Archive for 5月, 2016

699-6不正疑惑


699-5.舛添知事の不正疑惑


東京都の舛添知事が、公的費用と私的費用を混同していた。このようなことをすれば、信用を無くすのは明白である。このような人間に、仕事でも趣味でも出会ったことはない。
むしろ東京に、このような人間が存在することこそ、都会の闇の象徴であるのかもしれない。


699-2仕事とバロック音楽は優雅に典雅に

いつも録音しておいた音楽を聴きながらこの文章を書いている。それらの多くの音楽は、午前6時からのNHKのバロック音楽である。バロック音楽は、心を豊かにしてくれる音楽である。

以前はよくこのバロック音楽を聴いていたが、再び最近その音楽を聴いている。
優雅で、典雅な心に、バロック音楽を朝聞くと、なるのである。テレマンソナタト長調の音学が、今日の朝は、流れていた。

ところで、経営コンサルタントの仕事を見ていて、相手と自分の長所を生かさないない人がいる。相手の本質を知ること、その特徴を分析しない人は、その仕事が、好きでなかったのかも。

 

699-1価値ある仕事と礼節


前回は熊本地震とその寄付について書いた。不思議な力がそのようなときに,発揮するのかもしれない。空は、少し曇っていて、黄砂が中国から来ているのだろう。そのようなときに不思議な力を感じずにはおれない。

価値ある仕事とは、自分の人生観または仕事について、どのような貢献ができるのかの意識を持っているかから、生まれてくる。

自分でしかできない価値ある仕事を一生して、礼節を重んじる生活と優れた経営して、それに生きることが、繁栄に至る道である。