Archive for 7月, 2013

ひとつの事をする、1(655)


暑中お見舞い申し上げます。平成2年盛夏

 

The One Thing: The Surprisingly Simple Truth Behind Extraordinary Results by Gary Keller with Jay Papasan. Copyright © 2012go to www.amazon.com or www.bn.com.

「ひとつの事をする」は、上記からの抄訳で、以下は、経営の古典的な生産性をあげる手法で、誰もがこの手法を応用することにより大きな成果を上げることができるようになります。私にとっても、必須の生産性と高い成果のための手法です。

あなたは仕事からより多くの生産性を求める。よきライフスタイルから多くの収入を得ることを望む。人生からより多くの満足を求め、自分のために、家族のために、友人のためにもっと時間を求める。

ひとつのことをすることは、あなたの人生のあらゆる分野に、仕事に、個人的に、家族に、精神的に、大きな結果を与えてくれるのだ。ひとつのことは、成功する人生に何度も示すのは、基本的な真実であるためである。

ひとつのことをするは、仕事において、人生においてシンプルで賢いことであって、あなたが望む成功に駆り立てるのである。できるだけ小さなことをするとき、あなたはひとつのことを凝視するだろう。

.

1、小さく進める

 

 

誰もが一日に同じ時間を持っているのに、ある人は他の人よりとても大きなことをするように見えるのだろうか?答えは、彼らがアプローチの核心である物事のエッセンスをするからである。彼らは小さく進めるからだ。

小さく進めるは、あなたがすることができる全てということを無視して、するべきことをするからだ。それは、すべてが平等に重要ではないことを認めることだ。最も重要なことの発見をすることだ。このアプローチが、とんでもない結果を実現することになるのだ。

ひとつのことをするが、あなたがしたいことをえる最善のアプローチなのだ。

2、連続的に起こるから大きな成果となる

 

大きな成果は連続的に起こるもので、同時に発生するものではない。

このドミノ的な影響は、大きな洞察に、あなたの仕事に応用できるのだ。

毎日の小さな瞬間にも、何を次にするかを決めることにも応用できる。

成功は成功の上に築かれるのである。そのカギは時を超えて、成功は連続的なもので、一度に一つのことをするということである。

.優先順位

 

平等は、法と権利の下で追求される理想の勝ちである。

しかしながら、現実の世界では、物事は決して平等でない。平等は嘘である。あらゆるものが平等に重要ではない。

この世での成功とは、誰が最も重要であるかによって決められるゲームである。

日常ベースでは、いかにそれが正確に演じられる世界である。to-do listsは、わたし達が意図する役立つツールになるのである。

しかしながら、to-do listsは、するべきと感じる些細な、重要でないものとして、私たちを苦しめるものにもなるのである。原因が、そのリストにあるためからである。

それゆえ達成者は、違った方法で管理するのである。

達成者はto-do listの替わりに、優先順位の明確な判断でもってして仕事をするのである。そして、ひとつのリストはとんでもない結果を作るリストになるのである。

あなたのto-do listがあらゆるものを含んでいるなら、あなたが行きたい場所を除いて、あなたを多分どこかに違った場所に連れていくのである。

3、パレートの法則を応用する

 

パレートの法則は、80/20の原則として知られている。が,それが示していることは、あなたの努力の20%が、あなたの成果の大多数である80%に導くと言うことである。

その法則は、その明かな方法を我々に示している。

あなたがしたい大部分のことは、あなたがするわずかな部分からやってくると言うことである。とんでもない成果は、多くの人がするよりも少ない行動から作られると言うことである。

同じ原理がすべての仕事に作用することを、理解しなければならない。この洞察は、すべてが平等に重要でないと言うことだ。あることは、ほかの事より重要なのだ。

to-do listは、あなたがパレートの原理を当てはめる時に、成功のりストとなるのである。

もっと極端に言えば、あなたが望む大きな項目のリストから始める。

しかし考え方を発展させるのは、しかしそこから重要なリストを、2,3にそぎ落としていくのである。

そしてなくてはならないひとつにそぎ落とすまで、そぎ落とすことを止めないことだ。

4、スィートスポットにたどり着くまでには、66日

 

 

正しい訓練が先に進めてくれる。習慣を作るには、最初のみ厳しい。

時の経過とともに習慣は、維持するのが容易になる。習慣になれば、維持するためのエネルギーと努力は少なくなる。

ロンドン大学の研究者は、新しい習慣を作るにはどのくらいの日が必要かとの質問をした。その結果が示しているのは、66日間で、18日から254日の間である。66日がスィートスポットである。

特別に成功している人は、スーパーマンでない。彼らは、2,3の重要な習慣を作るために選ばれた訓練をしていた。

 

成功が辿りつくのは、人生のあらゆる瞬間に自分にふさわしいことをしている、と言う事実である。今していることを正確にすること、今正しいということである。それは驚くべき可能性を人生に与えることが現実になると言うことだ。(つづく)

 

英語とコミュニケーション(654)


 

1、英語力を高めるには

 

 

英語に多くの時間をかけるよりも、人もコミュニケーション能力を高めていくことが重要

である。聞く力を高めることである。ある年齢の時以外に英語にあまり時間をかけるより

も、英語の会話力よりも、コミュニケーション能力力を高めることにある。

五感を使ってコミュニケーション能力を高めることである。

 

企業は、コミュニケーション能力を高めることによって、経営状態を良くすることができるようになる。人は、ある年齢の時に英語に没頭するのはよいが、個人にとって最も重要なことを発見して、それに専念することの方が、結局英語力高めることができるようになる。

 

大切なのは、他の人とよき人間関係を維持するための気付く能力である。

コミュニケーションの能力を高めることである。英語の力を高めるためには、

英語を学ぶ以上に、人とつながることができることを確信するスキルの使い方である。

 

英語力を高めるためには、英語の時間を増やすことではない。

もっと重要なことへの時間が取られなくなるという問題なのである。

である。コミュニケーションはどうしてできるのだろうか?4つの段階を使うことに

よってである。

 

それらは視覚的に、知的に、感情的に、音声的な方法によっての、人とコミュニケーションを学ぶのである。人とつながるには、これら4つの方法がある。コミュニケーションを学ンでつながることのほうが、英語を学ぶよりも大切なのである。

2、誰もがコミュニケートしていても、ほとんどがつながらない

 

以下の文章は、上記本の一部のわたしによる翻案です。

誰もがコミュニケートしていても、ほとんどがつながらないかを、学ぶのである。

ある人々は生まれながらに人とつながる方法をマスターしているように見えるが、誰でも学ぶことができることは、有効につながるための機会を利用することである。

つながるためにコミュニケーション能力の高めることは、ほかの人へのあなたの影響を増やすことに関係している。つながることを、わたしたちが、個人的にも、職業の専門家として、学び応用できるのである。

そのための5つの方法としては、

 

相手との共通の土俵を見つける

コミュニケーションをシンプルにする

相手の関心事の発見をする

人々を励ます

相手との関係を信頼の状態を続ける、という5つの方法である。

 

 

正しい人とつながる

 

 

自分の可能性を実現させるために;

それは、つながるためのコミュニケートする能力が、あなたの可能性を実現するため

に必要な要因である。成功するためには、他の人と一緒に働かねばならない。

最善を尽くすためには、人とつながらなければならない。

そして仕事において、何よりも優先するのは、正しい人とつながることができる能力である。

 

3、人とつながる4つの方法

1.)見ること視覚的につながる

見ること;ある種のコミュニケーションは視覚によってえられる。視覚的につながるときには、正しいことに注意を払い、気を紛らわせないようにする。よく髪を整え、正しい服を着ることが、つながるための正しいスタートになる。

 

2. 理解すること知的につながる

知的水準でもって人と効果的につながるためには、あなた自身の主題とあなた自身について体験の二つである。

チャーリーパーカーが観察したように、あなたがそれに生きていなければ、あなたのトランペットの音を出せない。人の心とつながりたければ、あなたの個人的な経験の代用物になるものはなにもない。

 

3)感じること感情的につながる

感じること、感情的につながる

あなたの中にあるものが何であれ、肯定的又は否定的であれ、ほかの人とコミュニケートする時、結局感情は滲んでくる。あなたの言葉を聞く人は、本当はあなたの態度を、感じている。他の人に話しかけるとき、あなたの態度のほうが、あなたの言葉よりも上回っている。

 

4. 聞くこと音でつながる

言葉は、アイデアの通貨である。それは世界を変える力がある。

何を話すか、どのように話すか、が、インパクトを与える。人は使う言葉に反応する。

話す言葉以上に音質、抑揚、音の大きさに人は反応する。

音声でするあらゆることは、何かをコミュニケートして、あなたがつながり、または人を遠ざける可能性がある。

 

4、つながるには、エネルギーが必要

 

 

効果的につながるためには、エネルギーを使う必要がある。

つながろうとするときには、エネルギーを使わねばならない。つながることが最大限に効果を発揮するには、具体的に次のことをしなければならない。

 

1 つながるためには、自分からする

誰かと会話をはじめるのは、ぎこちなく感じる。誰かに手を差し出すことは、危険をおかすことかもしれない。その瞬間準備ができていなくては、心地よくないかもしれない。

不器用な自分の過去の気持ちを学ぶかもしれない。他人とつながる人は、まず自分から先にすることである、

2つながるには明晰さが必要でその準備

これは考えのわかりやすさの工夫である。それはたいていの場合準備の結果から成果が生まれてくる。

3つながるには忍耐が必要なのでゆっくりする

. よくつながる人は、急がない。そして視線、顔、体、頭脳、人格などのすべてを使うようにする。

(4)つながるにはスタミナが必要で、エネルギーをチャージしてからする

人とつながりたい時.自分にエネルギーをチャージしておかねばならない。

.

5、つながるには、才能よりもスキルである

才能よりもスキルである事が分かれば、誰か専門家からつながることについて学ぶことができるのである。

哲学者で詩人のエマソンは、すべての偉大な話し手は、最初はだめな話し手であった。

よくつながる人は、一対一で人とどのようにやり取りをするかを観察する

1対1でつながるには

• その人に興味を持つ

• その人の価値を認める

•彼または彼女への関心を最初におく

• その人への感謝を示す

 

つながる人は、ほかの人とつながる共通の土俵を探す。でも、あなたにだけに関心を持っている人では、共通の土俵を探すことは難しい。

他の人とつながる可能性を増やしたければ、次の言葉を選ぶようにする。

利用できる共通の土俵他の人と一緒に時間を使うために使う

共通の土俵は見つけなければならない。土俵として利用できるものを意識的にさがす。

そしてつながりをきらないようにつづける。

質問する、関心を持つ

 FORM,という単語を覚えておく、それは家族、仕事、リクリエーションとメッセージ

という4つの言葉のである。これらの4つの言葉は驚くほどその人について学ぶことができる。

思慮深かい—相手に感謝を示す言葉を使う

そうすれば共通の土俵は見つけられる。

オープンさ — わたしの人生のなかにその人を入れるようにする

コミュニケーションは、ほかの人との共通性を見つけるすべてである。

• 謙遜 — 自分を客観的に見て、相手を輝かせる

インパクトを相手に与えようと考えているならば、自分の成功でなく失敗を話すようにする。

. 謙遜は、自分を客観的に見る能力で、もう一つは相手を輝かせる能力である。

それは、相手に力を与える能力である。

.

 

6、シンプルに

 

 

(1).シンプルでポイントを押さえている.

よきコミュニケーターは、何がポイントであるかについて、話す時や書くまでに、内容のポイントを押さえている。

 そしてシンプルにポイントを押さえるおことは、才能でなく技能であるし、強さである。

(2)何度も何度も繰り返す

繰り返しが、相手に聞いてもらい、理解してもらうことが学ぶということの基本法則だ。

(3) 興味のある方法で.

ユーモアを使う、またはショッキングを与える統計を使い、相手を考えるために立ち止まらせるチャンスを与える。

(4)ビジュアルに.

 相手のイマジネーションを刺激するような言葉を使う。そして相手の心に生き生きしたイメージを相手が描くようにする。

(5) 物語に.

興味を掻き立てる多分最も効果的方法は、物語が含まれていることである。物語は経験をより強いものにしてくれる。

 

7、コミュニケーションの目的

結局最後にうまくいくには、つながる以上のことをする必要がある。

コミュニケートするとは、あなた自身が本当に生きることである。

コミュニケートする内容でもって生きなければ、ほかの人とつながることができない。

人を助けたければ、コミュニケーションを次の段階に引き上げる必要がある。

人々に行動を求めることである。それには、人に、知ることから、いまするように動きかけることである。

私たちが世界で違いを作ることができる。

私たちの言葉と行動が毎日一致していることである。私たちは、コミュニケートする

ことに生きるのでなければならない。そうしなければ達成できることは、誰にもわからない。

 

以上が、英語は、リベラルアーツや文化力を基礎にして、専門があってその後で初めて生かされるツールであるからです。

 

戦いのリーダーシップと芸術、3(653)


私によるまとめ

 

1、逆境と挑戦として、西条秀樹

 

逆境こそが、私たちの可能性を解き放つということです。

著者のスチーブン、シンダーによれば、個人の成長と組織の成長するためには、いかに厳しい挑戦を乗り越えるのか、と言う体験なのである。彼は、戦いを歓迎する戦略を説明する。

最も重要なことに集中することである。

リーダーは、逆境の感情を、創造性とゴール中心の生き方に振り向けることができる、と言うことだ。

リーダーは、戦いを、成長と学ぶ機会として歓迎するのである。

適応できるエネルギーは、直接の解決案が明らかでない時に、あなたがイノベイティブなアイデアを思いつくことに結びつけようとさせるエネルギーである。

そのエネルギーが、彼らの逆境の感情を、創造性とゴール中心の追求に結びつけることができるのである。

すべてのリーダーとは、彼らのエネルギーを可能性に結びつけ、目的と一致させる人間である。

成長する心においては、継続して学ぶことをとうして能力を開発することに注意を払う心である。挑戦する仕事を追求することによって、新しく学ぶ機会を探すことである。

 

人は、逆境と戦いそして挑戦によって成長できるのである。偶然見た教育テレビでの脳梗塞から回復された歌手の西條秀樹さんの、人間的に成長されている姿を見て感動しました。その時まで、私は西条秀樹さんに全く関心がなかった。その病から成長は、以前の彼の姿と違う人になっておられたからです。

2、内なる平和、マラソン、適応するエネルギー、とホーキング

 

 

挑戦と合わせて大切なのは、自分を知ることにある。自分を知ることの練習は、もっと自分を知ることである。内なる平和にとどまることにある。

このような練習をとうして、自分を客観的に観察することを学ぶことにある。そのためには、困難な状況を体験して、自分を観察するのである。

それは、あなたの仕事を発展させ成長させることであるかもしれない。

戦いと芸術の重要な部分は、古いパタンを破り、それは適応できる方法でもって、あなたのエネルギーとつながるための新しい習慣を作ることにある。

私たちは、論理と理性を直感的能力、即ち、未来を予測する能力を合成するのである。

努力と経験によって、あなたは直感を研ぎ澄ますことができる。

あなたは、未来を予測し、準備することを学ぶことができるのである。

私たちは、機会-、マーケット、技術、そして競争の機会、それはイノベーションと創意の機会を、発見できるようになる。

あなたの適応できるエネルギーによって、あなたの技能と能力を育て、未来に広がる可能性に触れることができるようになるのである。

長距離ランナーにごとく、あなたが、自分でエネルギーを補い、失ったエネルギーを補給し、人生の困難に直面して、自分を維持し、成長と精通の道を続けるためである。

内なる平和をアジサイの花に見つけて、アートが生命のエネルギーにつながるようにする。戦い挑戦する時に前に、内なる心の平和を、あなたはどのような方法でえようとするのか?

友人のAさんは、逆境と戦いそして挑戦について、西条秀樹さん同様に、ホーキングの事例を送ってきてもらった。以前から宇宙学者として知っていたが、改めて、ホーキングのあのイスの姿を、改めて彼の挑戦を思い出すとともに、Aさんがこの事例を送ってくださったことに感謝する。

http://www.hawking.org.uk/

3、親友とよき人間関係

 

あなたが導き、アドバイスをして、あなたの人生の旅であなたを触発するタイプの人を考えるようにする。

賢い人達と話す。示唆に富むブログを読み、本を読むのである。

そして未来のあなた自身のビジョンを作り上げるのである。

大切なのは、他の人とよき人間関係を維持するための気付く能力である。

戦略的なパートナーシップをつくり、戦略的なパートナーシップを作り上げることにある。そしてwin -winの関係を作り上げることです。

そして、あなたがつながることができる人とのコミュニティを作り、絆を作り上げるのである。彼らからのアドバイスをえて、フィードバックをえる関係を深めることである。

それが、あなたが再びスタートする偉大な方法である。

 

長距離ランナーのように、あなたは自分でエネルギーを補い、失ったエネルギーを補給するのである。そして、人生の困難に直面して、自分を維持し、成長と精通の道を走り続ける人となるのである。

大切なものや重要事項に気が付き、それを祝うのである。

あなたが感謝するものは何だろうか?家族、友人、仲間、と一緒にいて心に刻みつかれる特別な瞬間は何だろうか?

 

感謝を表す習慣が、わたしたちにはあるだろうか?

最も役に立つ基準は、どのように私たちのユニークな道を発見し、わたし達の可能性につながるのである。

ファンと友人がいればこそ、彼らはあなたの長所を認めて、親友からは時にはアドバイスをしてもらえるようになる。このことを小島さんは、小島博の視点で語られている。このような親友とのフィードバックをしていきながら、わたしたちはそれぞれのユニークな道を、発見することができるようになるのである。

このような親友の関係が、人を成長させてくれる。

そして、未来の可能性に人はつながっていくようになるのである。

戦いのリーダーシップと芸術、2(653)


4、バランスを取り戻す

 

 

リーダーは、心の中心にとどまり、足を地につけるための多くの練習をする。ある人は、自然と深くつながることにより、平和と静謐を見つける。ある人は、旅をすることにより、落ち着きと明晰さを求める。

これは、心の落ち着きの練習を大切にすることである。大切なのは、自分を知ることにある。自分を知ることの練習は、混乱が周りが荒れ狂っていても、もっともっと自分を知ることである。そして今に生きることである。そして内なる平和にとどまることの大切さである。

このような練習をとうして、ストレスが多い状況の下で、自分を客観的に観察することを学ぶことにある。困難な状況を体験して、同時にその時、自分を観察するのである。

心の落ち着きに気を配る練習は、私たちを、思想、条件反射的な心、から自覚するように、私たちをさせるのである。

そして創造的な方法でもってして、反省的な心になるのである。わたし達が、意識的にもっと思慮深い反応を選ばせ、状況に挑戦するようになるためである。

そして、あなたに長期で必要なことは、あなたの仕事を発展させ成長させることであるかもしれない。

次に、あなたが導き、アドバイスし、あなたの人生の旅において、あなたを触発する人のタイプを考えるようにすることでもある。

思い出すがよい、戦いと芸術の重要な部分は、古いパタンを破り、それは適応できる方法でもって、あなたのエネルギーとつながるための新しい習慣を作ることにある。

そして、あなたがながることができる人とのコミュニティを作り、絆を作り、彼らからアドバイスをえて、パートナーシップをつくるのである。そして友やファンからフィードバックをえることである。

それが、あなたが再びスタートする偉大な方法である。

 

 

5、未来を見つめ、準備する

よきリーダーは、現在の環境と未来の可能性の間のつながりを直感的に知ることを学ぶ人になるのである。

彼らは、論理と理性を直感的能力、即ち、未来を予測する能力を合成するのである。

努力と経験によって、あなたは直感を研ぎ澄ますことができるようになる。

あなたは、未来を予測し、準備することを学ぶことができるのである。

あなたは、機会-、マーケット、技術、そして競争の機会、それはイノベーションと創意の機会を、見ることができるようになる。

あなたは、適応できるエネルギーによって、あなたの技能と能力を育て、未来に広がる可能性に触れることができるようになる。

 

未来を準備する

あなたがつながり、自分に希望を与えるのである。TED or the AspenIdeas Festival.プロフェッショナルな会議に出席するのである。個人的に出席できないなら、無料で利用できるWeb;の講演を探す。そして賢い人達と話すのである。示唆に富むブログを読み、本を読む。

賢い人と話すとは、そのような人とつながり、戦略的なパートナーシップを作り上げることをするのです。そしてwin -winの関係を作り上げることです。

結果として、未来のあなた自身のビジョンを作り上げることができるようになる。

どのスキルが、あなたのリーダーシップの可能性を最大化するかを確認するのは簡単でない。

大切なのは感情的な知性である。それは、自分を理解することを意味して、自分の感情的な状態を管理するための人間の成熟さである。それは他の人とよき人間関係を維持するための気付く能力である。

 

6、マラソンを楽しむ

 

リーダーシップはマラソンであるとも言えるし、短距離走ではない。長距離ランナーは走りながら栄養物をとる長距離ランナーにごとく、あなたは自分でエネルギーを補い、失ったエネルギーを補給し、人生の困難に直面して、自分を維持し、成長と精通の道を続けるようにするのである。

偉大なリーダーは、このようにして、彼らの役割と人生の高いレベルの訓練をする。

訓練は、何度も何度も行動すること。

コツは、正しいことを毎日することである。

7、大切なものを祝う

 

 

あなたのゴールと野心を追求して、人生を走る時、あなたは、人生は変えることができるようになる。そして、常に自分がゆっくりと―呼吸して、大切なものに気が付き、それを祝うのである。人生で、重要な事項を実行することである。

あなたが感謝するものは何だろうか?家族、友人、仲間、と一緒にいて心に刻みつかれる特別な瞬間は何だろうか?

彼らを思い出す時に心に刻まれるものが、心にあるかもしれない。

感謝を表す習慣があなたにあるだろうか?

最も役に立つ基準は、どのように私たちのユニークな道を発見し、それは、わたし達の可能性へとつながるのである。可能な最善の人になることである。

(つづく)