698-7生き生きと生きよ、面白く働くための音楽


 

「創造的なアイデアが出て成果が上がるときは、決まって面白く働いているときでした。こうして面白おかしくの社是の土台ができたのです。」堀場雅夫おもしろおかしくより。

そうなるためには、少しだけの工夫を毎日する習慣とする。このちょっとした工夫をする、この工夫には、技術による工夫と技術だけでない工夫を、毎日する。

私は、感情をコントロールするための音楽をいつも部屋に流している。それもできるだけよい音楽を流すための音響装置を持つようにする。その装置から流れる音楽は、私の感情をコントロールしてくれる。

Leave a Reply