Archive for 4月, 2016

熊本地震の募金活動


以下の元同じ職場の小西さんの転送を今週の文書とします。必要なことは、コンパション、みんなの力と行動です。
元 大阪経理所属の小西と申します。
私の現在の職場(NICCO)で も、募金活動開始しました!
今、現地で何が必要なのか、私たち にできる支援は何なのか、真剣に、 情報収集にあたっています。これか ら先の支援が一番大切です。
できる限りの協力をしたい。
そのうえでの、ご理解とご協力を頂 けたら嬉しいです。

クレジットカード(paypal) でのご寄付もできます!

http://kyoto-nicco.org/press160419

【熊本地震被災地支援金口座】
三井住友銀行
京都支店 普通口座  9054731
名義)コウエキシャダンホウジン  ニホンコクサイミンカンキョウリョ クカイ
熊本県、大分県で発生し た地震被災者への募金を開始 (4/19現在) | 公益社団法人 日本国際民間協力会NICCO
kyoto-nicco.org

698-10熊本地震


個人的には3月は、投資信託の切り替えでほぼ一か月かかった。それが終わったころ、即ち現在は、ほぼ桜の花はわずかに残っている。一方昨日4月14日の仏滅の昨日に、熊本地震が起こった。

それは、陰陽の法則を思い出させる。神戸地震を私に思い出させる。その自然法則は、どこでだれを襲うかもわからない。このホームページを始める契機となったのは、熊本出身の志垣さんとの出会いからだった。彼は無事だろうか?

698-9生き生きと生きよ  英語の語順


外国人と英語の文章をコミュニケーションをする目的は、何だろうか?面白い目的は、文化のお互いの交換である。それについて困るのは、日本の文化について英語で説明されるサイトが少ないことである。

もう一つは、英語の語順が自然に身につくからである。だから英作文を書くことを、一生にわたりお勧めします。

面白いのは、英語の文書の語順が自然に覚えていくことである。語順を意識することは、そうしないとならない。for example,we are conscious in the arrangement of words.

698-8生き生きと生きよ、桜が満開


家の近くの桜が満開で、今書いている4月1日(金)が最後で、土日までは、桜の花は持たないだろう。桜の花は、春の生命の象徴であるとともに、生命の儚さの象徴でもある。

その花を見ると満開から散ろうとしている。ベートーベンのバイオリンソナタの「春」を聞くと、それは、生命の輝やこうとする音楽である 。