習得すべき能力と経営、3(663) 


     実用的に過激(習得すべき能力と経営、3

 

以下は、ビルテイラー著の「実用的に過激」からの一部の翻案である。

http://williamctaylor.com/practically-radical/

1、トヨタがバージニアメイソンに、いかに見るかを教えたか?

 

Practically Radical: Not-So-Crazy Ways to Transform Your Company, Shake Up Your Industry and Challenge Yourself by

http://www.amazon.com/Practically-Radical-Not-So-Crazy-Transform-Challenge/dp/B00CVDYGQS

ある分野で当たり前となっているやり方を、他の業界に移行させた事例が役に立つのである。多くの人が問題について訓練されていて、新しくて見知らない分野に焦点を当てるならば、複雑な問題に対処することは容易である。私もこの手法を多く使い、様々な業界に当てはめることを、コンサルティング手法の一つにしてきた。

 

この現象の一つの大胆な事例が、90年の歴史のあるシアトルのワッシュにあるバージニアメイソン医療センターである。この病院には、400人の医師と約5000人の従業員がいる。

 

彼らがアイデアの新しい源を探している時、カプランと同僚たちが出会い、魅惑されたのは、日本式の最も進んだ品質管理であるトヨタ生産システムであった。

それは、ジャストインタイムアッセンブリ技術「カンバン]、継続的改善「カイゼン」そしてその場で問題を直す現場従業員の「ジッコウ}の3つが混合したトヨタ生産システムであった。

 

カプランが信じるようになったのは、その病院の組織がこの方法論、すなわち問題を直し実行を進めるという方法論を借りると言う手法であった。

だから、彼と病院の幹部は、その理論と実行である日本式品質管理マネジメントを集中して学び始めた。

 

2、バージニアメイソン病院の成果

 

 

すべてのリーダーシップについてのこの病院のチームは、アイデアがいかに現場で機能しているか、を見るために、はじめて2002年7月に日本に行った。それ以来数百人のバージニアメイソン病院のスタッフ、医者、看護師、病院のスタッフが同じような研修旅行をカプランの率先のもとで日本に行った。

 

以下にトヨタの組織が機能して、品質を追跡して問題を解決するかの複雑さについて研修した。

カプランが説明するのは、工場のアッセンブリラインに医者たちが注目した。それは強烈な体験であった。深いこの日本式品質管理運動での研究は、バージニアメイソンの病院に移植されたのである。

 

多くの達成、必要のない在庫の数百億ドルを取り除き、85%の無駄な時間の除去、一日当たり60マイルの歩く距離を減らした。

この素早いい改善チームは、再設計して、看護師が彼らの時間の90%を患者のベッドのそばにいる時間としたのである。以前看護師は、その35%が、患者の傍にいる時間であった。

 

3、私たちが応用する手法

 

 

あまりに多く、歴史の古い会社は、長くいる専門家が、画期的なイノベーションの邪魔をする。どのように啓蒙するかは、まずあなたの所属する業界の最良企業から学ぶこと、そのベストが偉大でなければ、あなたの業界の外の革新する企業から、同業者を振り払い、ライバルを飛び越す方法を学ぼうとしないのか?である。

 

アイデアをさがすことは、ひとつの業界からほかの業界にその手法を移転することではない。もっと大切なのは、ある産業では何が可能であるかをあなたが再度イメージすることである。

 

本当のビジネスの天才はなんでも知っているようなそぶりをしない

最も強力なアイデアは、しばしば予期しない場所からやってくるのである。隠れた天才である顧客、供給者、そして求められればシェアする関係者達からである。

 

以上が要約であるが、ある産業では何が可能であるかを、自分自身で再度イメージすることである。この手法は、湯川秀樹さんと対談された市川亀久弥さんの等価変換理論として創造性の開発の方法となっていった。

 

同様に、ミカエル、J,ゲルブ著の「レオナルドダビンチはいかに考えるのか?」の

の一見関係がないように見えるものに共通性を発見することがい創造性の開発につながる。この2つの創造性の開発と業界の外の革新する企業に共通するもの発見することが、実用的だが急進の現実を自分のものにすることとも、つながるのである。

 

Leave a Reply