出光佐三、2(価値ある仕事と礼節)670


狐狸庵生徒、感想
[第3は、リスクを引き受ける人間を育てることのである。
なぜなら失敗は、起業家を育てる教育の現場であるからである。
何度も失敗をすることが、教育を受けていることと同じなのである。]
失敗を的確に分析して、失敗からどのようにして立ち直るかの能力も起業家には
求められています。
海外の有名ビジネススクールなどでは生徒に対して「失敗」を徹底的に疑似体験
させています。

1、日めくり「たのしみながら」に追加したい4つの言葉

 

毎日の小さな仕事を、入念に練りあがられた無数の小さなゴールを設定していき、仕事をしていくことにある。そして小さな成功体験を味わうような毎日にしていく。そして、達成した時一日が終わるころには、自分をほめてやるのである。

 

そして出光佐三の創業者の言葉の中の、

①  過去の苦しみを楽しめ、

②  精神的定款をわすれるな、事業は金儲けではない、

③  士魂商才、

④   科学技術の進歩の前に人間の尊厳がされていなければならない、

 

この4つの言葉 は、日本的経営の神髄であるとともに、日めくり「たのしみながら」に追加したい言葉であり、毎日読み返したい言葉である。

士魂商才からは、立派な経営者が生まれし、これからも立派な経営者が生まれる。

過去の苦しみを楽しめからは、過去の苦しみを忘れないで毎日を楽しむようにする。

 

科学技術の進歩の前に人間の尊厳がされていなければならないからは、礼節を重んじる人間になることと科学技術を応用するのである。

事業は金儲けではないからは、BSアクアの小島博社長が指摘されるように
「この企業の本質を見つめなおすことができるか否かが企業存続の分水嶺になる」のである。

 

2、エスタータイソンの成功体験を味わうための3

 

 

出光佐三の過去の苦しみを楽しめの言葉は、エスタータイソンの成功体験を味わうための3つのことと同じである

エスタータイソンによれば、新しい小さな成功体験を味わうために3つが必要であると言う。

 

その第1は、変化しようとする決意をする。変わり続けていこうとする決意が、未来の起業家を育てていく。変化していく決意をすることが、人も企業も、変えていくのである。

 

第2は、リスクを引き受ける人間を育てることである。もちろん失敗は、恐ろしい、この態度は日本人には、特に恐ろしいと思う人が多い。

 

第3は、リスクを引き受ける人間を育てることのである。なぜなら失敗は、起業家を育てる教育の現場であるからである。何度も失敗をすることが、教育を受けていることと同じなのである。

 

これが、本来の起業家を育てることであり、投資家やコンサルタントの仕事でもある。

そのためには失敗することを避けようとしない。失敗は、今までで出会った最も偉大な教師であるからだ。そしてこの偉大な教師で出会うことが、それが楽しいからするのである。

 

過去の苦しみを楽しめは、これらのように変化しようとする決意リスクを引き受ける人間を育てることとリスクを引き受ける人間を育てることの3つから成り立っている。

 

 

3、      ウクライナ問題と明治維新そして日本人にかえれ

 

ウクライナ政府はロシア系住民が多い東部ウクライナ地区にいかなる対応をするか、について国家の未来が問われている。ウクライナはロシアと欧米との対立の中にある。日本も、江戸時代から明治が生まれる時、欧米の列強の影響から、日本も国家分裂の危機の時があった。

 

国家分裂の危機を、日本は自らで問題解決をした。同様にウクライナは、欧米やロシアの影響を受けない問題解決が求められる。欧米やロシアの影響を受ける未来への解決策をウクライナが求めるならば、未来が見えてこないのである。

 

為替における円の有利性が、ユーロよりも見えてくるのである。歴史を学ぶことから、ウクライナの未来への選択や自国で問題解決できない朝鮮の未来などが、ウクライナ通貨が急落していていることから、為替の円の展望が見えてくるのである。

 

それは、外国勢力の影響下の国、ウクライナの国民が自分で解決できるかに未来がかかっている。ウクライナの問題を取り上げたのは、出光佐三の和の精神、互譲互助の精神でを国民が持つことである。

 

日本人は明治時代を作る時に、外国勢力の影響下で国が分裂することなく、この和の精神、互譲互助の精神で近代国家を作ったのである。

 

「「日本人にかえれ。」
これは、創業者出光 佐三のことばです。

日本人が古くから大切にしてきた和の精神・互譲互助の精神、自分たちの利益ばかりを追求するのではなく、世のため人のためにことを成す。
佐三の信念によって、出光はいまも、そうした日本人らしさを心に活動しています。」

 

以上

Leave a Reply