英語とコミュニケーション(654)


 

1、英語力を高めるには

 

 

英語に多くの時間をかけるよりも、人もコミュニケーション能力を高めていくことが重要

である。聞く力を高めることである。ある年齢の時以外に英語にあまり時間をかけるより

も、英語の会話力よりも、コミュニケーション能力力を高めることにある。

五感を使ってコミュニケーション能力を高めることである。

 

企業は、コミュニケーション能力を高めることによって、経営状態を良くすることができるようになる。人は、ある年齢の時に英語に没頭するのはよいが、個人にとって最も重要なことを発見して、それに専念することの方が、結局英語力高めることができるようになる。

 

大切なのは、他の人とよき人間関係を維持するための気付く能力である。

コミュニケーションの能力を高めることである。英語の力を高めるためには、

英語を学ぶ以上に、人とつながることができることを確信するスキルの使い方である。

 

英語力を高めるためには、英語の時間を増やすことではない。

もっと重要なことへの時間が取られなくなるという問題なのである。

である。コミュニケーションはどうしてできるのだろうか?4つの段階を使うことに

よってである。

 

それらは視覚的に、知的に、感情的に、音声的な方法によっての、人とコミュニケーションを学ぶのである。人とつながるには、これら4つの方法がある。コミュニケーションを学ンでつながることのほうが、英語を学ぶよりも大切なのである。

2、誰もがコミュニケートしていても、ほとんどがつながらない

 

以下の文章は、上記本の一部のわたしによる翻案です。

誰もがコミュニケートしていても、ほとんどがつながらないかを、学ぶのである。

ある人々は生まれながらに人とつながる方法をマスターしているように見えるが、誰でも学ぶことができることは、有効につながるための機会を利用することである。

つながるためにコミュニケーション能力の高めることは、ほかの人へのあなたの影響を増やすことに関係している。つながることを、わたしたちが、個人的にも、職業の専門家として、学び応用できるのである。

そのための5つの方法としては、

 

相手との共通の土俵を見つける

コミュニケーションをシンプルにする

相手の関心事の発見をする

人々を励ます

相手との関係を信頼の状態を続ける、という5つの方法である。

 

 

正しい人とつながる

 

 

自分の可能性を実現させるために;

それは、つながるためのコミュニケートする能力が、あなたの可能性を実現するため

に必要な要因である。成功するためには、他の人と一緒に働かねばならない。

最善を尽くすためには、人とつながらなければならない。

そして仕事において、何よりも優先するのは、正しい人とつながることができる能力である。

 

3、人とつながる4つの方法

1.)見ること視覚的につながる

見ること;ある種のコミュニケーションは視覚によってえられる。視覚的につながるときには、正しいことに注意を払い、気を紛らわせないようにする。よく髪を整え、正しい服を着ることが、つながるための正しいスタートになる。

 

2. 理解すること知的につながる

知的水準でもって人と効果的につながるためには、あなた自身の主題とあなた自身について体験の二つである。

チャーリーパーカーが観察したように、あなたがそれに生きていなければ、あなたのトランペットの音を出せない。人の心とつながりたければ、あなたの個人的な経験の代用物になるものはなにもない。

 

3)感じること感情的につながる

感じること、感情的につながる

あなたの中にあるものが何であれ、肯定的又は否定的であれ、ほかの人とコミュニケートする時、結局感情は滲んでくる。あなたの言葉を聞く人は、本当はあなたの態度を、感じている。他の人に話しかけるとき、あなたの態度のほうが、あなたの言葉よりも上回っている。

 

4. 聞くこと音でつながる

言葉は、アイデアの通貨である。それは世界を変える力がある。

何を話すか、どのように話すか、が、インパクトを与える。人は使う言葉に反応する。

話す言葉以上に音質、抑揚、音の大きさに人は反応する。

音声でするあらゆることは、何かをコミュニケートして、あなたがつながり、または人を遠ざける可能性がある。

 

4、つながるには、エネルギーが必要

 

 

効果的につながるためには、エネルギーを使う必要がある。

つながろうとするときには、エネルギーを使わねばならない。つながることが最大限に効果を発揮するには、具体的に次のことをしなければならない。

 

1 つながるためには、自分からする

誰かと会話をはじめるのは、ぎこちなく感じる。誰かに手を差し出すことは、危険をおかすことかもしれない。その瞬間準備ができていなくては、心地よくないかもしれない。

不器用な自分の過去の気持ちを学ぶかもしれない。他人とつながる人は、まず自分から先にすることである、

2つながるには明晰さが必要でその準備

これは考えのわかりやすさの工夫である。それはたいていの場合準備の結果から成果が生まれてくる。

3つながるには忍耐が必要なのでゆっくりする

. よくつながる人は、急がない。そして視線、顔、体、頭脳、人格などのすべてを使うようにする。

(4)つながるにはスタミナが必要で、エネルギーをチャージしてからする

人とつながりたい時.自分にエネルギーをチャージしておかねばならない。

.

5、つながるには、才能よりもスキルである

才能よりもスキルである事が分かれば、誰か専門家からつながることについて学ぶことができるのである。

哲学者で詩人のエマソンは、すべての偉大な話し手は、最初はだめな話し手であった。

よくつながる人は、一対一で人とどのようにやり取りをするかを観察する

1対1でつながるには

• その人に興味を持つ

• その人の価値を認める

•彼または彼女への関心を最初におく

• その人への感謝を示す

 

つながる人は、ほかの人とつながる共通の土俵を探す。でも、あなたにだけに関心を持っている人では、共通の土俵を探すことは難しい。

他の人とつながる可能性を増やしたければ、次の言葉を選ぶようにする。

利用できる共通の土俵他の人と一緒に時間を使うために使う

共通の土俵は見つけなければならない。土俵として利用できるものを意識的にさがす。

そしてつながりをきらないようにつづける。

質問する、関心を持つ

 FORM,という単語を覚えておく、それは家族、仕事、リクリエーションとメッセージ

という4つの言葉のである。これらの4つの言葉は驚くほどその人について学ぶことができる。

思慮深かい—相手に感謝を示す言葉を使う

そうすれば共通の土俵は見つけられる。

オープンさ — わたしの人生のなかにその人を入れるようにする

コミュニケーションは、ほかの人との共通性を見つけるすべてである。

• 謙遜 — 自分を客観的に見て、相手を輝かせる

インパクトを相手に与えようと考えているならば、自分の成功でなく失敗を話すようにする。

. 謙遜は、自分を客観的に見る能力で、もう一つは相手を輝かせる能力である。

それは、相手に力を与える能力である。

.

 

6、シンプルに

 

 

(1).シンプルでポイントを押さえている.

よきコミュニケーターは、何がポイントであるかについて、話す時や書くまでに、内容のポイントを押さえている。

 そしてシンプルにポイントを押さえるおことは、才能でなく技能であるし、強さである。

(2)何度も何度も繰り返す

繰り返しが、相手に聞いてもらい、理解してもらうことが学ぶということの基本法則だ。

(3) 興味のある方法で.

ユーモアを使う、またはショッキングを与える統計を使い、相手を考えるために立ち止まらせるチャンスを与える。

(4)ビジュアルに.

 相手のイマジネーションを刺激するような言葉を使う。そして相手の心に生き生きしたイメージを相手が描くようにする。

(5) 物語に.

興味を掻き立てる多分最も効果的方法は、物語が含まれていることである。物語は経験をより強いものにしてくれる。

 

7、コミュニケーションの目的

結局最後にうまくいくには、つながる以上のことをする必要がある。

コミュニケートするとは、あなた自身が本当に生きることである。

コミュニケートする内容でもって生きなければ、ほかの人とつながることができない。

人を助けたければ、コミュニケーションを次の段階に引き上げる必要がある。

人々に行動を求めることである。それには、人に、知ることから、いまするように動きかけることである。

私たちが世界で違いを作ることができる。

私たちの言葉と行動が毎日一致していることである。私たちは、コミュニケートする

ことに生きるのでなければならない。そうしなければ達成できることは、誰にもわからない。

 

以上が、英語は、リベラルアーツや文化力を基礎にして、専門があってその後で初めて生かされるツールであるからです。

 

Leave a Reply