699-46お知佳さん


夏が来れば、思い出すのは、40年前に北新地に飲みにいつも行っていたのは、あるバーにいたお知佳さんがいた。そこでは、彼女は、着物を着ていた。彼女には子供がいて、そこで働いていた。その時に、そこで彼女からもらった写真が、私の手元にある。そこでは、彼女は着物を着ていた。彼女はとてもハスキーな声だった。彼女は、多分そのバーのオーナーの親戚だったのかもしれない。子供もその手から離れて、彼女は、今は、どうしているのだろうか?彼女がそこになければ、北新地に何回も、飲みに行かなかった。
彼女は、今何を、しているのだろうか?北新地のバーには、静かに飲めるバーがあった。彼女は、今はどうしているのだろうか?何故か、お知佳さんがいたから、北新地に飲みに行った。彼女がいなければ、安い飲み屋のあったお初天神付近のおでん屋に飲みに行った。お知佳さんは、今、どうされているのだろうか?時々、彼女からもらった、着物姿と子供を抱えた写真を見ることが、ある。お知佳さんは、今どうされているのだろうか?彼女は多分阪急沿線に、住んでいたのだろうか?彼女のハスキーな声が懐かしい。いまは、どうされているのだろうか?彼女なしに、北新地を思い出せない。赤提灯の飲み屋など、サラリーマンの不満のはけ口だった。そういう飲み屋は、嫌いだった。彼女からもらった着物姿の写真と子供と一緒の写真を見ては、お知佳さんを思い出す。今は、お知佳さんは、どうされているのだろうか?

Leave a Reply