レジエンス(逆境力)、3(676)


10、セレンデピティのための才能を強くする

 

18世紀の作家で政治家であったウォルポールによれば、セレンデピティは

予期しない出来事、事故、不幸を幸運に変える知恵を使うことに由来する。セレンデピティが起こるためには3つが現れねばならない、と彼は言う。

最初には、あなたに予期しないこと、偶然が起こる。第2にあなたの知覚力、分別、知恵、聡明さが、あなたを第3の要素である、予期しない利益、贈り物、恩恵にあなたを導くのである。

11、セレンデピティは、人生を崩壊させてしまう出来事を幸運に変えること

 

 

セレンデピティはより進んだレジデンシ―のスキルである。多くの基本的なレジデンシ―のスキルを持った人は、しばしば人生を崩壊させるような経験を今までに起こった最良のことの一つに変えることができる人である。新しいエネルギーと予期しない機会に変えるのである。

わかることは、あなたの人生と仕事を、新しい方向に、この壊滅的な出来事なしには、進めることができなかった。この逆境が機会を違った方向に創造し、期待する以上のよき方向を作るのである。

逆境と何かを見る時、驚くべきことがあなたの頭脳に起こっている。逆境が発見させるのである。黙って押し入り、望まない出来事を機会に変える人は、それら機会を調べていく。

多くの人はセレンデピティを幸運や同時に起こることとして、混乱してしまう。

セレンデピティは、幸運な出来事ではない。劣化した家を買い、それを復元し始めた時に、屋根裏に隠された古い絵画を発見して、その絵画は家に支払う以上の価値があることを発見することが、幸運の事例である。

同時に起こることは、含まれている機会以上の何かを感じることである。量子物理学による研究は、多くの人は理解することは開かれていて、すべてのものは共鳴するつながりのエネルギーのつながれた海に沈んでいるのである。

 

12、ブレイクスルー

我々の誰もが常に変わりつつある環境に住んでいる。今進んでいる変化のプロセスに反対して、人生を困難にして生きることもできるし、それとも反対に、変化に適応してその流れにそって生きることもできる。

それは我々の選択であって、安心できない変化が我々の人生に押し寄せ、多くの種類のエネルギーが我々の周りで舞い上がり、嵐の中での葉のようにもてあそばれることから自由になる。

存在の古くて新しい方法

大いに複雑な、レジリエントで相互作用の個人は、いつも好奇心があって探索して、何かをする新しい方法を求め、学ぶ。彼らは、精神的な、そして穏やかな不均衡に自分を保つことにより精神的な、そして感情的な安定を維持する。

彼らは理解すること、吟味し、新しいインプットを処理することにオープンであって、大切でないことを無視し追いだしていく。新しいことを認め、処理することに慣れていく。

彼らはそれを歓迎することによって、予期しない変化に反応して、望ましい人生の変化に変えていく。

わたし達は、止まらない壊滅的な変化をいかに容易に、自然に扱うについて、を学ぶために生まれ、たえざる変化は必要で望ましい。わたし達は、好奇心でもってあらかじめ知らない新しい環境を調べるとき、もっともレジエントである。物事がうまく働くように導く方法と交流することが、自信となっていく。

(まとめ)

最初の文章の3つに戻り、これらが結論で、日めくり「楽しみながら」に追加していく言葉となる。

健康とエネルギー、そして肯定的な感情を最悪の時でもいかに維持していくようにする。

好奇心を解き放つ、活発な好奇心が、私たちを新しい発展に振り向けるからだ。

 

学ぶとは、変化をマスターする鍵である。変化と学習は、一生死ぬまで切り離すことができない。

• 自分自身の分析的な問題解決、創造的な問題解決、そして実用的な問題解決の3つの技法を使うようにしていく、そして改良していく。

•努力なしでは、セレンディピティは訪れぬ。出会いの感性を磨いていくことによって、幸運は訪れてくる。

 セレンデピティのための才能を自分自身によって、研ぎ澄ましていくようにする、なぜならセレンデピティはより進んだレジデンシ―のスキルであるからだ。ななわち、事故と不幸の体験を幸運な出来事と幸運に変える能力を高めていくようにする。

 

Leave a Reply