Archive for 3月, 2016

698-7生き生きと生きよ、面白く働くための音楽


 

「創造的なアイデアが出て成果が上がるときは、決まって面白く働いているときでした。こうして面白おかしくの社是の土台ができたのです。」堀場雅夫おもしろおかしくより。

そうなるためには、少しだけの工夫を毎日する習慣とする。このちょっとした工夫をする、この工夫には、技術による工夫と技術だけでない工夫を、毎日する。

私は、感情をコントロールするための音楽をいつも部屋に流している。それもできるだけよい音楽を流すための音響装置を持つようにする。その装置から流れる音楽は、私の感情をコントロールしてくれる。

698-6生き生きと生きよ 達成感と休息、桜


1月から3月までに達成したことを振り返る、そして休息をしばしする。そしてエネルギーを蓄える。もう少しすれば近くの桜が咲き始めるのも、もうすぐである。

何もかも新しくスタートするのが4月であるから、しばしその為の休息である。
そのあとは新しいスタートである。

698-5生き生きと生きよ 探求と畏敬


「思索する人間の最も美しい幸福は、探求しうるものを探求しつくし、探求しえないものを静かに敬うこと

この考える人間の美しい幸福という定義や限定が素晴らしい。自分で探求できるものを探して、それができないものは、静かに敬うということである。

自分でこれからできるものは何か?を自問しつつ、後は静かに敬う、という

この考える人間の美しい幸福という定義や限定が素晴らしい。自分で探求できるものを探して、それができないものは、静かに敬うということである。
この2つの生活態度をいつまでも持ちたいものである。