戦いのリーダーシップと芸術、1(653)


Leadership and the Art of Struggle by Steven Snyder.からの以下は抄訳です。

1、        結論

 

 

素晴らしいリーダーは、どのようにして逆境と挑戦をとうして成長していくのか?

リーダーシップは、しばしば戦いである。そして強いタブーが、私たちを弱く見える恐怖のために、オープンで正直に困難について話すことを遠ざけるのである。

でも、リーダーシップと戦いの芸術が示すのは、逆境が我々の可能性を解き放つということなのである。

著者のスチーブン、シンダーが示すのは、個人の成長と組織の成長を達成するためには、いかに厳しい挑戦を乗り越えるのか、と言う体験なのである。彼は、戦いを歓迎する戦略を詳しく説明していく。

戦いの芸術をマスターすることによって、あなたは人生の挑戦に対処するために、そして最も重要なことに集中することを身につけるのがよいだろう。

学ぶことは、次についてである。

• 戦いの中で、いかに踏みとどまるか?

•立ち直るために適応性のあるエネルギーに、あなたのエネルギーをどのように振り向けるか、について。

 • リーダーシップというマラソンの楽しみ方 の3つである。

誰もが否定的な考え方や悪い気分になる時がある。しかし、リーダーは、順応できるエネルギーにアクセスできて、彼らは、逆境の感情を、創造性にそしてゴール中心に振り向けることができる、と言うことだ。

 

1、        戦いは卑猥な言葉でない

 

 

多くのリーダーは戦いを、否定的な、不快にさせる言葉、またはタブーの言葉として、無意識に分類してしまうものである。タブーとは、戦いを必要以上に困難なものとして扱うことである。

勿論、リーダーは完全無欠ではない。すべての人間は、欠点と弱点がある。

しかしながら、有能なリーダーは、戦いを成長と学ぶ機会として歓迎するのである。彼らは、戦いの中に埋没することなく戦いを通過すべき儀式として、戦いの中に埋没することなく、歓迎するのである。

リーダーは,戦いを、通過すべき普遍的な儀式として見るようになるのである。

 

2、順応できるエネルギー

順応できるエネルギーとは、あなたが夢に近づくように、あなたにゴールに指示し、そしてコースから逸れる時に、あなたに警告するように駆り立てる力である。

そのエネルギーは、あなたの行動を、成功の外部的な基準とあなたの内部の価値と原則とを一致させるものである。

適応できるエネルギーは、直接の解決案が明らかでない時に、あなたがイノベイティブなアイデアを思いつくことと結びつけルのようにさせるエネルギーである。

あなたのやり取りが、戦いを含んでいる時さえも、その結果あなたは、紛争を管理する俊敏さをえて、途中で立ち止まらないエネルギーとなるのである。

誰もが否定的な考えと悪い気分を持っている。

しかし適応できるエネルギーにアクセスできて、そのエネルギーは、彼らの逆境の感情を、創造性とゴール中心の追求に結びつけることができるのである。

すべてのリーダーは、可能性に彼らのエネルギーを結びつけ、目的と一致させる人間である。

彼らの中心の質問は、芸術としてリーダーの戦いは一つの公式とはならないが、キーコンセプトは、あなたがもっと自分を理解するなら、リーダーが理解する必要があるのは、彼らの自動的で思慮深い心である。

 

 

3、成長する心

 

 

成長する心を持っているリーダーが意識的に知っていることは、能力は生まれつきのもので変わらないものではないということである。その代わりに変わり得る内容として、練習と忍耐をとうして意識的に増えていく性質であると言うことだ。

成長する心においては、継続して学ぶことをとうして能力を開発することに注意を払うのである。

挑戦する仕事を追求することによって、安全とより安易な道を選ぶのでなくて、新しく学ぶ機会を探すことである。

(つづく)

Leave a Reply