Posts Tagged ‘ジェームスキャメロン、’

共鳴2(568)


5、生涯学び続ける

 

 

お金学のサイトを主宰されている友人の「老人学」を読んでそれについてにの私の考えは、

①   よりよく生きる、そして破産してはいけない;

よりよく生きるそして破産してはいけない。よりよく生きるとは、わたしの愛読書である手塚富雄著ゲーテに学ぶ「いきいきと生きよ」ということであり,生涯学び続けることである。ゲーテは、だから破産してはいけないことを教えてくれる。

②   身体機能の低下を防ぐ;

人間は筋肉を数カ月も使わなければ、それらは恐ろしく低下することを、あそうクリニックの中村さんや的場さんから、今教えてもらっていることは、先日述べた。筋肉は数カ月も使わなくなると、すさまじく硬化していく。そこから身体の劣化が始まる。筋肉などのトラブルについては、このような専門家に相談されることをお勧めします。

③   かけがいのないあなただけの人生;

かけがいのない自分だけしかできない達成や貢献をして、大きな生命の流れの中で永遠にいきる。沢登佳人先生の宇宙超出論がわたしのものとなっている。

④友がいればこそ、共鳴して、そして楽しむ

楽しいことは、共に学び続ける友を持っていることである。励ましあえる友がいれば、どうなってもいいていける。そして人が困難な時に励ますこと以上に大切なことはない。

 そのためにはこの文章のテーマである、人と共鳴することができるから、われわれは未来を創ることができる。

④   自己超出

今までの自分と異なる新しい自分になることが自己超出である。そのためには心の成長こそをいつまでもする人と、老人となっても、食うために働く人や、学ぶことを止めた人と、心の成長を求めるに二種類の人が社会には存在するのかもしれません。

だからバートランドラッセルの「幸福論」は、老人に近くなった人が書いた本であることが改めて今理解できる。そして誰にも、あなただけが共鳴するための大きなアイデアがあるはずである。

 

6、意味深い内容

大きなアイデアとは、あなたがコミュニケーションしたいと考えている中心となるメッセージである。それが、聴衆を新しい方向に駆り立てていく駆動力となる。

大きなアイデアが、テーマの表現または統一するひとつのメッセージである。

 

大きなアイデアは、3つの構成要素からなっていて、あなたの独特な見方を明らかにする課題である。この主題について、あなたの見方を伝えたいから、聴衆にそれを与えるべきである。第二にそれが、なぜ重要であるかを、彼らに伝えなければならない。あなたの見解になぜ聴衆は注意を払わなければならないかの理由を明らかにすべきである。

大きなアイデアとは、意味深い内容を作り上げようとするあなただけの仕事である。

 

3回か、4回目の検討の後で

でも、最初からもっとも明晰なアイデアが作ることができるということは、稀である。全ての可能性の検討にくたくたになるまで、しぶとくテーマに沿ったアイデアを作り上げて行くことである。通常に効果的な共鳴を呼び起こすアイデアは、アイデアづくりの三回目か4回目に、はじめて表れてくるものです。

アイデア創造のメンタルプロセス

様々な考え方を使うようにします。これは、われわれが想像するどのような方向に進むのかについてのアイデア創造のメンタルプロセスです。この混乱した状況のまだ内容についての構造がない状態にとどまっていて、新しいアイデアを集めて、すでにあるアイデアを掘り下げる段階です。

直感を掘り下げる;

この可能性の幅を広げることが、予期しない結果を生みだしていきます。あらゆる解決策を調べて、そのよしあしをいったん棚上げします。

すでに利用できるアイデアを集めて、でももっと重要なのは、すべての関係する情報としての資源から、直感を掘り下げるのです。広く、深く直感を使います。

話題を集める;

できるだけ同業者の可能な限りの情報を集めて。そうするとほかの人より違った立場に立つことができるようになる。主題に関するあらゆることを集めて、洞察力のために話題を集めていくことできるようになります。

6、アイデアの創造

 

本能の知恵にゆだねる;

しかし新しいアイデア を作り上げることは、すでに存在するアイデアを折り下げることとは違ったプロセスです。これは本能を使って考えて、直感を使うプロセスいます。

好奇心を持って、計算できるリスクを引き受けて、粘り強く、直感が導かれるようにします。

意味のある全体を作り上げる

今までなかった、ビックアイデアとつながるアイデアを生み出すために、創造力を引き出すようにします。あらゆるアイデアを紙に書き出します。ゴールは膨大なアイデアを作り出す段階です。それらをフィルターをとうして、合成して分類して、後で意味ある全体を作り上げます。

分析的な内容と直感的な内容のバランス;

事実とは、集める内容のひとつのタイプです。でも事実だけが、成功するプレゼンテーションで優位に立つための方法ではありません。分析的な内容と直感的な内容のバランスをとる必要があります。

五感を使う;

目立つ事実を強調するツールとして感情などの五感を使う方法です。

そうしなければ、聴衆を共鳴させるという仕事は難しくなります。淡々として事実を展開するのは科学的なレポートにとどまってしまい、説得的な話すための言葉での伝達内容として、うまく働きません。

.

クラスターリングと内容の構造;

内容をクラスターリングすることが、ビジュアルなアクセスとして、どれだけメッセージを伝えるかに役立ちます。このテクニックを使って確認するのは、内容を強調してこのメッセージと伝えるために時間を割り当て与えます。内容の構造が、聴衆が理解して共鳴するのに役立つのです。

文脈的な不足はないのか;

たいていのプレゼンテーションが失敗するのは、この文脈的な不足からです。

あらゆるものは固有の構造を持っています。葉でも、アイスクリームでも、なににおいても固有の分子構造があります。構造はあらゆる形と表現となります。

構造はパーツの合計よりも大切;

構造は聴衆があなたの思考についていくようにさせるものです。明確な構造なしに周囲を飛び跳ねて、ランダムなクラスターリングでは、聴衆にとっては不明確なアイデアとなってしまいます。確固とした構造がアイデアを論理的に流れさせて、どのようにポイントがつながるかを考えます。

構造はパーツの合計よりも大切なのです。

7、リハーサル

彼らがいつも覚えている何か大きなアイデアのために時間を割り当てなさい。聴衆がニュースのヘッドラインとして話しだす瞬間を考えます。それが何度も話されて、メッセージがウイルスのように広がるのです。

繰り返される言葉がニュースのヘッドラインになります。

一枚の映像は、1000語や多くの感情と同じ価値があります。圧倒的なイメージは、忘れられない感情とつながった情報となります。

繰り返すと届く;

感情を呼びおこす物語りを、作り上げなさい。物語は、いつも人々に思い出させます。大きなアイデアに、偉大な物語を付けなさい。この方法は、普通のプレゼンテーション以上に効果があるのです。

記憶される瞬間は繰り返される、繰り返されていくと、遠い距離にメッセージは届きます。

信号を増幅して、雑音を小さくする;

コミュニケーションは3つのパーツから成り立っている。送り手、送ること、受け取り手、そして雑音。メッセージはどの段階でもひずんでしまうもの。だからあなたの優先することは、雑音を高めるか、雑音を消していくかである。

注意深い計画とリハーサル;

メッセージがどのように受け取られるかは、信号とのノイズ比率です。この雑音を小さくするのがあなたの仕事である。雑音が多いとゆがめられた情報を受け取り手は受け取る。注意深い計画とリハーサルによって雑音は、取り除かられねばならない。

8、創造力が現実を創る

 

 

物語は、常に改善する余地がある。

物語は、何度も何度も洗練させていく。

成功する人々は、計画して繰り返して、準備をする。いかなる専門分野でも、この訓練と技能の習得が重要である。

この訓練を、コミュニケーションの技能にも応用して、あなたのアイデアを聴衆にも植え付けていき、あなたの専門的な仕事の道を改良していく。聴衆の興味は、プレゼンテーションの準備に比例していく。

 

アイデアは、そのままで、人の心に閉じこもっているならば、生きたものにはならない。他人によって共鳴されるとき、はじめて力を持ってくる。

プレゼンテーションがあなたの成功の触媒となる。そうしなければ、あなたは誰かの思考方法を使って生きているだけである。

プレゼンテーションの内容ができあがった後で、アイデアが現実のものとなっていく。

たいていのコミュニケーターは、どこに行くのか、どのようにそこに行くのか、を見ることができるよき洞察力を持った人である。他の人に未来を見るためが、コミュニケーターの仕事である。貴方のアイデが現実の行動になることを、他人に見させることである。

あなたは、あなたの世界を変換できる人である。人々とうまく共鳴込しないならば、あなたの価値を失い、人間性になにも加えることができない。

あなたのアイデアに対する情熱が、伝えようとすることに投資するようにあなたを駆り立てるはずである。ひとつのアイデアが、世界を変えることができる。創造力によって未来を創るチャンスを、あなたは持っている。

あなたの創造力が現実を作り上げる。ジェームスキャメロン