Archive for 7月, 2016

699-13山椒大夫


溝口健二監督の「山椒大夫」と名前の映画を見た。主演は香川京子さんで、印象に残る映画で、森鴎外の原作の小説の香川京子さん主演の映画化である。改めて、溝口監督は、原作を思い出させる。素晴らしい映画は、時代を超えて色あせない。このような古い映画は、逆に新鮮で監督の力量を問う。推薦します。

699-12大津さん


友人から、船井総研で一緒に仕事をした大津さんが、亡くなっている連絡を受けた。ご冥福をお祈りいたします。
なぜか、彼はすでに亡くなっている門田さんとも、共通することがあることを思い出す。

699-10愛を紡ぐ人


愛を紡ぐ人は、斉藤幸一さんと樋口可南子さんの人生の後半にすることをテーマとした,たぶん今年2016年の一番良い映画である。