この2つの問いかけである。その2つの質問は、

人生の碑文として残したい言葉は 何か? 

わたしの職業および人生の要約にとして、何をしたいのか?

このような質問をすることが、あなたが人間として何を主張しようとしているかに焦点を合わせてくれる。これらの質問は、あなたが余計な出来事と期待に回り道をしないようにさせてくれて、人生のわたしの願望の核心を明らかにしてくれる言葉である。

それらの言葉は、あなたが誰になりたいのかという方向について、あなたにとって意味のあるゴールに到達するように駆り立ててくれる行動原理である。

何が、あなたの指針としてのガイドラインになるのか?

また倫理的なガイドラインを定義するために、2つの質問を自分にするようにする。

• ゴールに到達するには、何を喜んで犠牲にしようとしているのか?という問いかけでもある。

 

3、「海と老人」

あなたが挫折するときには、どのようにして自分自身を支えていくことができるのか?

よき行動基準は、自分自身に再び焦点を当てるための、あなたのツールになる言葉である。

私が困難な時に、発見して頼っている2つの行動基準がある。

ひとつはその状況を作りなおすことを助けてくれる。だから自分が専門的に生産的に取り組むことをあなたができるようにと助けてくれる。

 

もうひとつは「海と老人」の行動基準は、特に私が打ちのめされた後に、再び立ち直ることを助けてくれるのである。

その通りである。そしてわたしは、再び立ち直ることについて、何回も唱える言葉があだろうか?

 

この著者が優雅に指摘しているのは、過去は過ぎ去ったことであって、私たちが前進することについてである。

この行動基準の物語は、私が倒れたことを認め、再び立ち直り、再び戦いに戻った事を伝えている言葉なのである。

この世が終わるように感じた時に、人は、もっと強力な完全な行動基準を発見するのである。だからわたし達は、ヘミングウェイ「海と老人」を読む必要がある。

人間は敗北するために作られていない。人間は打ち砕かれるが、敗北しない、という言葉である。

 ヘミングウェイの言葉は、わたしたちの最初の行動基準となる事例である。

この言葉は、私たちは頼ることができて、困難な時に私たちを前進させてくれる行動原理となるのである。

綾羽一紀さんに関係する公演は、出版、映像、音楽制作会社で、あんがいおまる一座の

出版と一座の公演ほかの石炭倉庫 でおこなわれています。

(つづく)

Leave a Reply