習得すべき能力と経営、2(663)


最も困難とする経営の問題を理解して、解決する(何がリーダーを眠らせないのか?)

 

4、リラックスする時間、

私が追加するものとしては、これら5つと同時にリラックスする時間を一日の中でもつこともなくてはならない、と書いた。リラックスについては、私が説明するよりも、以下の著作「何がリーダーを眠らせないのか?」が巧みに説明しているので、私の言葉の代わりにとしてその抜粋を私が翻案する。

なぜなら、リラックスすることは、習得すべき能力であるからだ。

From What Keeps Leaders Up at Night: Recognizing and Resolving Your Most Troubling Management Issues by Nicole Lipkin. Copyright © 2013 by Nicole Lipkin.

 

忙しくしている状態というもの、あなたを幸福にするかもしれない、しかしあるポイントからの過度の忙しさと言う状態は、あなたの対応する能力を超えていくものである。このあまりに忙しさによって、ビジネスであなたが勝てなくなってしまう理由であるからだ。

 

過度の忙しさは成果と生産性を損ない、あなたを忘れやすくさせて、疲れやすくさせて、貧弱な意思決定と問題解決の人間にとしてしまう。ある状態から圧力に屈してしまう人間にさせる。注意を払わなければ、最後の仕事量の下で屈ししまうことも感じなくなってしまうのである。

 

人間の頭脳は、ひとつのこと又は2つ以上のことに、同時に理解することはできない。し、仕事に集中できなくなってしまう。量を越した知覚は、頭脳は他を犠牲にしてひとつのことに集中させて、または気持ちを落ち着かせるために、意味のない仕事をするようにとあなたをさせるようになりがちである。

 

仕事量があまりに多くて耐えられない時、あなたはつまらないことに拘泥していき、大きなことが見えなくなるのである。

驚くことではないが、否定的な独り言というものは、私たちのストレス反応を促していくのである。なぜなら否定的に考えることは、現実をしばしばゆがめてしまうからである。

 

内なるドリルを使う外科医があなたを支配して、ベッドまで忍び込んでくる。枕に頭をうずめて泣き叫ぶことは、何も私たちに役立たない

 

ストレスからの否定的な独り言理解力のゆがみは、それらを変えようとする私たちの努力を無駄にしていく。それらは、心に刻み込まれた習慣となっていくので、心に取りついたものを破るには超人的な努力を必要とするようになる。

敵意のあるドリルを使う外科医を追い払うためには、わたしたちは次の実用的なステップをとることができる。

 

5、実用的ステップ

 

ステップ1;理解すること

 

どのような否定的な考えが頭に浮かんだのか?その時どのような感情を経験したのか?

否定的な独り言をいつから分析することを始めたのか?これらについて理解することが大切なのである。

 

ステップ2;否定的な考えを消しさること

 

否定的な考えを確認したら、それらを変えるために次の質問をする。

 

否定的な考えは何なのか?

何が変えられないのか?

どんな言葉が、私にとって新しい健康な考えなのか?

 

ストレスのマネジメントは、ストレスを消し去ることではない。むしろそれが意味するのは、毎日の生活で不可避に起こってくるストレスへのあなたの反応といかに対処するかを学ぶことである。

 

あなたの頭で何が進行しているかを考えることを選ぶのであり、あなたの身体の物理的な反応を観察して、ストレスに効果的に対処する最初の確実なステップを歩むことである。

 

6、よき戦いを進める

 

よき戦いを続ける健康的な環境を創るためには

他人の不幸を喜ぶとか嫉妬の感情をもたらす何かをする時、関心のある理由をオープンにするように。

 

心に留めておくことは、そのような否定的な感情は、人間性の一部であると言うことである。

それらを避けることはできないが、そのままにしておくと騒動をもたらすだけでなく、

感情の対象者とそれを経験する人に損害を与えるのである。無視しなければ、問題を引き起こすか人間関係を脅かすか心理的な傷が大きくなるのである。

以上がこの本の抜粋の翻案である。

 

7、わたしのまとめ、

 

あるポイントを超えての仕事量があまりに多いと、私たちはいつの間にか、つまらないことに拘泥していき、大きなことが見えなくなっていく

 

無意識してしまう否定的な独り言は、私たちのストレス反応を促しいくものであり否定的に考えると言う頭の状態は、現実をしばしばゆがめてしまうものなのであることを、理解することである。

 

否定的な独り言理解力のゆがみは、それらを変えようとする私たちの努力を無駄にしていく。ストレスがもたらすそれらは、心に刻み込まれた習慣となっていく。

余りの忙しさとストレスからの否定的な考えの感情を客観的に理解して、それに対処する新しい言葉を選ぶようにする。

 

人の不幸を喜ぶとか嫉妬の感情を理解して、それらをオープンにする。このような感情を放つ人の感情に、自分が共鳴しないようにする。ストレスを理解して、否定的な自分の言葉と感情を客観的に見て、それらに替わる新しい言葉を選んで、未来への選択をするのである。(つづく)

Leave a Reply