699-49長浜市東浅井の田舎


亡き父と長浜市東浅井の田舎によく車で行った。名神高速は、使わないで一号線と8号線で2時間くらいかけて、大抵そこで、一泊した。その家は、その後売却して、そのお金は弟に渡した。何故か知らないが、奥の部屋には、キリストの絵があった。父が死んでからは、その弟は一度もその墓に参ろうと彼はしない。
私の記憶には、その田舎の家の近くの山のもとの墓に参りに、良く出かけた。亡き父の魂は、その近くにさまよっているかもしれない。お墓は、その後大津に持ってきたが、父の魂は、長浜市東浅井の付近にさまよっているのかもしれないことを、お盆が近づくと思い出す。

Leave a Reply